ピクシブ百科事典

目次[非表示]

【警告】この記事には、『ゼロワン_Others_仮面ライダー滅亡迅雷』の多数のネタバレ要素が記載されております。閲覧の際はご注意下さい。


マスブレイン!

概要

ZAIAエンタープライズが開発したマスブレインシステムを搭載するゼツメライズキー。
CEOのリオン=アークランドが画策するソルド計画の要であり、ZAIAが開発した兵士型ヒューマギア「ソルド」の左腕に共通して装着されている。
リオンの思惑によって拉致された迅に装着される事となり、彼を経由して滅亡迅雷.netのメンバー全員がマスブレインシステムに接続、このゼツメライズキーと滅亡迅雷ドライバーを使い仮面ライダー滅亡迅雷へと変身する。


外観

一言で言うなら紫色になったアークワンプログライズキーしかしながらアークワンの顔に当たる部分は変身するライダーのそれに準じたものになっている。(ドライバー側も同じようなシルエットになっているのを踏まえると、モチーフ元にはこれも入っているか。)キーの内部には、滅亡迅雷.netに酷似している謎のマークが存在する。このマークと同じものがソルド達の服や仮面ライダー滅亡迅雷の胸に刻印されている事から、マスブレインシステムのマークと思われる。

機能

生物の力を持たない初のゼツメライズキーであり、ロストモデルの代わりにマスブレインシステムが搭載されている。(外観がアークワンプログライズキーとの類似性を踏まえると、顔の箇所がマスブレインシステム本体、マークの箇所が接続口の特殊チップと思われる。)これにより装着したヒューマギアやソルドはマスブレインシステムに強制的に接続され、他の接続したソルド達と統率の取れた集団行動を取る。システムへの接続はリオンの権限で解除も可能である。

ゼツメスターターを押すと、右目に当たる部分が紫色の光を放ち、滅亡迅雷.netの4人をマスブレインシステムに接続。内部でシンギュラリティに到達した滅亡迅雷.netの4人で合議制が覆されると、それぞれの手のひらにキーが出現、この状態でキーのゼツメスターターを押すと自動で開閉が行われ、ドライバーへの接続と現実空間での仮面ライダー滅亡迅雷の構築が可能になる。(なお、この時現実空間で倒れている迅の滅亡迅雷ドライバーにもキーが装填されているのを確認できること、そして滅亡迅雷ドライバーのアタッチメントがオーソライザーに被さり、オーソライズによる開閉を想定していない作りになっていることを踏まえると、現実のマスブレインゼツメライズキーもマスブレインシステムによる認証での自動開閉は可能と思われる。)このように、変身前に取り出すキーと変身プロセスに使用するキーと変身後にドライバーに装填されるキーが何れも別物という特殊なアイテムになっている。

余談

マスブレインが絶滅種としてカウントされた理由は不明。可能性としては次のものが考えられる。



  • 変身時に4人のボディから流れ出た光の流れが不完全なデータイメージ、すなわちロストモデルとしてカウントされたため。(ゼツメライズキーと滅亡迅雷フォースライザーの組み合わせで変身した仮面ライダーは、キーが仮面ライダーへの変身を想定しているか否かに関係なく、変身プロセスでは何れもエネルギーの放出とアーマーが生成されるだけで、変身後の形態でも元になった生物のロストモデルの使役が確認できないため、ロストモデル自体がオーバーブーストをしても形を保っているライダモデルと比べると、不完全な状態になっている事が示唆されている。)

立体物

特撮テレビドラマ『仮面ライダーゼロワン』のVシネマ作品『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』のBlu-ray&DVDの初回生産限定版に、「DX滅亡迅雷ドライバーユニット」とともに同梱。

こちらより先に発売されていたメモリアル仕様のキーと同じ仕様となっており、モード変更で変身時の印象的な呻き声等が再現された劇中仕様の変身音を鳴らすことができる。
また、変身前の状態ではVシネマにおける滅亡迅雷.netの4人のセリフが、変身後は特徴的な仮面ライダー滅亡迅雷のセリフがそれぞれ再生できるようになっている。
ただし、後編へ続く形でありながら前編付属で商品化された都合上、後編でも重要な活躍をするにもかかわらず後編のセリフは収録できていない状態となってしまっている。

関連タグ

滅亡迅雷.net 仮面ライダー滅亡迅雷
滅亡迅雷ドライバー





集合知 三人寄れば文殊の知恵

関連記事

親記事

仮面ライダー滅亡迅雷 かめんらいだーめつぼうじんらい

子記事

兄弟記事

コメント