ピクシブ百科事典

飛電是之助

ひでんこれのすけ

特撮番組『仮面ライダーゼロワン』の登場人物。
目次[非表示]

「さぁ飛び立とう……夢に向かって!」

演:西岡徳馬

概要

飛電インテリジェンスの創業者にして、飛電或人の祖父。
人工知能搭載人型ロボ「ヒューマギア」を開発した。

第1話開始時点で他界している(命日:新2019年8月30日)。享年75歳。
その遺言状で「飛電インテリジェンスが派遣する大量のヒューマギアが、心なき存在利用されて人類を襲う」こと、「ゼロワンドライバープログライズキー用いてそれに対抗せよ」と記し、その唯一の使用権限者である飛電インテリジェンス社長に孫の或人を任命した。

何故、孫の或人に社長の座とゼロワンドライバーを託したのかについては不明。会社運営の経験もなければ戦闘経験もない上、或人は祖父とはあまり付き合いがあったわけでもないようなので、現状は謎だらけである。

また、過去作で主人公の親族が黒幕である事が多かった点や、冬映画ではあるヒューマギア「自分達に報酬はないのか?」と言う趣旨の問いに対し「勉強熱心だねえ」とごまかした点等から、どこか怪しいと見る視聴者もいるが……?(但し、後に現れたアナザーゼロワンに対し、社長でありながら自らの身を呈して、部下の福添を守っている)。
まぁ、上記のやり取りは言ってしまえば、洗濯機や冷蔵庫が報酬を求めてくるのとほぼ同じな為、発言を濁したのは仕方ないと言えるが、ヒューマギアに対し良く言えば「適切な距離を取っている」、悪く言えば「『創造者と被造物』以上でも以下でもない関係に徹している」とも言え、或人とは違って中庸なスタンスの持ち主である。ただ、あの時点ではまだヒューマギアをプレゼンする段階であり、上記の対応は機械が想定外の行動をした事に疑問を抱いたと考えれば、一旦濁すのはおかしいことではないし、その異変を調べる事に関しては組織の上に立つ者の行動としては決して間違っていないだろう。また、本編ではワズを「我が友」と呼んでいたりしているので、亡くなるまでの間にヒューマギアへの心境が変わっていてもおかしくは無いだろう。

ZAIAエンタープライズ天津垓とは親交があり、彼からは尊敬されている様子であった一方、ヒューマギアに傾倒した姿勢や、或人を社長に任命した事等を疑問視もされている(但し、株主やスポンサーでもない外部の人間が、そう言った人事にとやかく言える立場でないのが事実である)。

余談

演者の西岡氏は仮面ライダーシリーズ初出演。ウルトラマンシリーズではウルトラの父の声を演じている事でお馴染みである。
奇しくも彼の孫であるタイガも、令和ウルトラマン主役第1号を務めており、令和仮面ライダー・令和ウルトラマン両方の祖父役となっている。但し、西岡氏はウルトラマンタイガ』には出演していない為、彼自身をウルトラの祖父と呼ぶのは早計である(最後の出演はウルトラマンジード劇場版)。

設定上はかなり重要な立ち位置にいる筈の人物なのだが、TV本編で彼が登場するシーンが殆ど無く外伝作品彼らのように内面などを掘り下げた作品も今の所存在しない。
その為そこまで関わりがあった訳でもない主人公を何故社長に任命したかも結局不明のまま本編は幕を閉じてしまった
「ゼロワン」本編にはコロナ禍の影響で、元々想定されていなかったであろう総集編回が何度か設けられており、実質その話数分の放送期間を減らされ、本来想定されていたシナリオ通りには進んでいなかっただろうと推測できる。コロナさえ無ければ本編中で是之助の意図がきちんと説明されたのかもしれない。

だが、たらればの話ばかりしていてもしょうがないので今後、彼もメインで描かれる外伝作品が製作され、不明瞭だった部分が語られることに期待したいところである。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン 飛電或人 飛電インテリジェンス
巽マトイ/ゴーレッド・・・中の人はリアルでは彼の甥にあたり20年前の戦隊の主人公。東映特撮では彼の方が先輩になる。

関連記事

親記事

飛電インテリジェンス ひでんいんてりじぇんす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「飛電是之助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28021

コメント