2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

もうを過ぎていてもう「終わった」、あるいは「終わりが見えている」と考えられているコンテンツをさす、「終わったコンテンツ」の略称であり、ネットスラングとして使用される。
もう商業的な利益が期待されるようには見えない、あるいは作者運営熱意を失い新たな展開が期待できないため、継続したところでかつての栄光を取り戻すことは期待出来ない状態等を指すといわれる。

レッテル

ただし、この言葉は基本的にそのコンテンツのアンチが、作者および運営またはユーザーに対する挑発目的や作品を貶めるためのレッテル貼り、あるいは炎上目的として用いられることがほとんどであり、現在ではむしろ“これを言う奴にとって「終わってほしいコンテンツ」の略でしかない”という解釈の方が広まりつつある。

基本的にその場合は「一時的なブームが終了した状態」を指すに過ぎず、この言葉を向けられている間はまだ注目されているということでもあり、逆説的にコンテンツは終わっていないとも言え、むしろ本当に「終わっている」コンテンツとはオワコンという言葉すら掛けられなくなったものであろうと言われる。
無論、このように呼ばれるようになってさらに時が経って忘れられたとしても、そのシリーズおよびコンテンツがリブート、リメイクされたりしてそれの人気と知名度が再燃する可能性も充分にある。

ただ、最近では使う方もそのニュアンスを変えてきており、まだ終わってはいないがコンテンツ全体の傾向が変化した、あるいはそれの関連商品の売り上げが落ちたというようなデータを根拠にもう終わるのは時間の問題なコンテンツという意味合いで揶揄するケースも増加している。

誤用

なお、エンドコンテンツという言葉が存在し、この言葉と同じように用いられる場合があるが、この言葉の正しい意味は「オンラインゲームなどにおける最終的なやり込み要素」という意味であり、この言葉と同じ意味で使用するのは誤用に当たる。

関連項目

コンテンツ 終了
レッテル

オフコン:こっちは本当にオワコンになってしまった過去の技術
大人になれよ:製作側が作品をもってオワコンを促してしまう異例

外部リンク

wikipedia:同項目
ニコニコ大百科:終わったコンテンツ

関連記事

親記事

ネットスラングの一覧 ねっとすらんぐのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「オワコン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「オワコン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74004

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました