ピクシブ百科事典

帝王バンバ

ていおうばんば

特撮『イナズマン』に登場する悪の帝王

CV:飯塚昭三

特撮ドラマイナズマン』に登場する、悪の組織新人類帝国を掌る帝王。
瞬間移動や、眼光を光線として放射する能力をもつ大超能力の持ち主。
「ヴァラヴァラバラバンバ~‼」という呪文とともに現れる。その正体は超高熱の火炎を自在に操る火炎ファイター
その性格は残忍にして冷酷であり、渡五郎の懐柔に失敗した彼の母親である渡シノブ・バラバンバラをあっさり処刑するほど。
超能力をもたない人々を「旧人類」と呼び、ミュータンロボット・新人類が支配する世界を作り出そうとする。
平山プロデューサーによる設定では本名はチト、後のガイゼル総統を同士として新人類帝国を結成するも、後にガイゼルは袂を分かち、最終話近くになって腹心の部下ウデスパーに指令を下し、新人類帝国の兵士たちの大半をデスパー軍団にスカウトする。
追い詰められたバンバはイナズマンと手を組もうとするが、拒まれたことで彼を拉致し、最終計画である日本列島地没作戦を実行するが、自らの体組織を使って超能力増幅装置ゼーバーを作り出したイナズマンに脱出され、火炎ファイターとなって勝負を挑むが敗北。巨大化までしてイナズマンを倒そうとするが、力尽きて大爆発を遂げた。

ゲーム『スーパーヒーロー作戦 ダイダルの野望』では、世界大犯罪組織シャドウの支配者であるビッグシャドウと同様のポジションで登場。プロフェッサー・ギルの最終兵器であるジャイアントデビルと融合して世界征服をもくろむが、ヒーローたちに敗北した後、帝王ダイダス操るジャイアントデビルに踏みつぶされた。
なお、ギルハカイダーに命令を下すシーンが何度か存在するが、同じ声なので部下が混乱しないか心配だ

原作では月面を基地とし、自らの超能力を増幅する装置と一体化し、常に巨大ロボ「ムーンウォーカー」に乗っている。こちらではイナズマンを完全に支配下に置くが、自らの兄であり、少年同盟の創始者であるキャプテン・サラーに道連れにされた。
MEIMU氏の漫画『イナズマンVSキカイダー』でも原作同様の姿で登場。こちらでは、プロフェッサー・ギルによって生み出されたミュータントとの設定。しかし、その力は不完全なものであるため、旧人類を滅ぼして自らの帝国を生み出そうとするが、ジロー・キカイダーによりムーンウォーカーを破壊され、ヤマタノオロチを思わせる炎の龍となり最後の抵抗を見せる。
最終的には、イナズマン・キカイダー・風田ミヨの合体攻撃で敗れ去った。

pixivに投稿された作品 pixivで「帝王バンバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62

コメント