ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

真名バーゲスト
クラスアーチャー
性別女性
身長190cm
体重120kg
出典イギリス妖精史、及び異聞帯ブリテン
地域妖精國・オックスフォード
属性混沌・善・地
好きなもの
  • 自分より強いもの、自分より美しいもの(第1、3再臨)
  • 料理全般(第2再臨)
嫌いなもの自覚のない弱者(第1、3再臨)、メリュジーヌ(第2再臨)
ILLUSTめろん22
CV井上麻里奈

「先に断っておく。私は水着を用意していない。遊びに来た訳ではないからな」

そう断言するバーゲストを見て、目を丸くするアルトリア・キャスターがいるのだった。


概要

2023年水着イベント『サーヴァント・サマー・フェスティバル2023!』に登場するバーゲストの水着版。レアリティは☆4。


このたびモルガンの付き添いで特異点に訪れた彼女は、謎の森林火災や積乱雲といった脅威からハワトリアの自然を守護するため、「森林守護騎士連盟=UDK」を発足したのである!


ちなみにUDKとは所属するカルナ曰く、Union(ユニオン/連盟)、Defence(ディフェンス/守護)、Knights(ナイツ/騎士)の略称だと説明された。


ちなみに、今回はバカンスではなく仕事として来ているため、実はどの霊基でも水着を着用していない。水着サーヴァントとは?まぁ彼女の水着そのものは概念礼装で先に出ちゃってるし……


人物

センシティブな作品


水着サーヴァントなのだが、第1再臨の姿は完全にレンジャー

普段の鎧姿に比べてラフな格好になっても、はち切れんばかりの爆乳筋肉は健在であり、武装のウォーターガンもかなり大きい筈だが、彼女に掛ればまるで玩具のよう。ちなみに、帽子の突起は飾りではなく、頭から生えている亜鈴触角のせいである。破けないのだろうか?

ハワトリアでの火災によって原住生物たちが追われている事に心を痛めており、このようなレンジャー活動を趣味で始めた。とはいえ、この状態では騎士の時と同じ精神状態になっている。


お嬢様系メイド


第2霊基では真名から「UDK」が外れて、今回の本業となる「ホテル・ブリスティン」の給仕長、すなわちメイド姿になる。物腰も柔らかく優雅になり、給仕係として完璧に振舞う。とはいえ、給仕をした経験が無かったため、(本来は部下である)大黒天に習いつつ熟している。メイドなら愛嬌も必要と感じているのか、普段は言わない冗談なども言う。この姿でのスキル使用時に軽食のサンドイッチなどを出すが、チョコ礼装の時同様にどれもジャンボサイズ。軽食とは。

ちなみに、災厄の獣として妖精國を焼いてしまった記憶はトラウマになっており、燃える都心部などを目にすると自分を抑えられなくなってしまう。そのため市街地の消火は他者に任せている。


391


第3霊基・宝具使用時は通常時の第3霊基の色を反転したような、白と青を基調としたメカニカルな「妖精騎士バーゲスト」の姿になる。これは黒犬公と蔑まれ、災厄の獣でもある通常第3霊基を克服した姿。本人は見た目を変えただけだと自嘲しているが、そこには「妖精騎士ガウェイン」としてでなく、「妖精騎士バーゲスト」として災厄を乗り越えるという確固たる決意がある。

この姿では都市部にも自ら赴き、主導して消火活動に従事する。


上記のようにあくまでも仕事として赴いているため、他の水着サーヴァントのように浮かれた様子は一切ない。とはいえ、時系列的な変化か、通常時のどうしようもない性癖は完全になりを潜めており、一人の武人として、給仕として、レンジャーとして活躍している。


ちなみに、水泳には関しては実はカナヅチ。水場が苦手という訳ではなく、自重で沈んでしまうことから水中でも歩いて移動するしかなかったためで、水泳自体の経験が無い。今回初めて入る海の水なら、塩分濃度から多少浮くのではないかと淡い期待を抱いている。塩湖ならワンチャン(現実でも体脂肪率が低い筋肉質な者は普通の水では浮かばず沈んでしまい、またそのレベルの筋肉があると可動域が狭くなる都合上スマートには泳げなくなるため泳ぎが下手になる事がある。彼女の場合生物学的に脂肪がつきやすい女性であることやご立派な浮袋もあることから生半可な事ではそんな体脂肪率にはならないはずだが……そんなに全身バキバキなのだろうか)?


