ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
カラミティ・ジェーン
8
西部開拓時代の人物。おそらく世界で最も有名な女性ガンマン。

概要

生没年:1856年5月1日 - 1903年8月1日

本名「マーサ・ジェーン・カナリー」。通称「平原の女王」。

西部開拓時代斥候として活躍した開拓者の一人。


6人姉弟の長女として生まれたが、14歳で母を、15歳で父を失い、姉弟は孤児となった。

ジェーンは家族を養うため、皿洗い、コック、ウエイトレス、踊り子、看護婦、牛飼いなどのどんな仕事も請け負った。最終的により危険で実入りのいい斥候という仕事を引き受けた。


斥候として活躍する彼女は非常に多彩で波瀾に満ちた人生を送った。後に自身の武勇伝をつづった自叙伝『カラミティ・ジェーン』は今でも多くの人々に読まれている。

……なのだが、この本に書かれた内容には現実的でない誇張ないし全くのデタラメが多く含まれている。

元々彼女には虚言癖があり、本に書かれている内容には信憑性に大きく欠けていたのだ。

それでも彼女はビリー・ザ・キッドと同じいわゆる『西部劇』に代表するアメリカナショナリズムの象徴たる人物であるため、彼女をもとにした作品はかなり多い。


ちなみに「カラミティ災厄)」という呼び名だが、広く知られている由来は「法廷の疫病神 (court calamity)」として、彼女が法廷内の男性を怒らせ続けた結果、彼女への警告として付けられた名前だと言われている。虚言癖のある彼女が証言台に立てばたまったものじゃなかっただろう。


ワイルド・ビル・ヒコックを深く敬愛していたという。


関連タグ

カラミティ ガンマン アウトロー

ウエスタン 西部劇

カラミティ・ジェーン(Fate)

カラミティ・ジェーン(モンスト)

クロノアイズ 登場人物の一人(続編である「クロノアイズ・グランサー」ではメインヒロイン)の正体がこの項目の人物。

スパゲッティ・ジェーン

概要

生没年:1856年5月1日 - 1903年8月1日

本名「マーサ・ジェーン・カナリー」。通称「平原の女王」。

西部開拓時代斥候として活躍した開拓者の一人。


6人姉弟の長女として生まれたが、14歳で母を、15歳で父を失い、姉弟は孤児となった。

ジェーンは家族を養うため、皿洗い、コック、ウエイトレス、踊り子、看護婦、牛飼いなどのどんな仕事も請け負った。最終的により危険で実入りのいい斥候という仕事を引き受けた。


斥候として活躍する彼女は非常に多彩で波瀾に満ちた人生を送った。後に自身の武勇伝をつづった自叙伝『カラミティ・ジェーン』は今でも多くの人々に読まれている。

……なのだが、この本に書かれた内容には現実的でない誇張ないし全くのデタラメが多く含まれている。

元々彼女には虚言癖があり、本に書かれている内容には信憑性に大きく欠けていたのだ。

それでも彼女はビリー・ザ・キッドと同じいわゆる『西部劇』に代表するアメリカナショナリズムの象徴たる人物であるため、彼女をもとにした作品はかなり多い。


ちなみに「カラミティ災厄)」という呼び名だが、広く知られている由来は「法廷の疫病神 (court calamity)」として、彼女が法廷内の男性を怒らせ続けた結果、彼女への警告として付けられた名前だと言われている。虚言癖のある彼女が証言台に立てばたまったものじゃなかっただろう。


ワイルド・ビル・ヒコックを深く敬愛していたという。


関連タグ

カラミティ ガンマン アウトロー

ウエスタン 西部劇

カラミティ・ジェーン(Fate)

カラミティ・ジェーン(モンスト)

クロノアイズ 登場人物の一人(続編である「クロノアイズ・グランサー」ではメインヒロイン)の正体がこの項目の人物。

スパゲッティ・ジェーン

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 映画「カラミティ」感想

     一言で、アメリカ西部開拓時代に、家族を支えるために男装した一人の少女が旅団を離れて冒険し、成長する物語です。女性の自立やジェンダーギャップからの解放が描かれています。また、ナチュラルな色彩や動物の息遣いの描写が凄いです。
  • 星屑の代行者

    第10話 存在証明 中編

    モンスターストライクに登場するキャラクターの一人、「エージェント・スピカ」及び彼女の所属する組織「スターダスト・エージェント」に焦点を当てた二次創作小説です 以下の内容が含まれるため、苦手な方は注意 ・公式設定と二次設定を織り混ぜたキャラクター設定 ・ストライカーの存在(言及されるのみ。) ・スピカ 主人公。 記憶喪失の女エージェント。25歳。 寡黙でクール。悪や敵対者に対しては加虐的になる。 他人を寄せ付けない雰囲気を醸し出すクールビューティー。 刃物と二輪車の扱いに長ける。 4年前から人間のストライカーと契約を交わし、2つの世界を行き来しながらクエストとエージェントの任務をこなす日々を送る。 ・デネブ (進化) スターダストエージェントのリーダー。36歳。 目的と手段を選ばずその場でもっとも合理的な判断を下すリアリスト。 澄ました仏頂面と明瞭に聞こえる早口が特徴。銃の扱いに長ける。 ・アルタイル(デネブ・ザ・ビューティー) スターダストエージェント初期メンバー。24歳。 ふんわりとした物腰ながらデネブの妹であることを犇々と感じる目付きと言動を見せる。 本来なら9年前に死亡する筈だったがスピカとデネブによって救出され 当時のまま現代へとやってきた。 語学力に長け、諜報戦を得意とした。 二丁拳銃を用い、スピーディな戦闘を行う。 ・シリウス スターダストエージェントの初期メンバーの一匹。 既に犬としての寿命を迎え、今は機械の身体となっているが全身に張り巡らせた人工皮膚によって変わらぬ姿(進化)を保っている。 短時間なら人工声帯で喋れる。 刀の扱いに長け、しっぽと自らの口で刀を振るい器用に戦場を駆ける。 ・カノープス 金髪で小太りの青年。21歳。かつて手に入れた火星の技術力を利用し様々な武装を開発。エージェントの基本装備となっている時空間転送装置の開発や海中探査機の設計などを行うメカニックマン。 イメージ通りガジェット操作に長け、絶対の自信を持っている。 ・アンタレス エージェント最年少の少女。12歳。まだ小学生であるため任務に参加できるのは長期休暇程度。 子供らしいキレのある推理や、卓越したドローン操作でエージェントの活動をバックアップする。 ・ガリーナ・ライ スピカらの所属する国家の最高司令官。 中華風の装束に身を包んだ老練。 彼の一存で軍事予算が飛んでいる。 (デネブ・フロムスターダストの背後、右端の人物) ・エージェント・V(ヴェガ) 幻の7体目のエージェント。サングラスにコート、アタッシュケースというもっともスパイ然した格好をしている。 スターダストエージェントの設立当初からデネブやアルタイルとともに活動していたが、とある事件を機に引退。ペンタゴンの職員としてSDAに国家案件を流している。 コードネームのベガも他のエージェントに譲り渡し今は別の名前を使っているが便宜上ヴェガと呼称。 SDAとは別のスパイ組織を育てているような素振りを見せているが… (デネブ・フロムスターダストの背後、左端の人物) ・ムラサメ 人間世界由来の妖刀に宿る魂のような存在。 ストライクワールドに移る際、力の大半を失ってしまう。 強い魔族殺しの力を持つスピカの手に渡ったことで風刃の力を取り戻す。 本来の力を取り戻すには5つのキラーの力を持つ者とのコンタクトが必要。 手に入れたエレメントをもとに容姿が移り変わる。 (現在は闇刃最後に開放しているので闇刃ムラサメの状態) 性格はおしとやか。だがわりと積極的にスピカを煽る。 力を取り戻すのが持ち主であるスピカ頼りであるため、うまいこと貶しつつ、やる気を引き出させようとしている。
    20,637文字pixiv小説作品
  • 星屑の代行者

