ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「社長秘書のイズと申します」

演:鶴嶋乃愛

概要

飛電インテリジェンスが開発した秘書型AIアシスタントの女性ヒューマギアで、本作品のメインヒロインの一人。
飛電インテリジェンス社長秘書として、飛電或人のサポートを全面的に行う。
一方で、飛電是之助の代から社長秘書として仕えていたと思われる描写も存在する。

人物像

機械らしく融通の利かない所があるが同時に正確かつ的確。変身のために或人の身を隠させる、或人がギャグを言う際は照明で照らすなど、あらゆるところで彼の行動のサポートをしている。

或人の発言に対して他のヒューマギア同様の機械的な反応を返すことが多いものの、その後独自でその単語の意味を検索し、生前の是之助の言葉を反映してそれを会社本来の理念とし、独断で行動に出るといった柔軟な一面も見せている。

また、口調こそ丁寧だがAI故に遠慮ない物言いをしてしまう面があり、初対面の或人の経歴を「『爆笑ピン芸人』を自称する、売れないお笑い芸人」と容赦なく説明して彼を凹ませている他、渾身のギャグが滑ったところで毎回「今のは~」と解説を入れては嫌がられているのは序の口として、第15話では敵からのとばっちりで…(詳しくは後述)。
第8話では「今のは〜」の代わりに周囲の笑顔を検索し、「ゼロです」と報告してまたも或人を凹ませた。

一人称は「私」、二人称は「あなた」。
呼称は或人には「或人さま」「或人社長」唯阿には「フルネーム+さん」、肩書きがある人物には「苗字+役職名」(実例:天津社長など)、敵キャラクターには呼び捨てで呼ぶ。
言葉遣いは相手の年齢・身分や敵味方に関係なく敬語を常用する。

ギャグとの絡み

イズ


ルックス、言動ともどこか機械的で、一見“クールビューティ”系なのかと思いきや、妙に人間くさいお茶目な仕草を見せる場面も数多く、実は“お笑い担当”なのではないのかと窺わせる一面もある。
例えば、前述の一連の流れ(或人が振る→スベる→イズが冷静に解説→或人「解説するのやめて~!」)はその後も形を変えて披露されており、既にコンビ芸としてお約束鉄板の域に達している感も……。
さらに第3話以降は、イズ自身が「アルトじゃーないと!」の決めゼリフを真似する事もある。

