ピクシブ百科事典

アサルトウルフ

あさるとうるふ

特撮番組『仮面ライダーゼロワン』に登場する形態の一つ。
目次[非表示]

オーバーライズ!
レディーゴー!アサルトウルフ!
"No chance of surviving."

不破「本当の怒りがどういうものか…教えてやるよ!」

概要

エイムズショットライザーアサルトウルフプログライズキーをセットすることで変身する、仮面ライダーバルカンの強化形態。中間フォームに該当する。
変身時には、カプセルの炸裂と共にオオカミの幻影が飛び込んでくる演出が入る。

英文の意訳は「生き残る術などない」。
その警告対象は、対峙する相手とも変身する不破自身とも取れる。

容姿

アサルトウルフ


全体的に明るいブルーとホワイトをベースカラーにしていたシューティングウルフに比べ、全体のカラーリングが深みのあるブルーとブラックに変化している。
また、ボディスーツのベースカラーはシューティングウルフと同じシルバーだが、カラーが深みのあるものへと変更されている。

スペック

身長199.7cm
体重119.6kg
パンチ力25.7t
キック力57.8t
ジャンプ力32.4m(ひと跳び)
走力2.0秒(100m)

「アサルト(強襲)」の名の通り、新たに全身に備えられた重火器により戦闘能力が大きく向上している。
各部の特殊装甲には短機関銃などを選択・装備できるハードポイント、マイクロミサイルなどを搭載したウェポンベイが設けられ、作中では両腕からの銃撃などを行っている。

胸部中央の「オービタルバインダー」は各種センサからの情報をもとに捜索から戦闘までの一連の動作効率を最大化する補助を行うが、一方で安全装置や生命維持装置などは一切廃されている
そのため使用者への負担は極めて大きく、変身後の不破は吐血し立つこともままならなかった。

第15話では連続使用でのダメージが重なり「次変身したら死ぬ」と警告されても尚使用を強行したため、見かねた唯阿が戦闘中無理矢理キーを外して変身解除させるほどだった。
しかし、徐々に慣れ始めたのか、第18話でサウザーの「サウザンドディストラクション」を受けて変身解除された際、攻撃によるダメージはあったものの、不破自身には何の負担も見られなかった。ただ、この時期はが本格的に活動し始めた時期なので、一応反動が無くなった説明はつく。

「オービタルバインダー」は滅亡迅雷.netが有するアークと同期しているような演出がみられる。

によれば、アサルトウルフプログライズキーは滅亡迅雷.netしか使用できないはずだったが、不破が変身できたのは彼の脳内に埋め込まれていたの人工知能チップの影響によるものだったことが第29話で判明している。
ただし、前述の初期の身体への負担やプログライズキーを力任せに解錠していたことから、何の問題もなく使用できていた訳ではないため、何らかの無理を通して変身していた可能性がある。

第32話では、アサルトウルフと亡が入れ替わるように戦ったり、不破が亡に語りかけながら戦う演出が行われ、ランペイジバルカンフォームチェンジした(何気にバルカンが他の形態からフォームチェンジを行うのは、この時が初めてだった)が、この形態の状態でサウザー相手に今までにない程に互角に渡る実力を発揮した。

必殺技

オーソライズバスターを使用するものを除き、いずれも技名に「マグネティックストーム」(磁気嵐)がつく。
機械は強い磁力に弱いため、不破のヒューマギアに対する憎しみが宿っているともとれる。

  • マグネティックストームブラストフィーバー
アサルトチャージ!
アサルトウルフプログライズキーの操作で発動。
エネルギーで狼の頭部を足先に形成し、空中を回転しながらキックを叩き込む。
他の形態と同様に技が当たる瞬間に技名が表示される。

  • マグネティックストームブラスト
アサルトチャージ!
上記の技と同様の動作をバックル部分にセットせずに行い発動。
狼型のエネルギー弾が相手に噛みつき、空中を暴れ回りながら撃破する。
他の形態と同様に技が当たる瞬間に技名が表示される。
ガンバライジングではパンチで敵を吹っ飛ばした後、起こした地割れで敵を拘束しキックでトドメを刺す技になっている。

アサルトウルフプログライズキー

Vulcan Assault Wolf


アサルトバレット!