上記の通り仕事優先のためバトルグラフィックに水着衣装はないのだが、実際には仕事着の下に着込んでおり(この仕事着とは第3霊基はその露出度の関係上、下に着込めないので第1、第2霊基のことを言うのだろう)、最終再臨すると……

センシティブな作品


うぉ……でっか……


能力

戦闘でもレスキュー隊をイメージした攻撃を行うが、その中にメイドとしての所作も混ざる。

モーション中では、放水銃から水弾や高圧水流を放つ他、トンファーによる打撃、掃除機をかけながらの突撃、消防車での轢き潰し(運転しているのはマスター)などを披露する。

エクストラアタックでは、宝具を限定開放し巨大放水機から極太の水流を放出して粉砕する。


第3再臨では、トンファー攻撃の代わりに宝具の巨大放水機による水を纏った打撃となっており、背中から炎を吹き出してその勢いによって放水機を槍のように構えての突撃も行う。


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香A+BCCAB+

保有スキル

対魔力(C)アーチャーのクラススキル。魔術に対する抵抗力。詠唱が二節以下の魔術を無効化。大魔術・儀礼呪法など大規模なものは防げない。
狂化(C)本来はバーサーカーのクラススキル。理性と引き換えに驚異的な暴力を所持者に宿すスキル。UDKを組織し、その団長になった事により、捕食衝動は抑えられている(通常はAランク)。森林に棲まう動物達を保護する、ホテルの給仕だけでなく運営も行う、という二つの誓約は、驚くほどバーゲストの性格に合っていたようだ。
妖精騎士(E)妖精の守護者として選ばれた加護を示すスキル。対人・対文明に特化した自己強化だが、他の『妖精騎士』達への攻撃行為はタブーとされ、妖精騎士を殺めた妖精騎士は自己崩壊する……のだが、今回は別の誓約を持っている為、妖精騎士の誓約は弱まっている。
守護騎士連盟(A)動物界の平和を守り、その脅威と戦うもの。大きなものはそれだけ大きな責任を抱くべきだと自らを律し、種として脆弱な生命は守護される運命だと断言する。セイバー霊基が持つ『ワイルドルール』が夏に合わせて変化した。その信条であるなら攻撃性より防御性が増している筈だが、『ワイルドルール』より攻撃的になっている。
クイーン・キーパー(A)女王モルガンに仕える完璧な給仕としての心得、作法、そして能力。最高の居心地を提供する女王のメイド長。自分以外を対象にした凄いバフと回復。霊基第二以外でも働いていると思われる。
ストライク・ウェーザー(B)都市を練り歩いて炎上させる黒い魔犬は、火災を鎮める鉄砲水を呼ぶ白い妖精となった。妖精体の拡大に伴い、宝具威力がアップし、その範囲を『広域』『集中』にと選択出来る。『広域』はより多くのエリアを消火する全体放水で、『集中』は水圧を絞りどれほど巨大な建物であろうと消火する単騎放水。ただしこのスキルを使うと属性が『巨大』になってしまう為、弱点が増えるのが困りもの。
雷雲喰い(A)アンチ厄災スキル。ブラックドッグの王である魔犬バーゲストは雷雲を呑んで成長するエレメンタル・イーターだったが、今回のバーゲストはその厄災の特性を利用する事で、森林・都市部での火災に対して強い消火能力を発揮する。炎上フィールドにおいて強力なNP自動補充スキルを持つ。厄災で厄災を制すという成長が見られる。

宝具

災禍祓う日輪の角(ウォーターセーブ・ガラティーン)

  • ランク:B+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:20~60
  • 最大捕捉:300人


