ピクシブ百科事典

妖術師(FGO)

ようじゅつし

「Fate/GrandOrder」1.5部の亜種特異点Ⅲ『屍山血河舞台下総国』の登場人物
目次[非表示]

概要

Fate/GrandOrder」1.5部の亜種特異点Ⅲ『屍山血河舞台下総国』で登場。
英霊剣豪と呼ばれるサーヴァントたちや、怪異や怨霊たちを率いる黒幕。

キャスター・リンボと同じくサタンと呼ばれる存在を崇拝し、目的のためなら手段を選ばない外道。「徳川」を非常に憎んでおり、徳川の時代を憎悪し、その破滅のために下総国を血で染め上げ、秘術を完成させようとしている。

関連タグ

Fate/GrandOrder 屍山血河舞台下総国










以下、ネタバレ注意!










ネタバレ

あなたはまだ地獄を知らない


CV:内山昂輝
「ほう、風魔小太郎は我が貌を知っていたか。ならば貴様は正しき歴史とやらで天草四郎の英霊を見たか。」

その正体は天草四郎
しかし彼は主人公たちカルデアが知る天草四郎ではなく、宮本武蔵と同じく剪定事象によって消滅した世界から弾き出された「異世界の天草四郎」である。

彼は英霊の天草四郎と違い、「島原の乱」でただ一人生き残る。その後世界が消滅した後は武蔵と同様に様々な世界を渡り歩いてきた。しかし生きたまま各世界を巡ってきたことで、自分たちを虐殺した徳川への憎しみが増し、生きた怨霊と呼べる存在と化した。そしてサタンと呼ばれる存在に会い、今回の世界に辿り着き徳川への復讐のため事件を引き起こした。
ゆえにクラスも復讐者の適性となっている。

英霊の天草四郎は死んだことで徳川への憎しみを捨て、人類の救済という結論に至った。しかしこちらの天草四郎は生き延びた事で、徳川や世の全てを憎悪し、激しい憎悪のままに人を利用し、人の信念を踏み躙る外道となった。目は血のように赤く染まり、表情も穏やかな英霊の方と違いゲスそのものである。
英霊の天草四郎のことは「英霊の座なんぞに収まった腑抜け」と吐き捨てている。それは「人類救済」という歪みながらも強い願望を抱く「英霊天草四郎」への侮蔑であり、サーヴァントたちの抱く信念や業を理解している小太郎は、全てのサーヴァントを軽視するその言葉に怒りを露わにしていた。

宝具
双腕・零次収束
カルデアの天草と同じ宝具。
ただし原理そのものが同一かについては不明。

島原地獄絵図
天草四郎の心象風景を投影する固有結界。彼にとっての切り札でもある。
かつての島原藩の圧政、乱での熾烈な籠城戦など、天草四郎が経験した島原の惨状を再現する。
延々と燃え盛る野山から排出される炎熱は、結界内に捕らえた相手を徐々に追い詰めながら焼殺する。サーヴァントならば多少の抵抗は可能だが、魔力に抵抗のない人間では結界内の空気を吸うだけでも肺腑を焼かれて死んでしまう。

結界から自力での脱出は不可能に等しく、また結界は天草四郎を中心としなくとも展開可能なため、自分は現実にいながら対象を一方的に結界内へ幽閉できるという、悪辣な特性を持つ。
一見すると一方的に相手を封殺可能に思えるが、この結界は「天草四郎の無念と憎悪」を反映させたもののため、極限まで高められた“宿業を断つ無想の力”の前には脆いという側面がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「妖術師(FGO)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 412

コメント