ピクシブ百科事典

分泌されることで(同種の)他の個体に影響を与える物質。
異性や仲間を呼び寄せたり、エサなどへの道を示したり、外敵の襲来を知らせたりする他、個体の分化や性周期の同調を促す作用を持つものもある。
主に同種同士の情報共有、存在証明などに使われる。(詳しくは、マーキング参照)
臭いなどとは異なり、ごく微量の物質に対しても鋭敏に反応が起きるという、「外部の相手に影響を与えるホルモン」とも言える特徴を持ち、「フェロモン」という名前が付けられる前は「エクトホルモン」(「外部刺激物質」といったところか)と呼ばれていた。

ただし、異種を引き寄せるものを疑似フェロモンと言う。
ナゲナワグモは、この方法で雄の蛾を捕食している。

漫画などでは人間がフェロモンを分泌している描写があるが、実際に人間からフェロモンが分泌されることは無い。最近では、人間のフェロモンに関することやフェロモン香水などがあるが、嘘である。

関連記事

親記事

生理現象 せいりげんしょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フェロモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1158475

コメント