ピクシブ百科事典

フータロス

ふーたろす

特撮映画『仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FOREVER』に登場する本作オリジナルのイマジン。
目次[非表示]

CV:滝藤賢一

概要

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVERに登場するモモタロスに似た謎のイマジン。契約者は本作のオリジナルキャラクター・久永アタル

名前の由来については現在二つの説があり、風都+タロスもしくは風魔小太郎からであると推測されている。
実際に腕にあるフィンの形状は手裏剣または風車を歪めたようなデザインである。

全体的なデザインが西洋の悪魔に似ているが、これは日本の鬼をイメージしたモモタロスと対になるように西洋の悪魔をイメージしたという可能性も考えられる(元ネタの一つと思われる風魔小太郎の名前にも『魔』の字が使われている為、これにも引っ掛けていると思われる)。

なお、イマジンの特徴の一つである「体のどこかにそのイマジンの名前を表したアルファベットの意匠が存在する」という点はフータロスも例外ではなく、よく見ると肩の部分に小文字の『f』らしき頭文字が確認できる。

何の物語からイメージされて誕生したのかは不明だが、候補としてはふうとくんや上述の風魔小太郎などが考えられる。

デザインは恐らく篠原保。歯を食いしばる面構えはイマジンのデザイン原案を行った亡き盟友・韮澤靖氏をリスペクトした物だが、韮澤氏の物と比べて生々しさが足りないのはご愛敬。

関連タグ

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER

以下ネタバレを含んだ詳細






























































一人称は「俺」。
どこか気怠げで投げやりな言動を取るが、その真の目的は「アタルの過去を辿ることでシンゴティードから守る」ことであり、願いとは別に契約者の事を思って行動している。
また、他のイマジンが過去へ飛ぶための手段として歪んだ方法で願いを叶えようとしていたのに対し、自分ができる精一杯の努力をして見せるなど義理堅い面もある。

アナザークウガの誕生により「仮面ライダー」が「虚構」の存在となった世界で「現実」にその存在を保っており、アタルと接触し彼と契約。「本物の仮面ライダーに会いたい」という彼の望みを果たすべく、「現実」に常磐ソウゴ桐生戦兎ら「仮面ライダー」の登場人物たちを呼び出した。
しかし、何人もの登場人物たちの存在を一人で維持し続けるのに限界が来て彼らを引き留めきれなくなり、「登場人物」たちは記憶を失い始めてしまう。
さらにティードの活動によって大量の怪人達が発生し、絶望したアタルが「もういい」と言ったため契約を完了。アタルの誕生日にしてシンゴが連れ去られた2000年1月29日へ飛んだ。

過去ではシンゴに襲いかかるアナザーWに立ち向かったが軽くあしらわれ、共に時代を超えてきたアタルがアナザー電王に変貌。
シンゴやアタルを取り返すべくソウゴと共にタイムマジーンでアナザーデンライナーに立ち向かうもアナザークウガによって撃墜されてしまい、ソウゴ達と協力しティードやアナザー電王に勇敢に立ち向かった。

戦いの後、影から「もうお前の望みは叶えてやんねーぞ」とアタルに告げ、どこかへと去っていった。

余談
劇中にて「フータロス」と呼ばれることは一度もなかった。

その正体は最後まで明らかにされていなかったが、原典のイマジンの設定を鑑みて「消滅した未来の歴史からやってきたのでは?」という意見もある。

劇中では石動美空風麺のマスター、ツクヨミなどライダー以外の「仮面ライダー」の登場人物を召喚している。
記憶を失った彼らは初めからその世界にいたかのように「現実」に適合しており、これは「ライダーが虚構の世界(改変後世界)」が「ライダーが現実にいる世界(劇中世界)」を改変して作られたために各登場人物から変化した人物が改変後世界にいたからとも考えられる。

その力の性質上、最終決戦で「現実」の人々の願いから「仮面ライダー」を具現化させたのも彼の仕業と思われる。
最終的にアナザークウガは倒されたが奪われたクウガの力は戻ることは無く、この「現実」からフータロスを除く「平成仮面ライダー」が存在した歴史は消滅している。
最後のセリフは最後に「現実」に残った虚構の存在としてのセリフであろうか。

今までの7人に次ぐ新たな善玉イマジンとして、どこかで再登場する…かもしれない。

真の関連タグ
善玉怪人

関連記事

親記事

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER かめんらいだーへいせいじぇねれーしょんずふぉーえばー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フータロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8840

コメント