ピクシブ百科事典

アナザーエグゼイド

あなざーえぐぜいど

仮面ライダージオウに登場するアナザーライダーの1人。
目次[非表示]

「医者が救ってくれないなら、俺が救うしかない。邪魔をするな」

演/声:児玉貴志

データ

  • 身長:205.0cm
  • 体重:97.0kg
  • 特色/力:ゲームの世界と現実の往来/格闘アクション


概要

仮面ライダージオウ』第3話「ドクターゲーマー2018」より登場。
タイムジャッカーの一員の1人・オーラに見出された、2016年に救急車で運ばれようとしていた少年の父親、飯田が変身したアナザーライダーと呼ばれる怪人の一体。モデルは仮面ライダーエグゼイドアクションゲーマーレベル2

ポータブルゲーム機を介してゲームの世界と現実を行き来する事ができ、「誰もクリアした事のないゲーム」を生み出した後、それをプレイした人間に謎の呪いをかける事で病気にさせ、何人もの被害者を出していた。
現実世界ではゲームをプレイした人間に呪いをかける以外の行動は取っておらず、発見しても上述の能力ですぐにゲームの世界へ逃げてしまう為、撃破は非常に困難である。

モデルであるアクションゲーマーと同じく、戦闘時はアクションゲームのような高いジャンプ力を生かしたアクロバティックな戦闘スタイルを得意としており、ゲームエリア内に存在するチョコブロックを足場のように使ったり、チョコブロック自体を蹴り飛ばして武器にするなどテクニカルな攻撃も披露している(ちなみにこれらの攻撃を繰り出した際、やはり本家同様に「HIT!」のエフェクトが出現する)。

これ以外にも、戦闘員としてバグスターウイルスA(恐らく「アナザー」のA)を大量に発生させて使役する事もできる他、やはり一定の条件下で撃破しない限り何度でも復活してしまうという厄介な性質を持ち合わせている。


バグスターウイルスA

第4話に登場。アナザーエグゼイドが大量に生み出す、(?)アナザーエグゼイドの専属戦闘員のような存在。

外見はオリジナルと全く同じ……というよりも性質や何から全て本来のバグスターウイルスと同一の存在と思われ、上述した通り“アナザー”の存在の“エグゼイド”から生み出されるバグスターウイルスという意味合いでこの名称で呼ばれるものと思われる。

劇中ではアランブラバグスターファンタジーゲーマーが従えていたのと同じ魔法使い型の個体が召喚されている。

容姿

外見はその名の通りエグゼイドを彷彿とさせるが、その容姿は心電図のような線が入ったゴーグルから覗く鋭い目付き(その上につぶらな瞳はあるがエグゼイドのコミカルさは薄い)、唇が厚く細かい牙がずらりと並んだ、コミカルキャラ化された本家のエグゼイドとは真逆のわかりやすい悪人面である

他にもピンク色の頭部から生やした長い黒髪(二本ほど前に垂れているため、ムテキゲーマーもモチーフに含まれていると思われる)、腕や肩に装備している刺々しい装甲など、まるでプレデターを思わせるような特徴が多く、更には全身の皮膚にまばらに発疹のような模様もあるなど、いかにも不健康そうな姿をしている。

また、胸部の装甲にはEX-AIDの文字が、背中の仮面の黒い複眼には2016の年号とEX-AIDの文字が刻まれている。
ベルト部分はアナザービルドのようにベルトをそのまま歪にしたようなデザインと異なり、一見するとゲーマドライバーとは異なる形状に見える。しかし、よく観察して見るとゲーマドライバーを上から見た時の造形を参考にしている事がわかる。

活躍

  • 第3話

2016年でオーラに見出された飯田がこの姿に変身させられる(この時点では契約内容は不明)。怪人化させられてからは2年間も上述の「誰もクリアした事のないゲーム」をプレイした人間を襲い続けていたらしく、ネット上では都市伝説のように噂されていた。

劇中では常磐ソウゴのクラスメイト・小和田がこのゲームをプレイしていたところに出現し、彼を襲った後はすぐにゲームの世界に逃走し姿を消してしまう。その後も街のあちこちでゲームをプレイした人間を襲ってはゲームの世界に逃走し、被害者を増やし続けていく。

しかし、この事件について調査していた宝生永夢が残したメモに書かれていた特殊コマンドを入力したソウゴ達がゲームエリアに侵入して来た為、彼等が変身したジオウゲイツと対峙。上述の戦闘スタイルで2人を圧倒したが、ゲイツが変身したドライブアーマー、ジオウが変身したビルドアーマーの連携に押され始め、最後は2人の同時必殺技を喰らい敗北、元の姿に戻った。

