ピクシブ百科事典

茨木童子(水着)

もっとあそびたいいばらきどうじ

『Fate/Grand Order』の2018年水着イベントに登場する茨木童子。
目次[非表示]

プロフィール

真名茨木童子
クラスランサー
性別女性
身長147cm
体重50kg
出典御伽草子など
地域日本
時代10〜12世紀(平安時代)
属性混沌・悪
ILLUST
CV東山奈央


概要

2018年の水着イベント「サーヴァント・サマー・フェスティバル!」にて、ランサーにクラスチェンジした茨木童子
持っている槍からは「吾はもっと遊びたい」という字が書かれたのぼりが垂れ下がっており、彼女のやりたいことがあからさまにバレバレとなっている。
また、南国の陽気に浮かれているせいか、霊基再臨が進むごとに祭りっぽさが上がっていく。
なお、夏が終わってもお祭り気分から脱することができず、ハロウィンイベントにもこの姿で出演している。

人物

比較的いつも通りの茨木童子に見える。
本人的にもそれほど変わったつもりはない模様。
端から見れば「多少機嫌がよくなっている」かどうか程度のものであり、それを指摘しようものならまず間違いなく噛み付かれるのだろうが、これが不思議と酒呑童子にかかれば
「ずいぶんうきうきして、もじもじして、 まあ、童みたいで可愛らしいなぁ。そないに海好きやったん?」
となり、茨木も噛み付かない。

洋菓子好きは相変わらずだが、バーベキューもご満悦である。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香B+AD+DBB


スキル

スキル名備考
鬼種の魔(水)(A)鬼の異能、魔性を現すスキルが変質したもの。魔力放出の性質も『水』となっている。それはもう河童なのでは? 茨木は訝しんだ。霊基が変わったせいだろうか?いや待て。そういえば夏の少し前、酒呑童子に骨か何かをゴキリメキメキと弄くられたような気がしないでもなく、あれ以降なんだか体の調子が変わったような気が……なんであれ、酒呑のくれたモノであれば悪くはなかろう!とにっこり笑って思う茨木である。よかったね。
吾はまだ帰らぬ!(B++)仕切り直しスキルがまさかの進化を遂げてしまったスキル。夕暮れになってしまったけれど、まだ宿には戻りたくないし、もっと浜辺で遊んでいたい。暗くなっても遊びたい。でも、皆が帰るなら帰るより他にない。ひとりで遊ぶのはあまり楽しくない……。そんなやるせない茨木の気持ちが顕れている。
サマータイムトラブルガール(A)詳細不明。
狂化(D)筋力と耐久力のパラメーターをランクアップさせるが、理性を奪われる。霊基が変わっても残ってしまったバーサーカー時のクラス別スキルだが、鬼としての種族特性とも合わさったモノであるため、例外的に制御が可能。制御中は理性が存在し、落ち着いて会話もできる。
対魔力(C)魔力に対する耐性。


宝具

愚神礼讃・一条戻橋(エンコミウム・モリエ)

  • ランク:B++
  • 種別:対結界宝具/対軍宝具
  • レンジ:1〜40
  • 最大捕捉:100人


五本に分裂した炎の槍が一つの拳として集結し、対象の防御効果や結界の類をぶち抜いて渾身のアッパーを放つ、ランサー茨木童子の全力攻撃。殴り飛ばされた相手は京の夜空を彩る花火と化す
羅生門での出来事……ではなく、一条戻橋での出来事を思い出しながら怒り心頭になることで血脈を励起させ、対象の魔術的防御をたちまち砕く。
生前はこの力によって憎きの物忌を破り、切り落とされた自身の腕を取り戻したという。

宝具名称は、和風読みであれば「ぐしんらいさん・いちじょうもどりばし」。
『愚神礼讃』とはルネサンス時代において、オランダの文人エラスムスが記した著作であり、『エンコミウム・モリエ』はラテン語の原題である。
内容は、痴愚=愚かしさを司る女神が、この世にどれほど痴愚が満ちあふれているかを延々と並べ立て、それらが自分の力の成果だと自画自賛する、というもの。
当時の教会権力の腐敗に対する風刺文として名高いが、肝心の茨木童子の出自や逸話とは欠片も関係ない。
ではこの名称がどこから来たのかというと、ルルハワで絶賛、邪気眼を開眼させている黒い水着聖女が考案したのを気に入った為。

酒呑童子からは『大江山・大花火』という呼称も頂戴しているのだが、本来の宝具名は『物忌破り・一条戻橋』 。
ちゃんとした宝具名が別にあるにも関わらず、ノリと勢いで叫んだ言葉で真名解放できている辺り、ゴールデン理不尽に通じるものがある。

