ピクシブ百科事典

ジャパニーズウルフ

じゃぱにーずうるふ

ニホンオオカミの英名。また、特撮番組『仮面ライダーゼロワン』に登場するゼツメライズキーの一つ。
目次[非表示]

ジャパニーズウルフ!
"Awakening the instinct of a beast long lost."

概要

仮面ライダーゼロワン』に登場するゼツメライズキー
仮面ライダー亡及び仮面ライダーオルトロスバルカンの変身に使用される。
形態名で扱われないのは、仮面ライダー雷と同様にゼツメライズキーを使う仮面ライダーに原則的にフォーム名は存在しない為である(仮面ライダー1型はこの例に該当しない)。

英文を意訳すると「長きに渡り失われていた獣の本能を呼び覚ます
オルトロスバルカンの場合の「two」の部分が「a」に変わったのみである。

ジャパニーズウルフゼツメライズキー


Naki Japanese Wolf



哺乳類の絶滅種ニホンオオカミのデータイメージ「ロストモデル」が保存されているゼツメライズキー。カラーはホワイトシルバー

通信衛星アーク滅亡迅雷フォースライザーと共に作成し、に手渡した。

ゼツメライズキーとしてもプログライズキーとしても異質のゼツメライズキーであり、ゼツメライズキーを用いて変身する仮面ライダーサウザーアウェイキングアルシノ仮面ライダー1型ロッキングホッパーのように名称が「~ing+動物の英名」でもなく、仮面ライダー雷のマギア用のようにマギアの名が明記されたゼツメライズキーとも異なる。そのため、この仕様のゼツメライズキーはジャパニーズウルフのみとなる。
ただ、モデルになった生物自体が「ニホンオオカミ」という名称なので、命名法則自体は通常のゼツメライズキーと何ら変わりはない。
ロッキングホッパーに関しては、あれそのものが最早プログライズキー及びゼツメライズキーのオリジナルと言える存在な為、違うのは当然と言えばそうなのだが。

モデル

モデルの「ニホンオオカミ」は、19世紀に日本の本州、四国、九州に生息していたオオカミの一種。「ニホンオオカミ」という名称は明治時代になってからのもので、以前では「ヤマイヌ」とも呼ばれている。
ツキノワグマとともに生態系の頂点に君臨していた肉食獣だったが、1905年に奈良県で捕獲された個体を最後に発見されなくなり、絶滅した考えられている。
また、確認例が少なかった為に明確な資料が少なく、生態についても謎が多い。

大きさは日本の中型犬並みの大きさでオオカミ類のなかではもっとも小型のグループで、足や耳が短いのも特徴。テリトリーに入った人間を認識すると後ろを監視する様に付いて来る習性があり、それが「送り犬」という妖怪のルーツになったとも言われている。

玩具版

「DXメモリアルプログライズキーセット SIDE A.I.M.S.&ZAIA」にメモリアルバージョンが付属。
不破諫・亡の劇中セリフの他、他のメモリアルキーと同様に変身音声と必殺技音声も劇中の演出が収録されている。
通常モードでは亡と仮面ライダー亡の音声だが、エデンゼツメライズキーと同様に長押しによって不破諫と仮面ライダーオルトロスバルカン用の音声に変化する。

ゼロワンドライバーに使用すると通常モードでは「The roar of victory!ジャパニーズウルフ!」、オルトロスバルカン用では「Unbreakable immortal!オルトロスバルカン!」の音声が追加される。
英文意訳は、通常モードでは「勝利の咆哮!」、オルトロスバルカン用では「壊れない不死身!」転じて壊れない=不壊ということで「不死身の不破」か。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン  ゼツメライズキー
仮面ライダー亡
仮面ライダーオルトロスバルカン

仮面ライダー関係

本項では便宜上、仮面ライダーの形態に関するタグも記載する。
ロッキングホッパー:同じく現生する生物のプログライズキーが存在するゼツメライズキーを用いた形態。
シューティングウルフアサルトウルフ:同作の狼をモチーフにするライダーの形態。
ガルルフォームスマホウルフフォーム:こちらは他作品で狼をモチーフにするライダーの形態。

特撮関係

ガオシルバー:ニチアサの銀の狼モチーフ繋がり。

関連記事

親記事

仮面ライダー亡 かめんらいだーなき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャパニーズウルフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77413

コメント