「マキシマム・レスキュー!」

「交通規制解除。消防車、前へ!」

《ご苦労、下がれマスター。亜鈴(あれい)触角、発現!災禍(さいか)を祓え!『災禍祓う日輪の角(ウォーターセーブ・ガラティーン)』!!》


「ジャイアントに参りますわ。」

「いけない、市街地での火災ですね!」

《こういう時にはお任せを!給仕(メイド)体、拡大!誰一人として死なせません!『災禍祓う日輪の角(ウォーターセーブ・ガラティーン)』!!》


「雷雲、反転!」

「交通規制解除。消防車、前へ!」

《いいわ、下がりなさいマスター。亜鈴(あれい)触覚、発現!災禍(さいか)を祓え!『災禍祓う日輪の角(ウォーターセーブ・ガラティーン)』!!》


ウォーターセーブ・ガラティーン。またの名をUDK−ガラティーン。

無線連絡で自分の元に呼び出した消防車(ファイヤエンジン)に搭載された40メートル級の放水装置を巨大化する事で手づかみし、どこかで見たポーズを取って火災現場にその圧倒的な放水量をたたき込む絶対給仕消防宝具。弩級規模の放水砲はバーゲストの妖精角(亜鈴触角)を動力源として稼働するため、ガラティーンと名付けられた。ちなみに消防車はモルガン陛下に用意してもらったものであり、運転しているのはなんと、急いで大型車両免許を取ったマスターである。消防車は通常攻撃時などでも登場しており、ついにマスターが戦闘モーションに本格参戦してしまった。


ゲーム上での性能

最大ATK8,851
最大HP12,862
カード構成Quick:2/Arts:2/Buster:1
宝具カードArts
スキル1自身の攻撃力アップ(3T/20~30%)&クリティカル威力アップ(3T/30~50%)&〔弱肉保護〕状態「通常攻撃時に味方全体のHPを回復(500)する状態」を付与(3T)+フィールドに〔☆3以下の味方〕がいる時、自身の攻撃力アップ(3T/20%)&毎ターンスター獲得を付与(3T/10個)
スキル2自身のNPチャージ(20~30%)+自身を除く味方全体に無敵付与(1T)&HP回復(2000~3000)&スキルCT1短縮
スキル3自身の宝具威力アップ(3T/20~30%)&宝具チェンジ状態<宝具を全体攻撃から単体攻撃に変化させる状態>を付与(3T)【チェンジするか選択可能】&超巨大特性付与(3T)
アペンド3ルーラー攻撃適性
宝具自身のArtsカード性能アップ(1T/OC:20〜40%)+敵全体に強力な攻撃&攻撃強化解除&やけど・延焼を解除〔デメリット〕
宝具(チェンジ中)自身のArtsカード性能アップ(1T/OC:20〜40%)+敵単体に超強力な攻撃&攻撃強化解除&やけど・延焼を解除〔デメリット〕

「自ら前に出て、か弱い味方を守る」彼女の精神性を体現しており、味方2騎のうち1騎でも☆3以下にしておけば、数値上低めの攻撃性能を補うことが可能になる。加えて〔炎上〕フィールド限定で「毎ターンNP5%増加、やけど・延焼デバフ無効化」の効果をもたらす固有クラススキル「雷雲喰い」を持つため、性能をフル活用するならばそれに合わせた編成やクエスト投入が要求される。


また、妖精騎士ランスロットメリュジーヌ)に続く2騎目の「宝具の攻撃範囲切り替え」が可能なサーヴァントながら、切り替えは全体から単体尚且つ任意で、範囲が変わる以外の変化はない。


スキルを使うと問答無用で単体から全体宝具に変わりバトル中不可逆なメリュジーヌに対し、バーゲストの場合はバフ効果が切れると元に戻るため、戦況に応じてある程度の使い分けができる。

敵のやけど・延焼解除のデメリットは比較的軽めだが、やけど効果を要とする楊貴妃などとは相性が悪いため注意。Artsかつ全体宝具だがあまりNP獲得量が多くなく、宝具発動前のArts性能アップのみでは宝具連射に足るNPリチャージに不安が残る。幸いにも☆3以下にはサポートに特化した面子が多いため、単体にNPを一度に供給できる一部の☆5キャスターと組み合わせることで解決が可能。更に、単体化による火力増強ができるため、3W目が単騎かつ異様にタフというパターンの高難易度周回クエストで、バーゲストにありったけのバフを盛って全体→全体→単体の順で宝具を放ち一掃する戦法も使用可能になる。進化した妖精騎士の力で敵陣を吹き飛ばしてやろう。


関連人物

水妃モルガン

妖精騎士としての主。

自分で建てた「ホテル・ブリスティン」の支配人をしており、バーゲストは給仕長を任された。

彼女が「トネリコ」としてお忍びでバーヴァン・シーを訪れた際は偽名として「ニワトコ」を名乗ってお供している。終盤ではトラウマに震えるバーゲストに言葉足らずで不器用な叱咤激励を送り、「妖精騎士ガウェイン」を超えた「妖精騎士バーゲスト」として奮い立たせている。


メリュジーヌ(裁)

ほぼずっとプライベートビーチでグースカ寝てる、「部屋片付けろ、水着洗え」と命令してこき使ってくる、オマケに「君の新しい武装がどれほどのものか知りたいから夜になったら相手になってやる」など、普段以上にぐうたらかつ上から目線な彼女にいつも以上にイライラしており、メイド姿の第二霊基では明確に嫌いな者として彼女を上げている。


大黒天サンチョ・パンサトリムマウベディヴィエール

従者系サーヴァント繋がり。前3者(?)とはメイド姿がある点が共通。

それぞれ給仕として尊敬しており、リスペクトしている。特に大黒天からは直接指導も。


アルトリア・キャスター(狂)

相変わらず身体の大きさでマウントをとっている。UDKに参加してくれて助かっているが、同時に賄いを食いまくっているため、UDKの財政を圧迫している。


藤丸立香

契約したマスター。

メイド時は、旦那様/お嬢様として「ホテル・ブリスティン」に滞在する彼/彼女の専属給仕としてお世話している。一方でレンジャー時は頼れる相棒として、主に消防車の運転を任せ、物資の輸送や戦闘突撃などを任せている。ベディに触発されてマスターを執事に教育しようと狙ってもいる。


ジャガーマンカルナ虞美人(槍)アタランテアキレウス

UDKのメンバー達。バーゲスト直々に彼らをスカウトした模様。

最終決戦では、主に一般人の避難誘導・救護活動に当たっていた。


アルトリア・オルタ(騎)

奇しくも本来はセイバークラスだったのに、水着実装になるとメイドキャラになった者同士。

彼女の胸囲を無意識にディスったことがあるのだが、出くわしたらどうなるのだろうか……


黒いパーカーの英霊

現地で出くわすも、素顔の見えなかった人物。自警団結成の際、元々は「KDU」を略称にする予定だった所、彼のコメントを受け逆さの「UDK」に改めた模様。


余談

  • FGOフェス 2023』にて発表されたシルエットで水着の実装を匂わされた妖精三騎士であるが、バーゲストはその筋肉からバレバレであった。
  • その後本格的に紹介されたのだが、当初UDKが何の略か判明していなかったため、そのボディから「う(U)お……で(D)っか(K)……」の略であるとネタにされた。
  • セイバーの時より(特に)胸のボリュームが増加しているが、召喚の際のセリフによれば「鎧があわなくなってしまった」らしい。セイバーの時の未だに胸が成長しているという発言通りボリュームアップしたのか、霊基を変えた結果増加したのか、どちらとも取れるが……一応、プロフィール上は体重に変化はない(ちなみにイラスト担当のめろん22氏は「奈須きのこ氏の許可が出たので自重せず描いた(意訳)」と受け取れるコメントをしている)。

関連イラスト

【第一再臨】

センシティブな作品センシティブな作品


【第二再臨】

メイド服バゲ子メイドバゲ子


【第三再臨】

センシティブな作品センシティブな作品


関連タグ

Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt アーチャー(Fate) 水着サーヴァント

妖精騎士

サーヴァント・サマー・フェスティバル2023!

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2462623

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました