ピクシブ百科事典

江本州輝

えもとくにてる

江本州輝とは、『仮面ライダーフォーゼ』の登場人物である。
目次[非表示]

「本当に歌星の息子だな、彼も同じ事を言っていたよ。」

演:山崎一

詳細

宇宙京都大学の教授で、普段は京都の上空にあるザ・ホール(コズミックエナジーが宇宙から地球に降り注ぐポイント)の研究をしている。
宇宙物理学の権威として有名な人物だが、研究に夢中になり過ぎると周囲が見えなくなる癖がある。
第33話で初登場し、第39話で宇宙特待生の特別講師として天ノ川学園高校にやって来た。

関連人物

歌星賢吾の父・緑郎や天高の理事長・我望光明とは共にコズミックエナジーの研究をしていた友人同士である。賢吾に初めて会った時、生前の緑郎や京都のザ・ホールについて語っている。我望とは年に1回3人が初めて会った総本山知恩院で緑郎の慰霊をしている。天高に来たのも我望に招かれた為(と江本本人が語っている)。
我望を「太陽」緑郎を「地球」自らを「月」に例えており、その為か嘗て月に自らの居場所を求めていた野座間友子に関心を持たれる。

関連タグ

仮面ライダーフォーゼ 我望光明
歌星賢吾 野座間友子 城島ユウキ 杉浦雄太

正体


※第40話のネタバレを含む為、記事の閲覧には注意

























乙女座の男


実はヴァルゴ・ゾディアーツスイッチャーであり、賢吾の父を手にかけたのも我望ではなく彼。
全身マゼンタに羽根まで付いた派手な容貌な上に田中理恵が声をあてたヴァルゴと、人畜無害そのものの彼のイメージはミスマッチも大概というものであり、ヴァルゴショックだとかOTOMEショックだとか言われた。

苗字をローマ字変換して逆さ読みすると「おとめ」(Emoto→otomE)になる。名前は乙女座の最輝星・スピカを連想させる。
また我望と同じく、目を赤く光らせていた。
賢吾達に見せていた表向きの顔も全て演技であり、本性は冷酷な性格。また、我望にも極めて従順。
友子に正体を気づかれるも、ダークネビュラに送る事で発覚するのを防いだ。




が、これらもまた真の目的を隠すための仮面であり、賢吾たちに見せていた顔こそが彼の本当の姿。
そしてタチバナの正体でもあった。
その真の目的とは、我望の野望を挫く事。
かつて我望の力に屈して賢吾の父を殺してしまった事を悔やんでおり、フォーゼもメテオも彼が共に戦う仲間とするためにお膳立てしたものだった。
ダークネビュラに送ったと思われた友子と流星も、実は送るふりをしてM-BUSに匿っており、二人とも無事生還した。

紆余曲折の末、弦太朗達と和解し友人となるも、サジタリウスの不意打ちで致命傷を受けてしまう。
そのまま仮面ライダー部を守りながら奮闘するも、瀕死の状態ではレオには敵わず、ついに処刑されてしまった。
志半ばで斃れる事になってしまったが、最後に弦太朗達と友達になれた事を喜びながら息を引き取った。
冷酷であった我望もまた裏切りに対する怒りではなく、無二の友の死による悲しみがあった。
その後、回収されたタチバナのマスクとメガネと写真は仮面ライダー部の手によって月へと安置され、その遺志はライダー部一同の胸に深く刻まれる事となった。



「良いさ・・・最後にまた、友達が・・・」

えもやーん!!

pixivに投稿された作品 pixivで「江本州輝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150274

コメント