ピクシブ百科事典

ゴリライズ

のうきんのへんしんほう

ゴリライズとは、仮面ライダーゼロワンに登場するライダーバルカンへの変身方法である。

概要


ゴリライズとは、仮面ライダーゼロワンに登場する2号ライダー仮面ライダーバルカンの変身者である、不破諫の仮面ライダーへの変身方法である。

本来、仮面ライダーゼロワンに登場する仮面ライダーは、変身用のキーアイテムであるプログライズキーを変身ベルトへと差し込み、オーソライズ(認証)することで変身するのが正規の変身方法である。
さらに、エイムズショットライザーでの変身の為には、あらかじめA.I.M.S.上層部から変身ガジェットの使用許可が下りた状態で変身ガジェットにキーを挿し、プログライズキーを展開することで仮面ライダーへ変身することが可能になる。

しかし、バルカンの変身者である不破諫は、この前提を覆し、ロックのかかったプログライズキーを筋力で無理やりこじ開けてから、変身ガジェットに挿し込んで仮面ライダーに変身するという、視聴者の斜め上を行く変身を見せた。

そう、これこそがゴリライズの由来である。

そして第4話では本当にゴリラの力を手に入れてしまった。

勿論、正規の変身方法ではなく、そもそも精密機械への取り扱い方としては殆ど破壊行為に近いのだが、何故か第2話での初変身以降も、劇中で彼に正規の変身許可が下りた形跡はなく、先に無理やりプログライズキーを開いてから変身する(さすがに最初は力みながら両手でこじ開けていたが、2回目以降の変身ではロックが壊れてしまったのか胡桃を割る要領で片手でこじ開けていた)という、間違ったプロセスでの変身しか披露されていない。
そのため、一部視聴者からは「オーソライズしてから開けるのが正しい使い方だという事を不破は単に知らないだけなのでは?」という声もある。

しかし、第6話から登場した滅亡迅雷フォースライザーと異なり、一応ちゃんと「オーソライズ」の音声は鳴っているので、もしかしたらロックだけ腕力で解除しただけでオーソライズはされているのかもしれない…?(A.I.M.S.側が設定しているのはデータ端子への物理的な接続を防止する『ロック機能』だけで、キー側からの勝手なデータ出力を防ぐ『接続権限』を解除するための操作(プロトコル)がオーソライズという考え方)

関連記事

親記事

不破諫 ふわいさむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴリライズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13603

コメント