    狂いだす歯車

    モンスターストライクに登場するキャラクターの一人、「エージェント・スピカ」及び彼女の所属する組織「スターダスト・エージェント」に焦点を当てた二次創作小説…の外伝です 以下の内容が含まれるので注意。 公式設定と二次設定が掛け合わされた設定。 過去作を読んでる前提の話の展開 登場人物 雲母大佐 美貌と才能で陸軍大佐にまで上り詰めた才女。当時大佐だったチタン元帥に心酔し帝国軍人となった過去を持つ。 厳格で傲慢。目的のためなら手段は選ばないが、戦闘においては正々堂々とした立ち合いを望む武人肌的なところも垣間見える。 スピカとは士官学校の同期。記憶を失い帝国から離反したスピカに対し雲母は並々ならぬ対抗心を燃やしていた。 過去の縁を否定し強くなろうとした雲母だったがそれでもスピカには勝てず 「ヒトとしての限界」を見た雲母は魔鉱石を己の肉体に突き刺し覚醒。 魔鉱生物と成り果てた。 白金大将 冷徹で非情な実力至上主義者。鬼の仮面を装着しその素顔は誰にも分らない。 パンドラの箱の影響で二百年後の世界からやってきた未来の魔鉱帝国の軍人である。 帝国の礎を築いた雲母ら現代の将校達を「誉れ高い存在」として尊敬しているらしく、階級が自らの方が上であろうとも敬語で話す。特に雲母に対しては神経質なまでに気を遣う姿がたびたび目撃されている。 雲母が子を為さないまま魔鉱生物となったことでタイムパラドクスが生じ、この世界に存在しない筈の存在になってしまったことで肉体が徐々に消滅していってしまう。 チタン元帥 魔鉱帝国の総司令官。利己的で聡明。演説の名手で多くの者をその舌技で従えてきた。 実力もかなり物であるようだがまだその本領は発揮されてはいない。自分に楯突くものには容赦しないが、どこかで部下の離反や謀反などを楽しみにしている節もあるようで、野心家の多い魔鉱帝国の現状を楽しんでいる。 マンガン軍曹 魔鉱帝国の将校。魔鉱石と第一話の登場人物アビドに作らせた義眼による力によって過度の自身を得、世界を手にしようとしている。周りからは自己陶酔な自信家として下に見られているが…… 銀中佐 未来の魔鉱帝国の将校。科学者、参謀。 神経質で潔癖。 軍のトップに立ってやろうという強い野心と自分の知的好奇心を満たすための行動力を兼ね備えた危険人物。 鉄整備兵長 未来の魔鉱帝国の将校。 技術職。 ガサツでぶっきらぼう。 作る兵器はどれも使いどころが難しく評価はあまり高くないものの、造形技術や物を作り出す能力に関しては非常に高い。 燐銅少佐 未来の魔鉱帝国将校。 元々は普通の女性兵士だったが銀に改造を施され改造兵士となる。それからは前の気弱さはなくなり かなり強気な性格になった。 戦闘欲に悩まされるようになりいつも無気力に生活している。
    10,787文字pixiv小説作品
  • 星屑の代行者

    第4.5話 日常の一幕

    モンスターストライクに登場するキャラクターの一人、「エージェント・スピカ」及び彼女の所属する組織「スターダスト・エージェント」に焦点を当てた二次創作小説です 以下の内容が含まれるため、苦手な方は注意 ・公式設定と二次設定を織り混ぜたキャラクター設定 ・ストライカーの存在、夢要素(言及されるのみで登場はしません) 登場人物 ・スピカ 主人公。 記憶喪失の女エージェント。 他人を寄せ付けない雰囲気を醸し出すクールビューティー。 ストライカーと契約を交わし、クエストとエージェントの任務をこなす日々を送る。 デネブ スターダストエージェントのリーダー。 常に仏頂面で相手を見透かしたような観察眼と冷たい目をしている。 カラミティ・ジェーン スピカの友人。人間世界でストライカーと契約済。 平原の女王 と揶揄される天才ガンウーマン 任務中のスピカと出会い意気投合、スピカの休暇中にはよく買い物などして遊ぶ。 エポカ 修行中の身であちこちに研究に出ている魔導師。 時空の扉を開くことができ、それが理由でかつてアカシャに狙われた過去を持つ。 デネブは彼女との接触に執着していたが…… マンガン軍曹 魔鉱帝国の軍人。 1話に登場したDrアビドに作らせた義眼をしている。 女性ばかりの私設部隊を持つ野心家。 雲母(キララ)大佐 魔鉱帝国の軍人。 単独でニライカナイと戦い、捕獲するなどその戦闘能力は帝国一。 チタン元帥 魔鉱帝国総司令。 世界を相手に戦争を仕掛けようとしている。 神々や強力なモンスターに対抗すべく、「理想郷の力」を集め 強大な軍事帝国を作り上げる。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    遊ハち

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む

pixivision

カテゴリー