ピクシブ百科事典

宮本武蔵(水着)

じぇっとすきーであらぶるだいけんごう

『Fate/Grand Order』2019年水着イベントに登場するバーサーカーの宮本武蔵。
目次[非表示]

冷やし剣豪はじめました!

プロフィール

クラスバーサーカー
真名新免武蔵守藤原玄信(宮本武蔵)
性別女性
身長167cm
体重46.5kg
出典史実(1584年?~1645年)・・・?
地域日本・異邦
属性混沌・善・人
ILLUSTこやまひろかず
設定担当
CV佐倉綾音

「え、サーヴァントなのに体重が減っている?
 あはは、やだなあ! 水着を着るのにちょっと体を作ったっていうかぁ……」

概要

Fate/GrandOrder』水着イベント2019「見参!ラスベガス御前試合〜水着剣豪七色勝負!」に登場する水着仕様の宮本武蔵。クラスはバーサーカーでレアリティは☆5。2020年11月19日、Fate/GrandOrderArcadeにも実装された。

セイバー版では二刀流の剣豪……なのだが、こちらは競泳水着スタイルにスポーツチャンバラ風の刀で二刀流になっている。
第二再臨は星条旗ビキニどこかで見たことがあるという姿で登場。
恐らくアメリカンスタイルと二刀流を混ぜたものだと思われる。

水着武蔵ちゃん
水着武蔵


そして第三再臨ではネロBBをも凌駕する露出を披露。そして得物が二刀から、順逆破損刀・武蔵拵という大剣に変化。これは、彼女が汎人類史の武蔵が用いた「櫂の木刀」をモチーフに製作したものの、完成直後に破損した剣を「それならそれで使い道はある」として、破損した刀身を大小の刀として用いたもの。つまり、大剣と書いたが、二刀にも一刀にもなる剣、という表現の方が正しい事になる。また、得物の変化に伴い第三再臨でモーション・台詞が大きく変化する(台詞自体は第一・第二でも変化が見られる)。

なお、通常の武蔵がかなりやりたい放題な人物だったためバーサーカーになっても美少年美少女への欲望を更に拗らせた程度の変化となっている(特に戦闘終了ボイス(下記)に顕著。なお「美少年・美少女が好き」であること自体はセイバー版の時点で明らかにされていた)。
因みにセイバー時はマイルームでショタコンを暴露しかけて隠そうとしたり美少女姿の鬼に興味を示す描写があるが、バーサーカーになった結果ショタコン、ロリコン全開である。また、ターミナル画面でもタップで専用ボイスと表情変化を楽しめるアーケードでは、下記台詞と同等以上の拗らせっぷりを披露する。

「褐色の日差し、零れる肌の雫、可愛い男の子!んー!夏サイコー!」
「照り返す太陽、弾ける水飛沫、可愛い女の子!んー!水着だーいすき!」

大好物のうどんに関してはスキル使用時に戦闘中に食べる
なお、第三スキルを使用した場合はうどんを食べたらHPが激減(5000)するというシュールな絵柄になる。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香A+BBCDD


クラススキル

狂化(EX)夏のせいか、たいへんおかしな事になっている。
対魔力(C)あらゆる魔を斬り払う快刀乱麻もバーサーカーになった事でランクダウン。
騎乗(D)ジェットスキーで巌流島に乗り付ける。そんな武蔵がいてもいいと思う武蔵であった。
神性(D)「武蔵ちゃん、もしかして仏様のごはん、食べてる?」「えへへー(バカ100%の照れ笑い)」


保有スキル

アクセルターン(B)水着イシュタルのスキルを眼コピしたもの。パクられたイシュタルはただ一言、「天才め……ッ!」と苦々しく吐き捨てたという。
第五盛(B)第五勢のようでいて、第五勢ではないスキル。よく見ると「いきおい」が「さかり」になっている。二刀でありながら一刀にもチェンジする自在剣。
天魔轟眼(EX)『天眼』が暴走したもの。自身の霊基を崩壊寸前まで暴走させ、爆発的な攻撃力を得る。そのおり、極限まで研ぎ澄まされた『天眼』は敵のあらゆる防御行動を見抜き。粉砕する。視界に入るものすべての防御行動を見抜く為、個人ばかりか敵陣営すべてに影響する。


宝具

魔剣破り、承る!(がんりゅうじま)


  • ランク:EX
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:100
  • 最大捕捉:1人
冷やし剣豪はじめましたぁー!!ヒュー!いえーい!
これぞ水懸りの陣!伊舎那水天象!

武蔵がその長い剣者生涯の中で一度のみ使用したと言われる奇想剣法。
見た者は生きてはいない為、それがどのようなものなのか知る者は武蔵のみ。
魔道、邪法、天魔に堕ちた剣士を完膚無きまでに侮辱し、罵倒し、叩き潰す特殊霊基。
またの名を、対剣士・対剣豪大結界。

その開発経緯は小次郎に対する特殊会話で明らかにされている。
「あ、こいつ正攻法じゃ勝てないわ。面倒だし島の中心に誘い込んで島ごと爆破してたーおそ!」
当人も色々と反省しているようで、この剣法を黒歴史であると断言している。

この宝具の存在自体はセイバー版のマテリアルで明かされていたが、水着バージョンではその記述からかけ離れた状態でかましている。
おそらく巌流島に小舟で向かった逸話が由来と考えられるが、水着姿でジェットスキーに乗ってやりたい放題するというとんでもなビジュアルである。

なお、第三再臨時は、上記のモーション変化に伴って、宝具演出も変化。武蔵拵を分断して二刀流にした後、地水火風空、五つの豪快な剣風によって打ち上げられた大量の海水が瀑布となり敵を囲み、その瀑布ごと敵を切断する天衝剣をたたき込む、というビジュアルになる。

ゲーム中での性能

最大ATK12712
最大HP12150
カード配分Q1・A2・B2
スキル1アクセルターン(B):自身に回避状態を付与(1回)&クリティカル威力をアップ[Lv.○](1ターン)
スキル2第五盛(B):自身にArtsの通常攻撃のヒット数が2倍になる状態を付与〈ヒットあたりの威力は大きく落ちるがスキルレベルに応じて威力が上昇〉[Lv.○](1ターン)&NP獲得量をアップ[Lv.○](3ターン)
スキル3天魔轟眼(EX):自身に無敵貫通状態を付与(3ターン)&攻撃力をアップ[Lv.○](3ターン)&ガッツ状態を付与(1回・3ターン)&HPを5000減らす【デメリット】+敵全体の防御力をダウン[Lv.○](3ターン)
宝具魔剣破り、承る!(Arts):敵全体に強力な攻撃[Lv.○]&クリティカル発生率を大ダウン(3ターン)&〔セイバー〕クラスの相手に対し高確率で宝具封印状態を付与(1ターン)〈オーバーチャージで確率アップ〉


バーサーカー初となるArts全体宝具アタッカー
【HP < ATK】という攻撃偏重型で、カード性能はどの属性も高く、《Quick:1/Arts:2/Buster:2》とセイバーのときのバーサーカー配分と真逆のセイバー型に変化した。

短いスパンで回転する単発回避、元スキルをArts限定に絞ったヒット数倍加スキル、5,000HPという博打級のリスクを背負って自身の攻撃性を爆発させる自己バフ&全体防御デバフと、スキルは相変わらず個性的なラインナップをしている。

宝具は多段ヒットする上に、後続にArts2枚を繋ぐArts&Braveチェインを狙うことが可能。
そしてこれを利用した爆発的なNP回収力こそ水着武蔵の奥義と言える。
特にスターを大量獲得している状態なら、第2スキルと併用して宝具の連続使用も可能。当初はスキル効果の問題などもあり、諸葛孔明スカサハ=スカディなど、NPを即50%チャージ可能なサポーターがいれば3連発も視野に入るくらいの周回適性であったが、そうでなくとも、敵の攻撃のヒット数や味方のサポート次第で断続的な宝具の使用も不可能ではない。

一方、全方位相克の相性とATK偏重のステータス、第3スキルの強烈なデメリットのおかげで、彼女一人だと耐久戦との相性がかなり悪い
一応、ヒーラーとタンクがいれば5,000HPを補填する術はあるが、自前の防衛手段は1回ポッキリの回避と申し訳程度のガッツ(戦闘不能から一度だけ即復帰)のみで、クリティカル攻撃を連発されるとあっという間に敗北を喫してしまう。
そのため、いざとなれば鉄砲玉扱いする覚悟を求められる、戦術難易度がやや高いサーヴァントでもある。

その他、Artsサポーターの鉄板である玉藻の前とは全面的に相性が良く、HP回復・Arts性能アップ・宝具威力アップ・スキルチャージ短縮・NP増加と、水着武蔵に欲しいものをひとしきり揃えている。
実装前後の新規サーヴァントだと、アスクレピオスはHP回復・ガッツ付与・弱体解除・弱体無効・NP効率の向上を一人でこなせるので、水着武蔵にとっては大変有り難いサポーターで、彼を育成しておけば編成コストの節約にもなる。

もう一つの課題として、NP効率が第2スキルの育成状態と直結している点で、Lv10を目指そうとすると「英雄の証」が1スキル:44個と多量に必要で、最後の追い込みには「九十九鏡」(1.5部3章)と「巨人の指輪」(2部2章)まで要求するため、素材収集の難易度が高い。

