ピクシブ百科事典

キメラテック・オーバー・ドラゴン

きめらてっくおーばーどらごん

遊戯王OCGに存在する融合モンスター。
目次[非表示]

概要

POWER OF THE DUELISTで初登場した闇属性機械族融合モンスター
名前は「ドラゴン」だが、無数の首を持つ外観は八岐大蛇ヒュドラを思わせる。
ちなみに、アニメでは融合素材にしたモンスターの数だけ首を生やしているが、イラストでは初登場時に合わせてか6本の首を持っている。

融合素材にしたモンスターの数×800ポイントの攻撃力になり、融合素材モンスターの数だけモンスターを攻撃する事ができる効果を持つ。

攻撃名は「エヴォリューション・レザルト・バースト」。

アニメでの活躍

遊戯王GXにおいてカイザーこと丸藤亮が「vsマッドドッグ犬飼」戦で使用。
アニメオリジナルのウイルスカード「酸のラスト・マシン・ウイルス」によって機械族デッキの亮のモンスターは次々に破壊され、逆転を賭けて召喚したサイバー・エンド・ドラゴンも除去された挙句、相手のライフは15000にまで回復されてしまった。

だが、そんな絶体絶命の窮地の中・・・
亮「嫌だ・・・」
犬飼「嫌だ?何を言って・・・」
亮「嫌だ・・・俺は・・・」
ヘルカイザー亮「負けたくないいいいいいいいいいいい!!!!!

と、「ヘルカイザー亮」となった彼が「オーバーロード・フュージョン」を使用して融合召喚。
6体の機械族モンスターを生贄に(何故か彼はこう呼んでいた)攻撃力4800で融合召喚した。
その後、相手が攻撃表示で特殊召喚したトークンを攻撃し、15000ものライフを1ターンで0にした。
この時に発したセリフ「エヴォリューション・レザルト・バースト!グォレンダァ!(五連打)」は現在でも語り継がれるネタとなっている。

また、この回のちょうどこのカードが融合召喚されたタイミングで茨城県南部でマグニチュード4.8の地震が発生した。
そして劇中のこのカードの攻撃力は4800・・・偶然って怖い。

その後、ヨハン戦で再登場。
天使の施しで捨てたモンスターを「オーバーロード・フュージョン」で融合素材にして融合召喚した。

効果テキスト

融合・効果モンスター
星9/闇属性/機械族/攻 ?/守 ?
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードが融合召喚に成功した時、このカード以外の自分フィールド上に存在するカードを全て墓地へ送る。
このカードの元々の攻撃力・守備力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×800ポイントになる。
このカードは融合素材としたモンスターの数だけ相手モンスターを攻撃する事ができる。

OCGでは

サイバー・ドラゴンとそれ以外の機械族モンスターが1体でもいれば融合召喚可能だが、やはりこのカードを活躍させたいのなら多数の機械族を融合し、莫大な攻撃力で1ターンキルを決めるべきだろう。
機械族モンスターを5体融合するだけでも攻撃力4000、10体を融合すれば8000もの攻撃力を得る。
そこに機械族最強のサポートカードであるリミッター解除を絡めれば万単位の攻撃力となり、まさに「桁違い」なモンスターが誕生する。

登場直後は同弾で収録された未来融合-フューチャー・フュージョンでデッキの機械族を多数墓地に送り、「オーバーロード・フュージョン」でこのカードを融合召喚して攻撃する1ターンキルデッキ【未来オーバー】が横行していた。
しかし、現在は未来融合-フューチャー・フュージョン禁止カードとなっているため、このデッキは構築不可能となっている。

また、「エフェクト・ヴェーラー」や「禁じられた聖杯」の登場で手軽に効果を無効にされるようになっため、せっかく召喚してもあっけなく攻撃力0にされる危険もある。
融合召喚時に自分フィールドのカードを全て墓地に送るデメリットがあるせいで、これらに対する対策が難しいため、召喚タイミングを上手く見計らいたいところ。

また、モンスター限定の連続攻撃効果もあるため、マシュマロンのような戦闘で破壊されないモンスターを送りつけたり、「ハーフ・シャット」や「ハーフ・アンブレイク」で相手モンスターにわざと耐性を持たせてサンドバッグにしてしまうのも手だろう。

余談

タッグフォース2及び3では召喚・攻撃時にムービーが入る。
さらにヘルカイザー亮が使用する際には、相手のモンスター数に合わせて、2~5連打のボイスが入る。

関連タグ

遊戯王OCG 遊戯王GX
丸藤亮 ヘルカイザー グォレンダァ!

pixivに投稿された作品 pixivで「キメラテック・オーバー・ドラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14593

コメント