ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

あらすじ

 昔々あるところに、気の弱いじいさんと欲張りなばあさんが住んでおりました。ある日じいさんはで仕事をしていると、おじいさんのお弁当のおむすびを食べたを見つけました。そして、に連れて帰りました。じいさんはその雀をたいそう可愛がりましたが、ある日雀は洗濯糊(障子の張替え用のとする説も)の米粒を食べてしまいました。狭量なばあさんはこれに激怒し、の中にをねじ込んでをちょん切りました。雀は泣いて山に戻っていきました。帰ってきたじいさんはそれをとがめますが、ばあさんに一蹴されてしまいました。

 あくる日、雀のことが心配になったじいさんは山へと向かいます。そこでじいさんは雀を見た人に対し情報を募り、を洗うなどのアルバイトをしたり、馬や牛の洗い水を飲まされたりしてようやく場所を教えてもらいます。じいさんが指定された竹藪に向かうと、そこには雀たちが暮らす雀のお宿がありました。

 じいさんは舌切り雀(舌切られ雀じゃないの、などと突っ込まないように)と再会し、雀たちから御馳走をふるまわれてご満足。雀はじいさんにお土産と称し二つのつづらを渡され、どちらか好きな方を選ぶように言われました。じいさんは欲も体力も無かったので小さい方を選んで家に帰りました。

 家でじいさんがつづらを開けると、その中からは財宝がどっさり。これにはばあさんも驚きました。ばあさんはじいさんを問い詰めて雀のお宿に向かいました。

 ばあさんは雀のお宿で(ここのところはぼかされ気味なのですが)接待を受け、強引に大きいつづらを持って帰りました。藪の途中、疲れたばあさんはを下ろし、つづらを開けました。するとそこからはたくさんの妖怪が現れ、ばあさんに襲い掛かります。ばあさんはビックリ仰天し、這う這うの体で家まで逃げかえりました。

 家に辿り着いたばあさんはすっかり欲張りな今までの自分を改め、じいさんとともに仲よくくらしたとのことです。


教訓

  • 欲をかきすぎると、大きな失敗をしてしまう(因果応報)。昔ばなしでは、人は痛い目を見て懲りるという展開が複数ある。
  • 仕返しや懲罰のために時間をかけて動くのではなく、弱い立場のものに寄り添うほうが善である。

解説

  • 昔は今よりもお米が貴重な存在であり、お米でできたおむすびや糊を食べた雀に好意的ではなかった。しかし、おじいさんの反応は、おばあさんとは異なっていた。
  • 絵本でははばあさんに苛められる、雀の宿で華やかな姿で擬人化(鳥人化)される、という立場からの外見に描かれることが多いが、物語で性別は説明されていない。
  • 「決して(本作では、家に帰るまで)開けてはいけません」というタブーはこのほかにも黄泉平坂鶴の恩返し浦島太郎などで見受けられ、西洋でもオルフェウスの話などが有名。
  • おじいさんが大きいつづらを、おばあさんが小さいつづらを選択していたら、どうなっていたのかは、不明。家に帰る途中で開くと妖怪や虫で、家に帰ってから開くと金銀財宝に変わっていたのか、そこは読者の想像で。
  • この手の昔話故のお約束で現在伝わってる話はマイルドになっており、原典となる話ではお爺さんはスズメの舌を切られた時に垂れた血の跡を辿っていたり、その跡が途切れた時に馬洗いの人等に出会った際には馬の血牛の尿(ついでに糞まで混ざってる)を飲まされたり、お婆さんに出した料理のお盆や箸は便所の物だったりととにかく汚い表現が多い。更に雀自体が登場せず、雀の代わりに少年が登場し、その少年に主人公の男性が入れ込むという衝撃の内容になった話もある。
  • 最後の場面もお婆さんは妖怪に貪り食われるなど死亡する事が多かったが現在では改善されて上記のように改心するケースが多い。中にはお婆さんが妖怪に驚いて気絶して話が終わってしまうケースもある。
  • 最近ではマイルドにしすぎた結果スズメは下を切られずにただ追い出されるだけのケースもある。

関連項目

童話

のび太の創世日記 鬼灯の冷徹 大神 紅閻魔(Fate)



花咲か爺さん/おむすびころりん/正直な木こり:欲張り爺さん系寓話


五十鈴大智/仮面ライダーナッジスパロウ:『仮面ライダーギーツ』の登場人物であり、劇中で主人公の浮世英寿がこの昔話について語っていた。なお、大智の末路は欲張った婆さんとほぼ同じだった。

関連記事

親記事

昔話 むかしばなし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 747755

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました