ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ナチュラルパワーは野性の力! キュアゴリラ!


概要編集

スマイルプリキュア!第17話にてゲスト出演したFUJIWARAの2人がバッドエナジーの拘束を跳ね除けたことで、キャンディから6人目のプリキュアではないかといわれ、原西孝幸が変身…しようとしたプリキュア。

だが当然変身することはなく、相方の藤本敏史からは「変身できてへんやんけ!」と突っ込まれた。

しかし、このギャグによってアカンベェが笑って体勢を崩したため、結果としてプリキュアの勝利に貢献した。


その後はFUJIWARAの持ち芸のひとつになったようだ。


1度きりの登場にもかかわらず、しっかり変身バンクっぽいシーンも用意されている(スマイルパクトは代わりに携帯を使い、変身中の効果音は全て原西のアフレコ)。

キュアキャンディのときといい、このスタッフ、ノリノリである。

ちなみに決めゼリフと変身ポーズは原西が自分で考案したもの。

口上は「ピンクのハートは愛あるしるし」などの『フレッシュプリキュア』のものに沿った形になっている。


娘の影響で『フレッシュプリキュア!』(正確には『Yes!プリキュア5GoGo!』の後半)からプリキュアシリーズを見始め、「何とかプリキュアに出るのが夢」と語っていた原西にとっては、『ハートキャッチプリキュア!』、『スイートプリキュア♪』と間を挟んでついに夢が叶ったことになる。ちなみに『フレッシュプリキュア!』以前の作品は再放送で全話見たとの事。


まさかの再登場編集

そして、HUGっと!プリキュア42話、またまた現れた「自称」プリキュアであるキュアアンフィニの登場回で、「男性プリキュア」というワードでこのキュアゴリラを連想する視聴者を想定してか、(セリフ無しでのカメオ出演ではあるものの)まさかの6年ぶりの再登場を果たした。


全プリキュア大投票編集

2019年9月14日にNHKBSプレミアムで放映された番組『全プリキュア大投票』のキャラクター部門ランキングにてこのパワーワードが大きく響き、第3位に入り込んだ。


さらに、番組にゲストとして呼ばれていたキュアゴリラご本人HKT48の地頭江音々による生変身ポーズも披露された。


プリキュアオールスターズF編集

終盤でのミラクルライトを振るシーンで2人そろってモブ登場。なお、登場はしていないが、これまでのTVシリーズと映画にゲスト登場してタレントが演じていたキャラクター(一部は本人役、オリエンタルラジオ2が演じた『春のカーニバル♪』のオドレンウタエンは牢屋に収監されている形)と着ぐるみキャラクター(『映画 ハピネスチャージ』に登場していたふなっしー、『映画 魔法つかい』と『デリシャスパーティ♡プリキュア』に登場していたくまモン)もミラクルライトを振りながら、歴代プリキュアを応援したかもしれない。

映画公開を踏まえた特別番組「みんな集まれ!プリキュアゼミナール」という番組が全6回でYouTubeに限定配信されその動画の進行役を演じることになった(相方の藤本は生徒として参加)。

先代?編集

前番組である『スイートプリキュア♪』の主人公、北条響がゴリラのモノマネを披露したことから、彼女もキュアゴリラといわれることがあったりなかったり。⇒ゴリラ響

ウッホッホー!響先生、あかねちゃんと大奮闘ニャ♪


変身ポーズ関係編集

ギャグにしか見えへん編集

ダウンタウンDXにおいて、「FUJIWARA原西はプリキュア8人の変身シーンを覚えた」として、

その内のキュアピーチキュアパインキュアパッションの決めポーズを披露。

キュアベリーは娘専用なのでしなかった。いろいろと相違点はあるものの、非常にキレがよい。

藤本からは「お前がやると全部ギャグに見える」と突っ込まれた。


また、変身シーンの説明時に衣装が装着されることを「カチーン、カチーン」と表現しており、『スマイルプリキュア!』放送時の変身シーンで再現された。

この番組に限らず、『クイズ!ヘキサゴン』など他の番組でもポーズを披露している。


握力強いのは野生のしるし!編集

2010年に放送されたジャニ勉において、原西の「娘の影響でプリキュアにハマっている」という話から、出演者にプリキュア(当時はフレッシュプリキュア!が放送されていた)の変身ポーズを真似てもらうという羞恥プレイを行う。

4人分の変身ポーズの収録後、唐突に現れた原西が自身のオリジナルの変身ポーズを演じ、全てを掻っ攫っていった。

ちなみにこの時に変身しようとしたのは「ハゲゴリラ」である。


キュアト音記号!編集

『スイートプリキュア♪』の製作発表の応援に駆けつけ、作品への出演を熱望。

キュアメロディキュアリズムに続く新キャラクターを考えたとして、「爪弾く音楽の始まりが私! キュアト音記号!」と叫びながら変身ポーズを披露したが、満場一致で不採用だった。


アカン警察ニアミス事件編集

爆笑!大日本アカン警察にて原西が「プリキュア好きの子供はプリキュアギャグで笑うのか?」という企画に、プリキュアの衣装に着替えようとしてサイズが合わずに着れなかった映像があったが……

センシティブな作品

↑参考イラスト

衣装がどう見ても上記の誰とも異なっている。というか、似て非なるこっちの衣装だった。

直前までプリキュアについて熱く語っていただけに、原西本人も違うことに気が付いていたとも信じたい。

関連動画


そして現在編集

2014年にアメトーーク!で放送された「寂しいお父さん芸人」にて娘がプリキュアを卒業してアイカツ!にハマってしまい、もう見なくなった為、一人で見続けていると明かした。(ちなみにアイカツ!もプリキュア程ではないが娘の影響で、ある程度ハマった模様。)

そしてEDのダンスも一人でやっていることを明かし、どうしてもハピネスチャージプリキュア!のEDテーマ「プリキュア・メモリ」のダンスを踊りたいということで、他の出演者を巻き込んでダンスをし、満足そうにしていた。


2017年にもアメトーーク!の「ピンポイントアカデミー大賞」にて(映画の宣伝も兼ねて)プリキュアへの愛を熱弁し、出演者や観客にフレッシュプリキュア!の変身ポーズやミラクルライトの使い方を教えた。また、「寂しいお父さん芸人」の時は、娘がプリキュアを卒業して一人で見ていると語っていたが、今度は次女が『Go!プリンセスプリキュア』にハマった事で、再び親子でプリキュアを見ている事を明かした。(2023年現在は不明。)


そして2021年、YouTubeチャンネル「FUJIWARA超合キーン」にて、嘘企画で持参させられた私物のプリキュアフィギュアを使い、手触りの感触だけでキャラクター名を当てる”目隠しクイズ“に挑戦。ことごとく正解して、変わらぬプリキュア愛を証明し、視聴者から称賛の嵐が贈られた。しかし、どうしても原西に間違えてほしい藤本は現在もあの手この手で原西に対して、ゲリラ的にプリキュアクイズを行っている。


紹介記事:さすがはキュアゴリラ! FUJIWARA原西、“目隠し”でプリキュアキャラを当てるクイズに全問正解してしまう


もうひとつのキュアゴリラ編集

サッカー日本代表の試合で、川島永嗣が好セーブを連発したことから、丁度放送中の『ハートキャッチプリキュア!』のロゴパロディで『ボールキャッチカワシマ!』 というのが作られ、それに応じて「ゴール前に咲く一輪の花!キュアゴリラ!」というのが作られたようである。確かに川島はゴリラっぽい風貌はしてはいるが電話。


※この辺の前後関係背景等編者が分からないところがあるので適宜フォロー願います。


ちなみに2011年1月のアジアカップでも守護神ぶりを発揮するわけだが、1月26日の準決勝・日韓戦を見ていた仙台エリは「キュアゴールキーパー!!!+:。ヾ(o・ω・)ノ゜.+」 「初の男性プリキュアー!(笑)」とTwitterでつぶやいている(前後関係のログはこちら)。ボールキャッチカワシマ!の件を知っているようなので自然と出たのではあるのだろうが、お世話係の妖精兼準プリキュア声優がこういう発言したのはどうしたものか。

(以上、ニコニコ大百科より引用)


余談編集

ゴリラ集合!

ニチアサ的にゴリラといえば、特命戦隊ゴーバスターズ岩崎リュウジブルーバスター)のバディロイドゴリサキ・バナナ」も連想される。

ただし、声優はといえば…。


2019年10月、アフリカのサラリーマンがアニメ化。動物が人間と同じ生活をする中、キュアエトワール(輝木ほまれ)を演じる小倉唯がゴリラの女子校生役をすることになった。


2019-20年には仮面ライダー作品でもゴリラネタが登場。

ゴリラですか?


2021年2月28日に放送された『トロピカル〜ジュ!プリキュア』の第1話では、夏海まなつがトロピカルパクトを無理やりこじ開けようとしたシーンで、『仮面ライダーゼロワン』で同じくロックのかかったアイテム無理やりこじ開けて変身する不破諫と状況を重ねた視聴者が多く、「不破さんならそのままこじ開けてプリキュアに変身できるのではないか」といった反応が多かった。不破は劇中で『ゴリラ』と呼ばれているのだが、キュアゴリラとの混同を避け、『キュアトロピカルゴリラ 』と名付けるツイートが多く見られた。

今週のトロプリらくがき


関連タグ編集

スマイルプリキュア FUJIWARA 原西孝幸 藤本敏史

フレッシュプリキュア 北条響(ゴリラ響)

川島永嗣


たむらけんじオードリー向井慧:原西と同じようにプリキュアに本人役としてゲスト出演した男性芸人達。


キュアパッション キュアメロディ キュアリズム:いずれも変身者が方角繋がり


キュアファイヤー:本編中空想上ではあるがその姿が描かれた男プリキュア(実在はしない)。


キュアセバスチャン自作の変身装置によって変身してしまった男プリキュア。戦える


キュアアンフィニ:数年越しに現れた男子プリキュア。彼が登場した第42話では原西がカメオ出演している。


キュアウィング:11年後に登場した初のメイン戦士の男子プリキュア。

トロピカル〜ジュ!プリキュア キュアトロピカルゴリラ

公式が病気 全プリキュア大投票 パワーワード


もしかして編集

フワ諫

関連記事

親記事

原西孝幸 はらにしたかゆき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 373127

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました