ピクシブ百科事典

アーチャー・インフェルノ

あーちゃーいんふぇるの

『Fate/Grand Order』に登場するサーヴァント。
目次[非表示]

この世が地獄である限り、この世を地獄とする限り。
我が炎は決して消えはせぬと知るがいい!
インフェルノの炎、それはおまえ達を焼く憎悪也!

プロフィール

忌名アーチャー・インフェルノ
真名???
身長162cm
体重50kg
属性中立・中庸
出典史実
地域日本
好きなもの?
嫌いなもの力仕事
ILLUSTしらび
CV金元寿子


概説

Fate/GrandOrder』に登場するアーチャーサーヴァント。レアリティは☆4。
メインシナリオでは、1.5部の亜種特異点Ⅲ(亜種並行世界)『屍山血河舞台下総国』で登場。

人物

銀髪赤眼の女武者。
その身を鎧に固め、額には角のような飾りを備えた鉢巻を巻く。
平時は凛と佇む見目麗しい大和撫子であり、仕える者として冷静に立ち回る。

彼女は優しく微笑むだろう。
怒りが、その心を埋め尽くさない限りには。

■■との■■の裔であるゆえに荒ぶる性質を色濃く有しているが、愛するモノへの思いによってそれを瀬戸際で封じ込め、彼女は、静かな人間の女性としての個性を得ている。
───ように見える。

能力

女性サーヴァントながら筋力はCとなかなかの数値。
もっとも真名を知れば、この数値でも“足りない”と感じられるほどの大力を有している。
この時代の武芸者として、剣術・弓術・槍術・馬術など多彩な武術を修得している。

ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
CDCBAB+

スキル

対魔力(B)魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。
単独行動(B)マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。ランクBならば、マスターを失っても二日間現界可能。
狂化(E)理性を失う代わりに基礎ステータス強化する。ただしEでは実質的な影響は無きに等しい。多少、感情的になりやすい程度。
鬼種の魔(B)魔性を現すスキル。天性の魔、怪力、カリスマ、魔力放出等との混合スキル。味方全体の攻撃力をアップ/自身の宝具威力をアップ
乱戦の心得(B)自身にスター集中状態を付与/味方全体のスター発生率をアップ
血脈励起(A)自身にガッツ状態を付与(1回)/自身にHPアップ状態を付与


宿業・一切焼却自身に「通常攻撃時にやけど状態を付与する状態」を付与
精神異常無効精神状態異常を無効(解除無効)
烽火連天敵全体にやけど状態を付与

宝具

???

  • 種別:対人宝具
  • ランク:B
  • レンジ:1~12
  • 最大補足:1人


「宝具、断片展開。私に炎を。旭の輝きを! 燃えろ! 飲み込め! なにもかも!」

ゲーム上では、種類はBusterで、効果は【敵単体に超強力な攻撃&敵単体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)&敵単体にやけど状態を付与(5ターン)&敵単体に延焼状態(やけどの効果量がアップする状態)を付与(5ターン)〈オーバーチャージで効果量アップ〉】。

ゲーム上での性能

HPは10,000を若干越す程度だがATKが9,900を越す、クロエ以来の攻撃特化型のステータスを持つ。
カード配分は《Quick:1/Arts:2/Buster:2》のセイバー型で、ヒット数は【Q:3/A:2/B:1】ではあるものの、ArtsのNP回収率自体は並み程度しかないため、積極的に宝具解放を狙うには手数やサポートが必要になる。

スキルは、3ターン味方全体の攻撃力アップ+自身の宝具威力アップの「鬼種の魔(B)」、自身の3ターンスター集中率アップとスター発生率アップの「乱戦の心得(B)」、5ターンの間自身にガッツ(一度だけ戦闘不能から復帰)状態とHPアップ状態を付加する「血脈励起(A)」、の三つ。
特に「血脈励起」は、低いHPをカサ増ししながら戦えるうえ、効果が切れてもHP自体はそのままなので疑似的な回復スキルとしても効果を発揮する。これだけの効果がありながら、9ターン(Lv10で最短7ターン)で回せるのもポイントだろう。

宝具は上述通り。
特に「延焼状態」の特性が面白いもので、火傷による増加ダメージを加速させるために火傷状態を重複させると条件次第で10,000超の特大のスリップダメージを狙える
そして延焼状態も重複可能なので、更なる追加ダメージを狙うことも可能。
特防状態でガチガチに防御を固めたイベントボスでも、目に見えるかたちでダメージを与えることが可能になる。

運用法としてはメインアタッカーを張りつつ、攻撃面をサポートするかたちになる。
特にライダーに次ぐスター集中率を備えるアーチャーでありながら、さらにスター集中率を上げるスキルとクラススキル「単独行動」によるクリティカルダメージの増加の噛み合わせにより、「宝具(B)+BB→Extra Attack」でのBusterクリティカルによるコンボが強烈なダメージを叩き出す。
クリッター運用を考えなくとも、アーチャー戦力が欲しい時に放り込んでおけばそれなりに仕事をこなしてくれるので、サブアタッカーしとても運用可能。
また恒常実装された☆4以上のアーチャーでも数少ないBuster単体攻撃宝具持ちなので、この点だけでも十分な個性を持っていると言える。

ただ、運用に際して自力でのスター生産力が低いという欠点を持つため、本格的にアタッカーとして運用する場合は、スター生産に優れた味方を付けてやる必要がある。
育成面でも登場シナリオからの新素材アイテム「枯淡勾玉」を合計12個要求されるので、数が足りないなら一先ず第三霊基解放までとどめておくのも手だろう。

その他

「インフェルノ」とは一般には地獄を指す普通名詞であり、ダンテ・アリギエーリの叙事詩『神曲』地獄篇の原題でもある。

担当絵師曰く、「インフェルノさんの声が金元寿子さん、『りゅうおう』でも姉弟子の声を担当してくれている、どちらも銀髪でなんというか不思議な感覚」とのことである。
あちらもアニメ版のオンエアが近づいているため無理もないかも……。
→参考リンク

なお霊基再臨で大きく容姿を変えるサーヴァントだけに、マスターごとでどの形態が好みか大きく割れる。

  • 召喚直後:軽装・ポニーテールふとももの覗く、の美少女然とした姿。
  • 第一・第二霊基:重装・髪下ろし・完全武装状態の、如何にも和風戦乙女といった姿。
  • 第三・第四霊基:甲冑の縅(おどし)を外した肩出し状態・より脱色の進んだ銀髪・弓矢を構える第二第三のアナザーバージョン。

プレイヤーからの愛称はアーチャークラスの定番からイン茶、淫茶、飲茶、獄茶、炎茶、白茶など。
(なお、前者2種は語句の意味が意味なので、使用する場合はTPOを弁えた方がいいと思われる)
また、そのまま”インフェルノ”、縮めて”インフェ”、和風(?)に”いんへるの”などとも呼ばれたりする。

関連イラスト

アーチャー
アーチャー・インフェルノ


アーチャー・インフェルノ
無題


インフェルノ
アーチャー・インフェルノ★



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント アーチャー(Fate)
女武者 女戦士 戦乙女
銀髪 赤眼

エレナ・ブラヴァツキー(Fate):中の人が同じ
清姫(Fate)淡色の柳髪にツノ持ちの貞淑一途な燃焼系ヤンデレ撫子繋がり。

真名はこちら

pixivに投稿された作品 pixivで「アーチャー・インフェルノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4299198

コメント