ピクシブ百科事典

シュラウド

しゅらうど

シュラウド(Shroud)とは、(主に死体を覆う)白い布。転じて、特撮ヒーロー番組『仮面ライダーW』の登場人物。
目次[非表示]

「憎しみが足りない・・・もっと復讐の炎を燃やすのよ!」

演:小野友紀 CV:幸田直子

概要

照井竜仮面ライダーアクセルの装備を与えた謎の女。
その後も秘密結社「ミュージアム」への対抗勢力として、左翔太郎フィリップ、照井の前にたびたび現れ、助言を与える。
シュラウドとは仮の名であり、本名ではない。

人物

常に黒いロングコートを着込んでいる上に、全身を包帯、帽子、サングラス、手袋で覆っており、素顔を確認することはできない。
長いと体つき、声から成人女性とわかるが、それ以外は謎に包まれている。
自身はドーパントに変身しないが、Wのトリガーマグナムおよびスカルのスカルマグナムと同型の大型拳銃「シュラウドマグナム」と、それに装填するボムメモリを使って戦うことがある。生身ゆえに守勢に回ると脆いが、シュラウドマグナムとボムメモリのマキシマムドライブを組み合わせたトリッキーな戦い方で、一度はアクセルに変身した照井をダメージによる変身解除に追い込んだこともある。


「強さは憎しみから生まれる」という考えを持ち、ウェザー・ドーパントに家族を殺された照井の復讐心を煽り、戦士として強化しようとした。
だが照井の戦う動機が憎しみから「他人を守ろうとする意志」に変化すると、失望をあらわにした。

最終目的は、ミュージアムの支配者である園咲琉兵衛 / テラー・ドーパントの打倒。
そのため、フィリップと照井の二人を使い、彼女が究極のダブルと考えるサイクロンアクセルエクストリームを生み出す計画を練っていた。
恐怖を操るテラー・ドーパントに対し、精神干渉攻撃に耐性を持つ照井は、最善の人材だからである。
だが照井は思い通りに動かず、フィリップにはダブルのコンビを解消するよう迫ったが、翔太郎との絆を引き裂くことはできなかった。

その正体

本名は園咲文音(そのざき ふみね)。
園咲琉兵衛の元妻であり、冴子若菜来人の実の母である。

最愛の息子・来人をミュージアムの道具として利用し、それに異を唱えた自分にもテラーメモリの力をぶつけ、ぼろ雑巾のように痛めつけて捨てた琉兵衛を許すことができず、園咲家を離反。復讐のために、ありとあらゆる策を講じていく。
全身を布で覆い「シュラウド」と名乗ったのは、素性とテラーの力でつけられた傷を覆い隠す以上に「園咲文音は死んだ」という意識がそうさせたのかもしれない。

おやっさんこと鳴海荘吉幼馴染であり、荘吉が園咲家のお膝元である風都探偵事務所を構えてからは、ガイアメモリ絡みの事件とぶつかることの多い荘吉と裏で協力体制を築いており、荘吉の所持していたスタッグフォンスパイダーショックなどのメモリガジェットハードボイルダーリボルギャリーの前身であるスカルボイルダー及びスカルギャリー、そしてスカルメモリロストドライバーは、シュラウドが製作し、荘吉に渡されたものと思われる。


運命を仕組んだ女

『仮面ライダーW』のプロローグであり、フィリップと翔太郎が出会うきっかけとなった『ビギンズナイト』で、鳴海荘吉に依頼を出した人物でもある。

また、テラー・ドーパントへの闘争心を燃やしていた井坂深紅郎にウェザーメモリを渡し、ウェザー・ドーパントに仕立てたのもシュラウドであった。
井坂に琉兵衛を倒させるのが当初の思惑だったが、井坂が暴走し、殺人鬼と成り果ててから、そのことには後悔を抱えており、照井の家族の墓には花を添えていた。
だが、すべての行動原理が息子への想いにあることを照井に指摘されると謝罪。復讐から手を引いた。

原因は不明だが、その命は尽きかけていたらしく、最終回にて若菜に看取られるかのように静かに息を引き取った。その後、フィリップの深層意識内に琉兵衛・冴子・若菜と共に姿を見せ、フィリップに別れを告げた。


関連イラスト

【W】文音シュラ
仮面ライダーW×35・・・か?最新って。



関連タグ

仮面ライダーW 園咲家 ミュージアム
園咲琉兵衛 園咲冴子 園咲若菜 園咲来人 ミック
フィリップ 照井竜 左翔太郎 鳴海荘吉

関連リンク

shroudの意味 - 英和辞典 Weblio辞書
聖骸布 - Wikipedia
テレビ朝日 | 仮面ライダーW(ダブル)
仮面ライダーW - Wikipedia
シュラウド - 仮面ライダーW(ダブル)まとめ@Wiki

pixivに投稿された作品 pixivで「シュラウド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106050

コメント