回を重ねるごとにギャグの切れ味はエスカレートする一方で、主な例は以下の通り。

話数主な仕草・行動
YouTube公式の変身講座或人が「変身!」と叫ぶタイミングに合わせて片耳に手を当て聞き耳を立てるポーズをしたり、最後の挨拶も構わずに質問してくるゼロワンの顔を両手で正面に向けさせたりする。
第3話或人がタブレット端末で見ていた映像を彼の背後から見ようと何度も飛び跳ねる。話のラストに初めて「アルトじゃーないと!」と言う
第4話フライングファルコンに変身したゼロワンを「行ってらっしゃいませ」と見送り、手を振る。
第5話或人(と視聴者)の気持ちを代弁するように少々寂しげな「アルトじゃないと…」
第6話
ええ愛
話のラストで或人のギャグを真似した後またもや「アルトじゃーないと!」と言う(しかも、第3話と比べるとノリが良くなっている)。
第7話
フーフーするイズちゃん
ゼロワンが自ら放った炎をマンモスマギアに吸収・撃ち返されて熱がっていた所に、冷まそうとするようにフーフーと息を吹きかける仕草をする。その後、フリージングベアーに変身したら拍手をする。
第8話
8話のイズちゃん
戦闘中ゼロワンが「お前を止められるのはただひとり!俺だ!」と言い放つのと同時にポーズを真似する。また、倒した後拍手をする。
第9話
シェスタとイズ
病院のヒューマギアをシャットダウンするかしないかで意見が対立したシェスタ互いにヒューマギア特有の電子音を発しながら睨み合う
第10話
イズちゃんのハンドサイン集
ドラマの撮影にエキストラとして参加している或人に、滅亡迅雷.netの襲来を大袈裟なジェスチャーで伝える(なお、このジェスチャー、全て演じる鶴嶋氏のアドリブだったとか)
第12話
おこなイズちゃん
イズのプロトタイプに当たるワズ・ナゾートクに「自分はイズの兄」と言われたが全く見に覚えがなかった為フリーズして驚いたような表情を取る(本人は情報を整理していただけと否定)。また、ワズが遊んでいる様にしか見えないような行動を見て、或人に「ワズは破棄するのが妥当」だと伝える時に無意識に怒っているような口調を取る。
第16話後述する出来事での機能停止からの修復が完了した後、動作チェックとしてなぜかあざといダンスのような動きをする(しかもさりげなく「アルトじゃないと」のポーズも混ぜていた)
第17話(生け花の知識がなくても大丈夫と前置きした上で)「衛星ゼアに、行けばな(生け花)……」 ついにオリジナルギャグを披露した。 或人「イズがどんどん俺色に染まってく~…!」
第19話 住宅販売ヒューマギア 住田スマイルを紹介する際、「スマイル住まい」と、再びオリジナルギャグを披露するが、対抗馬の新屋敷に「だっさww」と見下され、不愉快そうに顔を顰める。(因みにこのギャグは或人からは「うまい!」と評価され、以降スマイルのキャッチコピーとして使い回されることになる。)
第21話
言っちゃったイズちゃん
ザイアスペックのセキュリティロックを「力ずくで外せばいい」と言った不破に「力ずくでは外れません」と冷静に注意したかと思いきや、首を傾げながら「あなたは、ゴリラですか?」と問う(それも2回。しかもこの時パンチングコングの変身音が裏声で流れた)。そして、怒った不破とそれをなだめた或人の様子を不思議そうに見る。
第22話
ひょっこり
或人に自分からギャグをせがみ、そのギャグに合わせてポーズをとった後揃って「アルトじゃーないと!」を決める。
第23話
バツイズ
縁結びマッチとても放送できない最低最悪の言葉を言い放った際、両手で×を作るイズのマークが表示された。これはイズがマッチにせがまれて仕方なく教えたものであったため、口にしたのを目の当たりにしたイズは或人に謝罪している。ちなみにこの回にゲスト出演していた小宮有紗氏と絡めて、このマークに「ブッブーですわ!」を連想した視聴者が多かった模様。
第25話
かぜひきイズちゃん
衛星ゼアと通信できなくなった状況を自分の不調によるものと思い込み、頭に氷嚢を乗せて扇風機で冷却を試みる。(しかも扇風機の前で「あ゛~」と発声するおまけ付き。これには或人も「ヒューマギアも風邪ひくの!?」とノリツッコミをしていた)。
第26話消防士対決に挑む姿勢を示すかの如く、天津垓に向かって或人と一緒に拳を前に突き出して「うぇーっ!」と威嚇する

といった具合。

芸人志望の主人公よりも笑いのセンスに溢れているように見えるのは、たぶん気のせいではない……

(このようなノリの良さから、後述のシンギュラリティへの到達(第30話)の際は、「え? これでまだシンギュラリティに達してなかったの??」という、ファンからの少なからぬツッコミも沸き上がっていた)

ゼロワンのサポート

飛電ゼロワンドライバーの製造開始と同時に起動するなど、本来は社長秘書というよりゼロワンのサポート用のヒューマギアであるらしく、彼女が観測した戦闘データを通信衛星ゼアにアップロードすることで新たなプログライズキーが製造される。
兄のワズ曰く、彼と共に「ゼロワン計画」の中枢を担うヒューマギアであるという。機密保持のためバックアップが存在せず、中枢ユニットであるセントラルメモリーを失うことは人間で言う「死」を意味する(後に造られたヒューマギアプログライズキーが実質的なバックアップになったが)。

仮面ライダーゼロワン見てたら見事にイズちゃんにハマりました。


当初はアタッシュカリバーを投げてゼロワンの顔面にクリーンヒットさせてしまうなど、まだまだラーニング(学習)中な様子を見せた。

イズ (02)
イズ (04)


機械らしく想定外の事態への対応も苦手なのか、第7話ではバルカンにアタッシュカリバーを勝手に借りられて何も言えず呆然としていた。
しかし第8話では、的確な戦術を見つけ出し各種プログライズキーを順番に投げて渡すなどのサポートを見せている。

