ピクシブ百科事典

番場影人

ばんばかげと

某犯罪組織のボスにして元、ホロスコープスの一員であり、ビレッジの関係者であった金の亡者であるヘラクレス・ゾディアーツのスイッチャーの男。
目次[非表示]

「番場影人。でも私の名前を聞いたら高くついちゃいますよ? 代償はあなたの命‼」
演/遠山俊也

概要

超能力者風田三郎を筆頭とする『怪人同盟』を始めとした超能力者達を支援している人物。
飄々とした軽い口調で話す、見るからに怪しい雰囲気のグラサンを掛けたい服を着た謎の男。
三郎たちに『新人類』と吹き込んだのも彼である。

上記にある通り三郎達とは友好的な関係に見えるがそれは表向きであり、その実態は某国犯罪組織ショッカーとか財団Xじゃないよ)の首領にして、ヘラクレス・ゾディアーツスイッチャーである金の亡者の下衆野郎。
インターポール捜査官となった流星たちが追っていた犯罪組織絡みの事件の黒幕でもある。
三郎達に近づいたのも彼らの持つ類稀なる素質に目を付けたためであり、最終的には洗脳した後に『超能力兵士』として叩く売りさばくためであった。
また、金の亡者だけに素性の分からない人物(イール)の提示した莫大なの為に、超能力増幅装置『ゼーバー』を5年の月日を掛けて開発していた。

なお劇中では明かされていないが、かつてはホロスコープスの首魁・我望光明の元でゾディアーツ技術による人類強制進化研究に携わっていた『元ホロスコープス』の一員であったが、後に超能力開発に乗り換え、彼とその同士達と袂を別ったという過去を持つ。
更に袂を別った後は、Vシネマ『仮面ライダーエターナル』に登場するドクター・プロスペクトの元に行き、彼の運営する組織『ビレッジ』に所属し(おそらく) クオークスの研究に没頭していたらしい。

その様な経緯がある為、コズミックエナジーの扱いに精通しており、怪人態が普通のゾディアーツであるのにも関わらず、『ホロスコープス』クラスの高い実力を持っている。また、『財団X』とも関係を持っているのか、高い技術力と豊富な資金を持っているらしく、『超能力の増幅装置』と偽った『洗脳装置』を自身が集めた(見出した)エスパーたちに配布しようと目論む。

しかし流星たちのもたらした情報により正体が発覚し、『仮面ライダー部』により自身の目論見が暴露されると、本性を曝け出して悪足掻きとばかりに『ライダー部』や『怪人同盟』のメンバーに大量のダスタードレオダスタードを嗾け、自身は(その時は顧問の弦太郎除く)唯一のライダー部員の美代子を人質にとって逃亡。
ゼーバーを使って自分のサイコウェーブを増幅し、城島ユウキの乗った宇宙船レーザー砲破壊することでゼーバーのデモンストレーションを行おうと目論んだ。それを阻止すべく追い掛けて来た流星=仮面ライダーメテオを軽くあしらうが、そこへ駆けつけた三郎は弦太郎の熱いに救われ正義に…もとい本来の優しさを取り戻し、番場、そしてこれまでの自分と決別する事を宣言し、サナギマン(リ・マジネーション版)の全ての能力を解放し、真の姿であるイナズマン(リ・マジネーション版)へと二段変身する(この時の反応から察して、三郎のイナズマンへの二段変身をはじめとする能力昇華は番場にとっても想定外の事態であったようだ)。

流石の番場もこれには焦りを抑えられず、狼狽えながらもメテオ同様に返り討ちにしようと試みるが、強化されたイナズマンのサイコキネシスパワーと自身との能力差は一目瞭然で、ほぼ一方的に圧倒された末に敗北。最終的には流星によって逮捕され、スイッチも彼によって破壊されてしまうのだった…。

余談

名前の由来は、勿論イナズマンに登場する『新人類帝国・ファントム軍団』の首領帝王バンバ

関連項目

ヘラクレス・ゾディアーツ ホロスコープス MOVIE大戦アルティメイタム
死の商人

コメント