知能が復活したアークが製造した新たなプログライズキー。
「ライダモデル」を武装特化型として運用するための「アサルトグリップ」が装着されており、取り外しも可能
作中で初めて"~ング"というプログライズキーの名称法則から外れたキーであり、メタルクラスタホッパーランペイジガトリング登場までは唯一だった。

キーを受け取ったがゼロワンの銃撃を受けて取り落とし、不破が拾い上げ入手。
不破は滅亡迅雷.netへの怒りからこじ開けて使用した。

武装

オーソライズバスター

衛星ゼアが仮面ライダーゼロワンシャイニングホッパー武器として製造したもの。
初回は或人から貸与されたが、その後は手元を離れたところを拾ったり、交戦中に奪ったりしている。ただし機能の関係でゼロワンオーソライズは発動できないので、ゼロワンがゼロワンオーソライズをしてから渡した事もある。

いずれもガンモードで使用しており、正式に与えられたものでないにも関わらず、OPでもアサルトウルフが使用している。
メタ的に言えばアックスモードでは斧の部分にバッタの柄が描かれている為使用しないのだと思われる
またガンモードのデザインはアサルトウルフと同じく全体的に青く、玩具版のパッケージにはシャイニングアサルトホッパーと一緒に写っていることから、公式側がアサルトウルフが使用しても違和感の無いデザインにした可能性が高い
シリーズから見てもこういった形で他のライダーも使用する事を前提にしたデザインの武器が登場するのは中々珍しいと言える。

なお、使用したのは初期のみで第25話でゼロワンから借りる形で使用して以降、現状は使っていない。

余談

  • 「変身者に負担がかかる」設定と「敵対勢力から奪ったアイテムで変身する」設定はどちらも平成ライダーではよくあるもので、平成ライダーの王道を引き継いでいると言えるが、実はこの2つの条件を兼ね備えた2号の強化フォームに限定すると案外前例は少なく、仮面ライダーブレイブのレベル50ぐらいしかない。
  • 平成ライダー2号ライダーからすると、強化フォームが第14話で初登場するのは、かなり早い方(次に早いのは『ビルド』第17話のクローズチャージだが、クローズは序盤から登場していないため、登場ペースの速さという観点では一概に比較できない)。
  • 不破はZAIA編に入ってからこの形態を完全にバルカンの基本形態として扱っており、当初見せた肉体への反動は全く見られなくなった。これは「ゲイツリバイブのように徐々に慣れたからではないか」と推測されることが多いが、そもそもデメリットが無くなったのがレイダーが登場してから=亡が行動し始めた頃からなので、反動が無くなったのは伏線だったのでは?と考察している視聴者も多い。また、これによりアサルトウルフが滅亡迅雷にしか使えないと言う点も回収したと言える。


関連記事

仮面ライダーゼロワン  仮面ライダーバルカン  シューティングウルフ
アサルトウルフプログライズキー
中間フォーム  強化フォーム  強化ライダー
アサルトグリップ

シャイニングホッパー  シャイニングアサルトホッパー

ランペイジバルカン:更なる強化形態・最強フォーム

亡(仮面ライダーゼロワン)

2号ライダー強化フォームタグ

ファンタジーゲーマーレベル503作前の中間フォーム。前述の通り(余談参照)、「変身者に負担がかかる」設定と「敵対勢力から奪ったアイテムで変身する」設定を兼ね備えた数少ない前例。奪い取った相手から「扱いこなせる代物ではない」と指摘されたのも同じ。

ゲイツリバイブ前作2号ライダーの強化フォーム。「変身者に負担がかかる」設定持ちで、変身解除後に流血するのも同じ。

クローズチャージ2作前の同時期の中間フォーム。こちらも「変身者に負担がかかる」設定持ち。

関連記事

親記事

仮面ライダーバルカン かめんらいだーばるかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アサルトウルフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179222

コメント