ゲームでの性能としては
単体防御力無視Buster攻撃&スター大量獲得&自身のスター発生率ダウン(3T)
自己強化で高い火力を出せるが、特筆すべきはそのスター獲得量。
OC1の段階で30個も増える。チャージが増えるごとに5個づつ増えていき、OC5にまですると50個と全カードクリティカルが確定する。
しかしデメリットのスター発生ダウンの効果も高く、目に見えて獲得量が減少する。
ところが自身のカード性能が高い事や、自己スキルで解除が可能であるためあまり気にならない。
それどころかそれらデメリットを上回る回転率でスターをばら撒いていく。
とはいえ、ずっと彼女のカードを選ぶ事が出来るわけではないため、いざという時のために解除できる手段を用意しておくと良いかも知れない。

ゲームでの性能

ステータスはバランス寄りでカード構成も大体のランサーと同じBBQQA。
カード性能がぶっ飛んでおり、☆4でありながら☆5の水着玉藻に近い性能を持つ
HIT数はAは2HIT、BとQは4HIT、EXは5HITする。
そのため、Qは勿論だがBでもNP回収が可能、しかも別にA性能が悪いわけではないためカード性能に関しては完璧と言っていいレベルである。

スキルはそれぞれ自己強化がメイン。

『鬼種の魔(水):B』
味方全体の攻撃力アップ(3T)&自身の宝具威力アップ(3T)&自身のNP獲得量アップ(3T)
本家の効果はそのままにNP効率アップが追加されている。
ただでさえ高いカード性能が更に強化されるため宝具開放までの道のりが全く苦にならない。
スキルLvが低い状態でも(ブレイブチェインで)A始動かつクリティカルが乗れば70~100までは一瞬でチャージできる。
高くすればクリティカル無しでも開放まで一瞬で持っていける。

『吾はまだ帰らぬ!:B++』
自身の弱体解除&自身の最大HPをアップする状態付与(3T)
仕切り直しの互換スキル。HPを回復するのではなく、最大HPを増加させる。
最大HPが増加すれば現在HPも同時に増加するため、一種の回復スキルとして使える。
またHPが減って居なくても腐ることが無く、タイミングを選ばなくなった。
ただし、「HPを回復する」訳ではないので、「HP回復量増加」の恩恵は受けることが出来ない。
決して駄々をこねてるわけではない。

『サマータイムトラブルガール:A』
自身のスター集中率アップ(1T)&クリティカル威力アップ(1T)&自身に確率で「弱体耐性アップ」か「弱体耐性ダウン」を付与(1T)
クリティカル用スキルであり、CTが4と短く取り回しやすい。
その短さ故に倍率はそこまで高いものではなく、更にデメリットが付与される可能性を持つ。
効果時間は1Tのみではあるが、耐性ダウン中に魅了・スタン等の行動不能系を貰うのだけは避けたい。

育成の優先度としては「鬼種の魔>サマータイム>吾はまだ帰らぬ」の順が良いだろうか。
自身のカード性能の高さと、宝具により一瞬でスターを稼げるため、火力スキルを優先するのが安定するだろう。
ただしスキル育成の難易度は高めで、育成には大量の骨と火薬を必要とする。
これらは他にも様々なサーヴァントが大量に使用する素材筆頭と言える物である為、ご利用は計画的に・・・。

総じて高いカード性能による回転率と、高いスター獲得力とクリティカルスキルによる爆発力が魅力的なサーヴァントとなる。
しかし耐久に寄るスキルが「吾はまだ帰らぬ」のHP増加のみであり、防御アップの「変化」を置いてきてしまった事もあり、耐久力自体はバーサーカー時より(クラス相性の変化があるとはいえ)1段階ほど落ちている。


関連人物

BBペレ
水着がないことに苛立ちながらルルハワを放浪していた茨木の霊基をいじり水着を与えた人物。彼女にのせられるまま好き放題暴れまわるが、最終的に食べ物で釣られ主人公のもとに戻る。

ジャンヌ・オルタ(水着)
宝具の命名者。

緑の人
もはや切っても切り離せなくなりつつあるイベントでの宥め役。暴れている間は「肉なんぞ!」と言いつつ甘味ばかりで食傷気味だった茨木を、生前縁のなかった丁寧に下拵えした焼肉の旨さで懐柔した。

みずぎよひー
激戦区である単体Buster宝具の和製水着ランサー枠、それも燃焼系角っ娘バーサーカーからの転向という深刻なキャラ被りに物申してきた相手。茨木も負けじと『吾の宝具の方がネアカ』と言い返して一触即発の事態に。宝具にまで昇華した生前の恨み節という点では両者どっこいなのだが。結局茨木は夜空の花火、きよひーは地上の焼肉に住み分けがなされた。

護法少女
ONILANDにて共演。

関連イラスト

水着茨木ちゃん
水着茨木


茨木ちゃん
水着茨木



関連タグ

Fate/GrandOrder
ランサー
茨木童子(Fate)

pixivに投稿された作品 pixivで「茨木童子(水着)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 334254

コメント