ピクシブ百科事典

アナザーアルティメットクウガ

あなざーあるてぃめっとくうが

特撮映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』に登場する怪人、アナザーライダーの一人にしてラスボス。
目次[非表示]

「この力と、俺の力が融合すれば今度こそ! 平成ライダーの歴史は終わる……!」

「ライダーは俺一人だ……俺だけが笑顔であればいい!!」

「闇だ……闇だ闇だ闇だ!! 究極の闇で、世界を包み込んでくれる!!」

CV:大東駿介

データ

  • 身長:不明
  • 体重:不明
  • 特色/力:翅による飛行能力/破壊光線/再生怪人を生み出す黒い煙の大量放出


概要

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』に登場するアナザーライダーで、本作のラスボス
モデルは仮面ライダークウガアルティメットフォーム

スーパータイムジャッカーティードが再度起動したアナザークウガウォッチを特異点の久永シンゴに埋め込み、自らと融合する事で変身した。
アナザーライダーでは初となる強化フォームの力を宿した個体である。

容姿

アナザークウガを更に歪めたような外見。強化前からさらにサイズアップしており、建物を見下ろす姿は完全に怪獣である。
ボディは全体的に黒く染まり、長い腕は2本から4本に増加している他、頭部の角も更に肥大化し、背中には巨大な翅が生成されるなど、より昆虫に近い容姿となっている。
この時点で、既に本来のモチーフであるクウガの面影は顔とベルト以外ほとんど残っていない。しかしこれほど邪悪な存在でありながら、複眼は五代雄介と同じレッドアイであるこちらの反転という可能性もあるが、クウガ本編のレッドアイは優しい心と理性を保っている証であることから、道さえ間違えなければティードは本物の仮面ライダーになれる素質があったと考えることもできる。

能力

口から黒紫の禍々しい破壊光線を放つ事ができる他、噴き出した黒い煙から大量の戦闘員怪人を生成する力を持つ。これらの力はそれぞれン・ダグバ・ゼバン・ガミオ・ゼダを彷彿とさせ、まさに究極の闇と呼ぶに相応しい凶悪な怪物である。

活躍

最終決戦にてジオウクウガアーマーが操縦するジオウ機、ビルドが修理して乗り込んだゲイツ機による2機のタイムマジーンとの戦いに敗れたティードがアジトまで逃走。
最後の手段として、クウガ以外の平成ライダーの記憶を持たない特異点の久永シンゴにアナザークウガウォッチを埋め込み、自身と融合する事でこの形態へとパワーアップ。
アジトを破壊して外の世界へと飛び立つと街を光線で蹂躙しつつ怪人を生み出し、全世界を究極の闇で包み込もうとする。

しかし、ジオウとビルドを始めとした平成ライダー達の活躍により、自身が生み出した大量の怪人は1体残らず殲滅され、自身は不利を悟り空高く飛び上がったところをゲイツとクローズが乗り込んだゲイツ機のタイムマジーンによって撃墜される。

その後は平成ライダー達が繰り出したライダーキックを次々と喰らっていく羽目になり、龍騎のドラゴンライダーキックを皮切りにオーズ、ゴースト、フォーゼ、エグゼイド個別のキックからアギト・ブレイド・響鬼、W・ディケイド・電王のトリプルライダーキックを二連続で喰らい、ウィザード・キバのダブルライダーキック、ドライブのスピードロップ、鎧武の無頼キックに間髪入れずファイズ・カブトの同時キックで貫かれ、最期は正面からクウガの繰り出したマイティキックと背後からジオウ&ビルドの繰り出したダブルライダーキックを前後から挟み撃ちの形で叩き込まれ爆散。変身者のティードごと討ち滅ぼされる事となった(シンゴはライダー達に助け出され無事に生還している)。

余談

  • 今作は展開に関するネタバレがかなり伏せられており、パンフレットの内容も厳重にネタバレを隠すものだったが、この怪人のみ誕生の経緯と倒され方がしっかり載せられていた
  • CMなど一部媒体では、アナザークウガアルティメットとも呼称されている。
  • アナザークウガの単純なフォーム違いではないことから、「同じライダーの力でもフォームごとに個体としてのアナザーライダーが違う」とも取れる。
    • 後に本編のEP41にて、これと同じようなケースのアナザーライダーとしてアナザージオウⅡが登場している。


  • デザインを担当した篠原保氏によると、クウガは本物のデザインの完成度が高いため、弄るのが難しかったとのこと。また、最初にアルティメットからデザインし、そこから削る形でアナザークウガのデザインが描かれた。後に『クウガ』のプロデューサーの高寺成紀氏に「弄ってすいません」と詫びを入れたらしい。

関連タグ

アナザーライダー アナザークウガ アルティメットフォーム
仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER

ゲノムスバイカイザーこれまでの平成ジェネレーションズ作品のラスボス達。

クウガ・プロトタイプ:原典の小説で登場したもう1人のクウガ。こちらもアルティメットフォームに変身しており、(不発に終わったが)強力な破壊光線を放つという共通点を持つ。

???:ある意味アナザーアルティメットクウガとは対極な存在。


アナザーWアナザークウガ/アナザーアルティメットクウガ→アナザー龍騎

関連記事

親記事

アナザークウガ あなざーくうが

pixivに投稿された作品 pixivで「アナザーアルティメットクウガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14637

コメント