ピクシブ百科事典

魔神セイバー

ふぇいとをおわらせるものもしくはよくしのしゅごしゃ

『コハエースXP』で開催された型月一武道会に乱入してきた謎のセイバー。あるいは『コハエースGO帝都聖杯奇譚』クライマックスで登場した抑止の守護者。
目次[非表示]

我は『運命を終わらせる者』
『--我は抑止力
FGOに!出たいから!』

プロフィール

誕生日コンプの発売日
血液型謎タイプカプさば
身長雰囲気
体重ほどほど
イメージカラー煉獄
特技Fate殺し
好きなものおでん
苦手なもの10連ガチャでレアしか出ないパターン
天敵君と僕のFateはこれからも永遠だよね!っていう気持ち。
真実プロフィールは沖田総司と同一。


概要

コハエースおよびFate/GrandOrderに登場する存在。
『Fateを終わらせる者』にして『抑止の守護者』。別名『魔神・沖田総司オルタナティブ』。
ぶっちゃけノリで作られた存在なので設定が即効でよく変わる。
是非もないよネ!

コハエースは唐突に桜セイバー魔人アーチャーが融★合して誕生した褐色肌セイバー
ただし、ノッブの要素は手が燃えてる、長髪程度しか無いため超薄い。
そもそも初登場回の欄外に「ぶっちゃけ沖田オルタ」と存在が示唆され、武内崇は描いているうちに「描いてるうちにノッブとかどうでもよくなった感。もうこれ沖田オルタでいいよね?」とか言っていた。

TYPE-MOON最強キャラを競う型月一武道会に突如として現れ、『Fateを終わらせる者』として関連キャラを次々に撃破していった。

しかし、我が王を守ろうとするガウェインモーさんバーサーカーベディヴィエールといった円卓組の総攻撃を受ける。
オワコンに出来るのは余だけよ!』とツンデレを発揮した赤セイバーなど多くの『Fate』キャラ枠。

及び『FGOとか出たいし』『助けとけばワンチャンあるかも』といった打算等の理由から加勢したアルクェイド・ブリュンスタッドや蒼崎青子、ビッグ7といった『Fate』以外のキャラからも総攻撃を受け、最後はセイバーの「エターナルFateカリバー」の前に敗れ去った。

人物

世のファンの『もうFateとかいいんじゃないかな?』という心の奥底にある負の想念が形になったもの。
自らを『運命を終わらせる者』、運命という概念に対する『終末の魔神』を称し、『Fate』を終わらせるべく動き出す。
『Fate/GrandOrder』に出れなかった恨みもかなり込めて……。
つーか、ただの八つ当たり
設定がよく変わるせいでパラメータ表などは存在せず、明確な背景設定は定まっていない。

能力

『Fate』という概念に対する天敵。
『Fate』を否定する世界を展開、Fate関連キャラには無敵と言って良い力を発揮する。
エクスカリバーを平然と無効化し、ノリと勢いで適当に丸め込んだりと大暴れした。
腕に炎を纏い、武器として黒刀を所持している。「一応、終末剣とかなんかいろいろある」らしい。
コハエースGO巻末の用語辞典ではこの黒刀は『煉獄剣』と呼ばれている。
また、12の必殺技と『極地』という謎次元移動とかあるような無いようなものを使えるらしい。
余談だがノッブは自身の要素を深めるために暗黒火縄銃とか持たしてくれるとノッブ感が上がると社長に提案したがめんどくさいと一蹴された。

帝都聖杯奇譚では

第二次世界大戦時に日本で行われた聖杯戦争を描いた外伝のクライマックスにて登場。
抑止の守護者として、キャスターと『人造神』を倒す為に、桜セイバーとキャスターを除く5騎のサーヴァントの魂と聖杯によって再臨した。
抑止力のバックアップを受けているため何でも絶対殺すマン状態になっており、理論を否定しないと倒せないキャスターたちを12の必殺技の1つ『無窮三段』という無辺のビームで概念ごと吹き飛ばした。

戦いが終わった後、桜セイバーはマスターの元から姿を消した……と思ったら小さいノッブと一緒にあっさり戻って来ていた。

設定の変遷

沖田さん×沖田さん(?)


経験値氏の同人誌である「コハエース2016 Summer夏の増刊号」によると帝都での彼女は守護者的な沖田オルタであり、設定変更された理由は『Fate/GrandOrder』に出たいからというなんとも身も蓋もない理由で設定変更された。
しかし巻末にネタのままにするには惜しいキャラながら設定は結局のところはっきりとしていないとも書かれているため、時と場合により設定が変わる存在である。
後に発売された「コハエースGO」の巻末の帝都聖杯奇譚用語辞典では社長のデザインが素晴らしいかったので「なんとかまた出したいな‥‥‥、せや!帝都で沖田オルタっぽいのにしたろ!」と言う理由で再登場させたようである。

前述の同人誌と発言が食い違っているのは、完全にその場の勢いや色々適当にやったから
気にしてはいけない、いつものことだ
そもそも桜セイバーの真名が沖田総司になった理由も「コハエースA」に収録されている『型月コハ雄伝説』と「コハエースこれくしょん」の『帝都聖杯奇譚~秘話~』で随分食い違っているので深く考えなくても良いだろう。

Fate/GrandOrderでは

コハエースコラボである「ぐだぐだ本能寺」のオチで『悪沖田』が暴走してしまっている事を匂わせてぐだぐだな結末を迎えた。
そしてAnimeJapan2017のFateProject2017において「ぐだぐだ明治維新」が4月中旬から始まる予定であることが発覚したため、「ひょっとしたら実装されるのでは?」と予想されていたが結局実装はされなかった。

2018年6月6日に配信されたニコ生にて6月13日開催予定のイベント「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」にてついにFGOに沖田総司(オルタ)として実装されることが発表された。
クラスはアルターエゴ……セイバーどこ行った。
因みに魔神セイバー自身がアルターエゴ化に衝撃を諸に受けている
公式サイト内イベント紹介
 Fate/ぐだぐだオーダー「ぐだぐだおーだー奇譚」

因みに沖田オルタの存在自体は、初登場時のコマ欄外台詞、および2015年9月10日発行のコハエースXPのあとがきにて示唆されている。

現時点の『FGO』の仕様では桜セイバーに聖杯を使用しても魔神セイバーにはならない。
仕方ないよネ!

というか、『FGO』のじゃんけんゲーシステムや屁理屈を応用することで、仮に魔神セイバーが超強力な『Fate』特攻宝具を持って来ようが、あっさり返り討ちにされる可能性すら残されている(そもそも、わざわざ隠し属性を設定する手間がかかるし面倒)。

ゲーム中の設定

FGOに登場する沖田オルタは身長163cm、体重51kgとなっており、オルタじゃないほうより5cm背が高く、6kg重い。
イメージカラーの「煉獄」は、大太刀の名称となっている。もとは無銘の謎兵装。
(比較してみると物干し竿とも良い勝負な長さであることが分かる。)
自律した意思を宿しているようで、使い手の気分に応じて性能が大きく変動する。
「煉獄」自身は使用者がつけたこの銘を気に入っている様子。
裏ステージ「もっと ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」では、ノッブから幾らか魔力を分けてもらい、彼女の持つ「神殺し」の特性を秘めるようになった。

性格は生真面目で純粋無垢。
最初は言葉や会話さえ「理解できなかった」が、カルデアのマスターと触れ合っていくうちに日進月歩で成長を遂げ、やがて自分の本来の使命と向き合っていくことになる。
ただ、それゆえにかマイペースで天然ボケな一面も強く、ある人物に至っては会話の一方通行さから「馬鹿にしているのか」と解釈されたり、周りを振り回すことも多い。


マスターに対しては、自分の存在価値に符合させるほど慕っている。これは現界した折に、最初に味方として記憶した相手がマスターだったことに起因する。
某氏曰く「ひよこ刷り込み」。
当人の自覚は薄そうだが、その慕い方は単なる友情や忠節ではなく、割とわかりやすく乙女のそれと思われる。特におき太さんとはよく張り合っており、お互い無意識な感覚の下でマスターの取り合いを始めてしまう。


その本質は「沖田総司に宿った抑止力の片鱗」
早産で生死の境を彷徨った際、彼女の姉の願い「宗次郎(沖田総司の幼名)を生かしてほしい」という願いの対価として、万一に抑止力の力が必要になったとき、その依代として身を捧げることを条件とした。
いわば「現れることなく終わった抑止力の使者としての沖田総司」であり、歴史の陰で顕現したかもしれない沖田総司のifの姿である。