次第に運動能力の高さも見せ始めており、第9話ではブレイキングマンモスプログライズキーを届けるために現れた際、或人がたまたま言い放ったギャグを解説しつつ足から火花が出るほどのスライディングを決めながら彼の下へやってきた
第12話では戦闘中シャイニングホッパープログライズキーの完成を知って尋常ではない速足で本社まで戻って取りに行き、よりダイナミックなスライディングでゼロワンの手に届けた
第14話では仮面ライダー雷の撃破後、彼が奪っていたプログライズキーをこれまた尋常ではない速さで回収している。
因みにこの運動能力の高さなどから視聴者からは一時「イズも戦えばいいんじゃないかな」と言われていたが、元から彼女は戦闘には消極的で自身が敵に襲われそうになった時は素直に逃げており、後述の負傷があってからは近くでサポートすることは避けているので言われなくなっている。

スライディングをするイズちゃん
急ブレーキするイズちゃん



一方で責任感も強く、第13話でゼロワンが自分を庇って変身解除され撤退を余儀なくされた際は「社長秘書失格です」と謝罪、シャイニングホッパープログライズキーを完璧にするために(バックアップがない事を承知の上で)自身が記録したデータをセントラルメモリーごと全てゼアに差し出そうとまでした。

そんな中、第15話ではバルカンによって倒された滅と心配して駆け寄る迅の前に現れ、「見事、討伐されたようです」笑顔で確認。しかしそれを目の前で聞いて激怒した迅に攻撃され機能停止してしまう
一人で敵前に現れたのは、学び過ぎたが故の失敗であろうか(迅の行為自体は過去の自分達の悪行を棚に上げた行動である以上、文字通り因果応報でしかない)。幸いセントラルメモリーの方は無事だったため、或人と宇宙野郎昴によって飛電インテリジェンスの社長室のラボにある多次元プリンターで破損部を修復されたことで見事復活を遂げた。
以降は、或人の成長も相まって逃げ遅れた一般人・非戦闘用ヒューマギアの避難誘導に徹するようになり戦闘のサポートは見られなくなった。
しかし、第24話では久々に運動能力の高さを発揮。メタルクラスタホッパーの力で暴走するゼロワンの前に空中でダイナミックに一回転しながら回り込み、プログライズホッパーブレードを握らせ暴走を止めるという活躍を見せた。

シンギュラリティへの到達

第30話にて、飛電インテリジェンスを買収した天津の意向で全ヒューマギアの廃棄が決定、イズも社長室のラボスペースで機能停止させられていたが、或人の依頼で動いた迅にボディを持ち出され、或人が管理していた自身のヒューマギアプログライズキーで再起動を果たす。
あくまでも「飛電インテリジェンス社長秘書」という役割に縛られていたが、或人と迅から「これからは自分の意思で行動しろ」と言われ戸惑う。
その最中に襲ってきたサウザーとバトルレイダーから自分を守ろうとする或人の姿を見てシンギュラリティに達し、ネットを介して独断で飛電製作所の設立手続きを実行、自らの意思で「或人の秘書」としてヒューマギアのために働くことを宣言した。
その影響か、第34話では事態に遅れて登場した諫に対して「社長出勤ですか?」と嫌味ともとれる発言をした。

もうひとりのイズ?

イズ


OPではイズに似たロングヘアのヒューマギアが登場しており、赤い目をしていた事から「マギアになっているのではないか?」「イズはそのヒューマギアと何か関係があるのでは?」という疑惑があった。

そして、物語も後半に差し掛かった頃、この姿をしたイズが登場したのだが…。
詳細は専用項目を参照。

余談

仮面ライダーシリーズにおける、いわゆる「人外相棒」の1人。
機械系ヒロインという立ち位置が放送開始して間もなく視聴者達の心を鷲掴みにし、早くも本作を代表する人気キャラクターとなり、遂にはフィギュアなどのグッズ化もされるというライダーヒロインとしては異例の事態に。ただ、その人気の裏腹、OPでの不穏な描写から悲惨な結末を予想する人も多い。

