ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

「マーキング」(marking)とは、目印を付けること、標識をつけることである。

マーキングは、「物」「場所」「生物」の3つに分けることができ、意味も多少異なる。

「物」の場合は、自分が所持している物の中でも良く使う物を把握するために使う。目印になるものなら何でもいい。ただし、メインの物より小さいものが基本である。例えば財布にキーホルダー、本にシールを貼る。この場合見える位置、あるいは自分が見る位置にあることが条件である。

「場所」の場合は、自分の縄張りを主張するために使う。公共の物に落書きをする人の心理がこれである。合法的な手段として(場所によっては禁止されているが)千社張り札という手段がある。動物の場合、尿や糞、体臭をその場所に撒いて縄張りを主張する。動物の尿や糞、体臭には動物専門のフェロモンが含まれており、情報共有をすることにより縄張りを主張する。

「生物」の場合は、自分がその生物を独占するために使う。犬が飼い主に尿をかける。猫が飼い主に体をこすりつける。「大好きな飼い主は私のもの」と言うメッセージがこめられています。これが元で、エロアニメ、ラブコメ、現代の若者、風俗で使われるようになった。人の場合は(主に女性から男性)、体にすりすり、ボディタッチなどが使われ、風俗、エロアニメでは唾液、体中にキスなどが使われる。




関連イラスト

のんけも挿絵8 「ナギさんと秘密のホイル包み」
センシティブな作品


ビッグサイズのアホ毛
マーキング中なフェイトさん



関連タグ

marking 縄張り 動物 標識 目印

関連記事

親記事

標識 ひょうしき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マーキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2751669

コメント