毅然としていればかっこいいのだが、そこはコハエース時空の出身者。
戦闘中に舟を漕いでいたり、スキル使用時に寝落ちしかけたり、宝具の詠唱をど忘れしたりと、ときどきすんごくぐだぐだになる

ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
BCABCA


保有スキル

極地(A)あらゆる空間での十全たる動きを可能とする究極の歩法。オリジナルにおける縮地とは似て非なるスキル、と言ったところだろうか。
不断(B)絶え間なく続く戦いの道行きを照らす不断の光。それはあの日の記憶の証。
無辺(A)一切の世界をあまねく照らす無辺の光。天魔を滅す金色の極光。


宝具

絶剱・無穹三段(ぜっけん・むきゅうさんだん)

最後の月牙天衝


我が光芒、無窮へ通ず

  • ランク:A
  • 種別:対界宝具
無量、無碍、無辺、三光束ねて無穹と成す。
光り輝く黒光を放つ必殺の魔剣。本来、存在しえないもの、してはいけないものすら強制的に世界から退去、消滅させることが可能。

無量・無碍・無辺とは、仏教用語にもある言葉で、順に「計り知れない」「何にも縛られない」「全てに行き渡っている」という意味を持つ。そして無穹は「限りない」という意味である。
この三つを光と成し、限りなきものとして放つ――。つまり一切の束縛を断ち切り、あらゆるものを限りない世界へと解き放つ。
沖田総司は生前、病から自分を救ったのは阿弥陀様だと信じ、その命を無駄にしないと誓いを立てていた。阿弥陀仏の本懐は、すべての衆生を苦から解き放ち、自身の開く楽土へと導くこととされる。
この光が真に絶つのは悪でなく、悪に穢れて無間を彷徨う人の心、その暗闇なのだろう。

特殊な大太刀『煉獄剣』を使用して放つ、Buster属性の宝具。
効果は「敵全体に強力な攻撃&Buster耐性をダウン(3ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉」。

ゲーム中の性能

ATKが非常に高く、「最大値12465」という数値は2018年6月時点で邪ンヌ狂王金時巌窟王に次ぎ、アーサー王と並んで全サーヴァント中5位。
大元の沖田さん以上に攻勢に偏っている。
反面、HPの値は星五サーヴァントとしては水準以下で、防御面での優位がフォーリナーに限定されるアルターエゴというクラス特性とも相まって、打たれ弱さが目立つ。

カード配分は《Buster:2/Quick:2/Arts:1》。
沖田さんの「代名詞」ともいえる「ジャック並みに高性能なQuick」は若干抑え気味な性能に落ち着いているが、それでも水準以上の高性能。
代わりにBuster、Artsともに3Hitするため、そちらのカードを切ってもオーバーキルやスター発生率UPスキルの恩恵を得られる。
総じてNP効率は良好。後述するスキルの効果もあり、概念礼装次第では連発も容易に視野に入る。
クラススキル「単独行動A」を有していることから、クリティカルアタッカーとしての運用も見込める。
また、他のアルターエゴ同様、霊基再臨はピースとモニュメントのみで「こと」が足り、スキルレベルもLv.7までは該当クラスのスキル石のみで達成できてしまうため(彼女の場合は「剣」と「殺」の素材)、育成に多くの素材をつぎ込まなくても済むという点は、マスターによっては嬉しいところ。

スキルは複合効果を含んだものが並び、いずれも自己強化に特化。
・第一スキル「極地(A)
効果は「自身のQuick、Busterの性能を強化」(3ターン継続)。
宝具がBuster属性であることから、それに合わせて発動するのが基本だが、「効果が3ターン継続」する点は独特の強み。
素でQuickの性能が水準以上に高いので、宝具発動後も鋭い攻めを継続させることが可能。
特にパーティメンバーが彼女一人となり、ブレイブチェインを延々と回していく状況で、この恩恵は最大限発揮される。
その為か「強化倍率がそこそこ」なのは御愛嬌。