全てが噛み合えば天下無双の大剣豪、崩されると手足も出せずに敗走を余儀なくされるという、優秀だがピーキーな性能をしている。
いかに彼女のために試合舞台を整えられるかが、マスターの腕の見せ所となるだろう。

そして2020年8月10日、試合舞台は突然整う事になる。

アルトリア・キャスターの登場により3連打が非常に容易になったどころか4連打(更に諸々の条件が整えば5連打!)すら視野に入るようになっただけでなく、無敵付与・対粛正防御・弱体解除と、豊富な防御手段を持つ上、攻撃力アップとArtsアップという、乗算されるバフを二種類持つ為、宝具威力がまさに必殺級になった。

なによりも、バーサ-カーというクラスゆえ、ほぼ全ての相手に超高威力の攻撃をたたき込めるうえ、Artsアップと同時に付与される「人類の脅威特攻」が、唯一苦手とするフォーリナーでも、ボイジャー(フォーリナー)及び謎のヒロインXXを除く全てのサーヴァントに入るため、それなりのダメージが期待できる。

また、細かい話ではあるが、基本的にスキルを切るタイミングが1Wave目に集中しているため、片手間の周回がしやすい事も強みの一つか。

アルトリア・キャスター実装を踏まえた上での弱点としては、あくまで強力なサポーターが現れただけで前述の単騎性能が改善されたわけではないことと、NPチャージスキルを持たないため、最近のイベントで毎回登場する変則編成のフリークエストは、(イベント礼装の効果と具体的な編成によるが)彼女のみではカバーしきれないケースがあることである。

とは言え前者に関しては、アルトリア・キャスターのバフによる宝具連発能力の向上と、元々金時と全く同じという、全サーヴァント中4位の高ステータスゆえ、通常攻撃でも高いダメージを出せること、同じくアルトリア・キャスターの対粛正防御、無敵と自身の回避が干渉せず個別に判定が残るため、天魔轟眼のデメリットを含めても、アルトリア・キャスターのスキルが再使用可能になるくらいまでは耐久出来るレベルである。というか、運用セオリーも相俟って彼女が窮地に陥る前に既に敵が全滅している事も多い。

後者に関しては、NP獲得礼装の装備、オーダーチェンジやサブアタッカーの起用で解決出来るが、そもそも変則編成に対する最適解がシステムでない事も増えてきた結果、変則編成への対応能力はArtsシステムアタッカーに求められる要素としては比重が軽くなりつつあるため、(特に手持ちが揃っているマスターからすれば)気になる点ではないかもしれない。

以上の事から、周回は言わずもがな、攻略や高難易度でも大活躍する、現環境最強クラスのシステムアタッカーへと大躍進した。彼女を引き当てたマスターにとっては非常に心強い存在になるだろう。

関連イラスト

第一段階

センシティブな作品センシティブな作品


第二段階

センシティブな作品
水着武蔵ちゃん


第三段階

センシティブな作品
夏の夢


天魔武蔵

センシティブな作品センシティブな作品



余談

クラス予想

FGOフェス2019DAY1にて宝具動画が先行公開されたことで「ジェットスキーに乗るからライダーか」と予想され、多くのユーザーが叡智の猛火(騎)を大量に集めるようになるなど前年の聖女のときと同じようなことが起こった。
結果的に「騎乗スキルを持ったバーサーカー」と発表されたが、他にも新規のライダーが実装されること、DAY2に4周年記念のライダーが実装されたこと、発表からイベントの開始まで間があり種火集めの調整が十分可能だったことなどからユーザーの精神的ショックは少なかった模様。

いざ尋常に掎角一陣

御存知の通りだが武蔵はとある超高難易度シナリオでは「陳宮宝具の生贄にするのが最適解」とも言われている。
そして、バーサーカーとなったために陳宮との相性が更に良くなっている(武蔵自身も陳宮のスキルで恩恵を受けるようになっている)。
もしかしたら、公式は狙っていたのかもしれない…。

得物について

剣豪バット」の空耳で有名な彼女だが、今回の水着サーヴァント実装により、本当にバットとして使用できる道具を持ってきた。

関連項目

Fate/GrandOrder 見参!ラスベガス御前試合〜水着剣豪七色勝負!
バーサーカー(Fate) 宮本武蔵(Fate)
ジェットスキー 競泳水着 星条旗ビキニ エロビキニ ガンブレード ショタコン ロリコン 両刀使い

※ネタバレ注意※

関連記事

親記事

宮本武蔵(Fate) ふぇいとのみやもとむさし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「宮本武蔵(水着)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27978858

コメント