しかし、彼を撃破した2人の前に突如、行方不明になっていたはずの永夢が姿を現し……。

  • 第4話
エグゼイドがジオウとゲイツに襲い掛かった直後、そこに現れたオーラの手で再びアナザーウォッチを入れ込まれた事で復活し、活動を再開。
ゲイツは過去の2016年に飛んでアナザーエグゼイドと対峙し、一度はこれを撃破したが、エグゼイドの力を使わずに倒してしまった為、再度復活しゲイツを苦しめる。

時は変わり2018年、再びゲームエリアに潜入した永夢はアナザーエグゼイドを発見し、彼に呼びかけられたアナザーエグゼイドは自らの意志で変身を解き、飯田の姿に戻った。

実は「心臓の病気にかかり余命残り僅かな息子のケイスケを助ける為」にオーラと契約してアナザーエグゼイドとなってからも、飯田は自分の意志で行動していた事が判明。
「誰もクリアした事のないゲーム」をプレイした人間を襲っていたのは、臓器のサイズがケイスケと同じである小柄な若者の中から選び、ケイスケの心臓のサイズに合ったドナーを集める為。
永夢は父親が傍にいる事でケイスケに生きる力を取り戻させるべく、ゲームエリアに籠っていた飯田を病院まで連れ戻す為にゲームエリアに潜入していたのである。

それらを調べたソウゴから「あんたの気持ちもわかる。けど他の人を犠牲にするのは違う!」と咎められるも、ケイスケの死が近付いている事に焦った飯田は彼の言葉を聞き入れず、再びアナザーエグゼイドとなってその場から姿を消してしまった。

その後、彼を止める為に2016年にやって来たジオウはゲイツと共にアナザーエグゼイドと対決。そこに駆けつけた2016年の永夢もエグゼイドに変身して加勢するが、エグゼイドは歴史改変の影響で思うように戦えない状態だった。
しかし、エグゼイドの攻撃がアナザーエグゼイドに効いているのを見たジオウは「そのアナザーライダーと同じライダーの力なら有効」だと気付き、ジオウはエグゼイドアーマーに変身。最後はエグゼイドアーマーによるジオウの必殺技・クリティカルタイムブレークを喰らい爆散、元の姿に戻った(描写はないが、恐らくアナザーウォッチも消滅したと思われる)。

アナザーエグゼイド撃破後、ソウゴが2016年の永夢を介して永夢の知り合いの天才外科医を飯田に紹介した事で、ケイスケの病気は無事に治療され、2018年では元気なケイスケの姿が確認されている。

余談

アナザーエグゼイドの変身者である飯田は、救急車で運ばれていく息子に心配そうに声をかけるなど優しい父親としての一面を見せており、アナザーライダーとしての目的も犠牲を出してでも息子を救うためであった。そんな彼がエグゼイドの力を引き継ぐというのは、エグゼイド本来の変身者である永夢の過去を思うと、あまりに皮肉過ぎる展開と言えるかもしれない。

エグゼイドのモチーフに「スーパーマリオブラザーズ」がある事を踏まえると、アナザーエグゼイドの棘や牙や唇はクッパがモチーフの可能性もある。

関連キャラクター

仮面ライダーゲンム:能力や特徴が似通っている。
仮面ライダー風魔:他でもないエグゼイドの劇場版で登場した娘を救う為に悪事を行っていた父親ライダー。こちらも最終的には改心し、娘の命も救われている。この仮面ライダーの要素も含まれたセルフパロディでもあると思われる。
鏡飛彩大切な人の命を守るために悪魔の囁きに屈したという意味では、最終的にケイスケを救った彼もまたアナザーエグゼイドと似ている。

仮面ライダーフィフティーン:息子を救うために悪事を行っていた父親繋がり。こちらも過去のライダーの力を借りた主役ライダーに倒されて改心しているが、飯田と違い息子の命は戻らなかった。
白い魔法使い:風魔同様に娘を救うために悪事を行っていた父親ライダー。ただしこちらは死亡し、娘の命も救えなかった。
ビートルファンガイア:息子のために悪事を行っていた父親繋がり。ただし息子を成長させるためにわざと悪事を行っていた。

関連項目

アナザーライダー エグゼイド(仮面ライダー) 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「アナザーエグゼイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26082

コメント