・第二スキル「不断(B)
効果は「自身のNP増加+スター集中率アップ(1ターンのみ)」。
NP増加値はLv.1で20%増、Lv.10で30%増となる。
初期NPチャージ系の概念礼装や他のNP増加系スキル持ち(孔明マーリンオジマンディアスなど)と連携することで開幕宝具発動を可能とするが、一方で宝具の「二発目狙い」を後押しするための一手としても使える。
他方、クリティカル狙いとしても有用性は十分で、使いどころは多岐にわたる。

・第三スキル「無辺(A)
効果は、「自身の宝具威力を上昇+回避状態を1回付与」(宝具強化状態は1ターン、回避状態は3ターン持続する)。
宝具強化スキル。
第一スキル「極地(A)」と合わせれば、宝具火力はさらに高められる。
回避状態付与は、極地用カルデア制服の「予測回避」と同様の効果。
3ターン経過すると攻撃を受けていなくとも回避状態が消滅するので、その点は留意しておく必要がある。

・宝具『絶剱・無穹三段』(ぜっけん・むきゅうさんだん)
2種類のバフスキルにより基本威力が底上げできるだけでなく、Buster耐性ダウンのデバフで後続の攻め手を支援可能。
また、彼女一人でBusterChainを組んだ際の威力は相当なもの。これに「不断(B)」でスターを集中させてクリティカルを上乗せすれば、ロマンは更に高まる。
宝具そのもののHit数も多いので、スター発生率アップの恩恵を得やすいのも大きな特徴。

Arts、QuickともにNP効率は水準以上に高く、また自前でNP増加スキルも持っていることから、
総じて、オリジナルの沖田さんよろしく「クリティカルに特化した運用」よりは、「宝具主体の運用」に重きを置くことで真価を発揮するサーヴァント。
特に、宝具に付随するBuster耐性ダウンのデバフ効果は、彼女のみならず、他のBuster宝具持ちのサーヴァントと併用することで更に輝く。

欠点は、「アルターエゴであること」。
要するに彼女に限った話ではなくアルターエゴクラスのサーヴァント全員に共通して言えるのだが、有利不利の関係が特徴的すぎるために起用したくなる場面があまりない。
アルターエゴが攻守ともに有利に立てる相手は現状フォーリナークラスしかおらず、フォーリナーが敵として出てくるのは亜種特異点Ⅳ『禁忌降臨庭園セイレム』のラストしかない。
それでは弱点を突けるクラスの多さから混成クエストに向かえばどうかというと、剣槍弓が混じると逆に不利になってしまう事から、混成クエストであっても「アルターエゴを使うと撃ち漏らす」ケースが往々にしてあり、バーサーカーほど気軽に使える訳では無い。

防御面ではというと沖タは元々かなりの攻撃よりステータスでありHPは☆5の中でも下から数えた方が早く、加えてフォーリナー以外に防御有利の相手が無いアルターエゴであるため、集中砲火を受けるとかなり脆い。
スキル「無辺」で回避を付けられるが、付随する効果の関係上宝具ぶっぱターンに使うのが基本であり、相手の攻撃をピンポで回避する目的では使いにくい。

・・・とまあここまで書くと全方位器用貧乏なキャラに見えてしまうが、☆5相応の基礎ステータスの高さに各カードとスキルの性能は非常に高水準であるため、宝具ぶっぱもできるなんでも屋と扱ってあげてもだいたい標準以上の働きはしてくれる。


余談

  • オリジナル沖田が言う所の「相性的には私ちょー有利」と語る対ノッブの相性だが、言動に反して弓>剣のクラス相性に加えて騎乗特攻が刺さる完全不利だったオリジナル沖田さんに対し、攻撃不利なだけで特に何も特攻が刺さらず防御も等倍な沖田オルタは不利度は減っている。不利なのには変わらないが。


  • 王でも竜でもなく騎乗スキルを持っている訳でも神性スキルを持っている訳でもないため所持属性としては普通だが、沖田の系譜と言う事で「アルトリア顔」ではあり、あと何故かブリュンヒルデの宝具の「愛する者特攻」に入るため、忘れたころに特攻を食らう可能性がある。


関連イラスト

Okita Alter
沖田オルタ


沖田オルタ
魔神さん



関連動画



関連タグ

コハエース 帝都聖杯奇譚
桜セイバー 魔人アーチャー
ラスボス チートキャラ 武内崇 褐色肌

pixivに投稿された作品 pixivで「魔神セイバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4261407

コメント