名前の由来は何処(いずこ、どこ)では無いかと言われており、ちょうど飛電家の人物に使われている「こそあど言葉」の法則にも引っ掛かる人物である。そのため「イズは或人の血縁者をモデルに作られたのでは?」という考察も。(メインライターの過去作では主要人物の親族に深い関係を持つキャラクターが登場している)
ちなみに、ゼロワン公式サイトにおけるイズの紹介ページのURLでは、名前の綴りが「IZU」となっている。また、be動詞の「is」の意味が込められていることが公式ポータルサイトの第12話の予告で語られている。

なお、飛電家の墓碑には是之助、其雄(ヒューマギアと人間両方)、嘉乃(恐らく或人の母親)、一子(恐らく或人の祖母)の名前が彫られているが、この内、一子がイズのモデルとなったのではないかと考察する声も。(説としては一子→いちこ→いちす→いず→イズと言うものである。また、中国語で一子はイズと読む。)

演じている鶴嶋氏は本来ロングヘアだが、イズを演じる際には毎回ウィッグを着用している。ロボットなので汗をかくことができず、さらに耳あて(ヒューマギアモジュール)と露出の少ない衣裳をまとっているため、夏場の撮影には苦労していることが番組公式サイトで語られている。

オロナミンCのCMに出演しており、仮面ライダーシリーズ史上初のライダーではない人物がオロナミンCに関わる(しかも女性キャラで)という快挙を成し遂げた。

関連イラスト

イズかわいい
イズし



関連タグ

仮面ライダーゼロワン 飛電インテリジェンス ヒューマギア
ライダーヒロイン アンドロイド 秘書 人外相棒(仮面ライダーシリーズ)

仮面ライダーグミ:今期CMにはイズを意識したナレーションがついている。

スマートレディ仮面ライダーにおける社長秘書つながり。服装も似ている?ただ明確に機械であるイズとは違い、彼女自身の正体はオルフェノクなのか人間なのか、あるいは同じ機械なのか未だに不明である。

詩島霧子:人間ではあるが、初期の頃は感情的なシーンが殆どなかった同じ仮面ライダーのヒロイン。こちらの作品でも敵が人間によって作られた機械生命体である。

ラプター283:アンドロイドの秘書繋がり。こちらは機械である事をアピールしているフォルム
ルールー・アムール:30分前に登場した企業所属のアンドロイド繋がり。なお立場はバイトであったが、離反後は正式に女子中学生として就学し、直接戦闘にも関わる。こちらも一度は機能停止を経験。

レム(ウルトラマンジード):主人公に変身アイテムを授けサポートするAI繋がり。一時的ではあるが女性としての肉体も得ている。

アンリ(巨獣特捜ジャスピオン)エリー(ウルトラマンマックス)ロビーナ:アンドロイドの特撮ヒロイン繋がり。

アンドロイド少女ゼロワン:こちらは自身の名が「ゼロワン」。悪役である。

ゼロガールズ:女性型アンドロイドのチーム。悪役であり、メンバーの1人が「ゼロワン」という名前である。

AL-3アリス:主人公のパートナーであるアンドロイド繋がり。

アイラプラスティック・メモリーズに登場する『ギフティア』と呼ばれた高性能人型アンドロイドのヒロイン。企業所属に主人公とパートナー等の繋がりもある。

レイシアBEATLESSに登場する『hIEレイシア級』と呼ばれた高性能人型アンドロイド。アンドロイド、秘書、ヒロイン繋がり等、他にはイズの様に主人公を物語へと導いた等の繋がりがあるが、こちらは兵器としての側面も持つ(直接戦闘に関わる)。

J.A.R.V.I.S.:ヒーローであり社長である者を支えるAI。イズとは秘書としての役割を兼任している他、彼も紆余曲折を経てアンドロイドとして活動することとなった繋がりがある。

旭川ピリカ放送時期が重なる特撮ヒーロー番組のヒロイン。終盤でとんでもない共通点を持っている事が判明してしまう(ネタバレ注意)。

アスナ(リュウソウジャー)30分後のヒロイン。演じる尾碕真花氏とイズ役の鶴嶋氏は同じ高知県出身。

ツクヨミイズ→???

人外相棒

???(※リンク先ネタバレ注意)イズ→???

関連記事

親記事

ヒューマギア ひゅーまぎあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イズ(仮面ライダーゼロワン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10423570

コメント