ピクシブ百科事典

縁結びマッチ

えんむすびまっち

特撮番組『仮面ライダーゼロワン』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

演:馬場良馬

概要

飛電インテリジェンスが開発した結婚相談員型ヒューマギア。「Fairly Dreamy(フェアリードリーミー)」という結婚相談所で働いている。

マッチングサービスに登録された中から、スキャンした依頼者のパーソナルデータを元に適した最適なパートナーを選び出せる。

「結婚とは現実を見る事」と言うプロ意識から、歯に衣着せぬ率直な物言いを行うヒューマギアで、対象とマッチしている相手が見つかると「ベストマッチ!」と叫んで、胸ポケットの青いハンカチをはためかせる。

ちなみに、彼が働く結婚相談所には、同じ結婚相談員型の女性ヒューマギアのマッチ田成子(演:坂本文子)という機体もいる。

活躍

第23話より登場。
第21話・第22話に登場した結婚詐欺裁判の原告の女性・海老井千春の要望で、婚活の相談員として婚活相手のマッチングを行う。

当初はマッチングアプリに登録していた天津垓を千春に相応しい結婚相手として紹介し、天津と千春のお見合いをセッティングする。
そんなお見合い会場にストーミングペンギンレイダーが出現し、お見合いの付き添い人としてお見合い会場に連れ出されていた仮面ライダーバルキリー、及びゼロワン・メタルクラスタホッパーと、ストーミングペンギンレイダーが交戦する。この時マッチはストーミングペンギンレイダーに襲われて負傷してしまった。
暴走したゼロワンはバルキリー、及び駆け付けてきた仮面ライダーバルカンにより暴走を止められるも、ストーミングペンギンレイダーはその場から離脱してしまう。

その後、無事に修理されたのちに暴走するメタルクラスタホッパーにしか変身出来ない事に頭を抱える或人に対して、「悪意に対抗できるベストマッチは、善意です」と彼を励ます。
そんな中、飛電インテリジェンスにクレームを付けに来た千春の幼馴染である二階堂輝夫と会い、彼の動きとストーミングペンギンレイダーの動きが同じであった事から、彼がストーミングペンギンレイダーの正体と見破り、レイダーを炙り出す為の作戦として、千春との結婚式をでっち上げる。

マッチは千春が結婚式のイメージを持たせる事で自分に対して好意を持ってくるであろう事も想定し、彼女にあらかじめイズからラーニングされていた放送禁止用語そのものの罵倒を浴びせて彼女に嫌われる事で自ら突き放そうとするも、あまりにも酷過ぎる罵倒に傷付いた千春にビンタされたのを切っ掛けに、「人間の悪意」をキャッチして通信衛星アークに同期、アークマギア(ガエルタイプ)に変貌し暴走を始めて千春に襲い掛かる。

だが、そんな千春を守る為に二階堂がストーミングペンギンレイダーに変身、アークマギアとなったマッチとストーミングペンギンレイダーが戦闘を開始し、そんな両者の戦いに割って入ったメタルクラスタホッパーにより撃破された。
レイダーの正体が幼馴染の二階堂であった事を知った千春と二階堂の二人が結ばれた事に「ベストマッチ……!!」と祝いながらハート型の花火を打ち上げ爆散した。

その後、第24話にて復元されて引き続き登場。
仮面ライダーサウザーによって撃破されたことに加え、メタルクラスタホッパープログライズキーの副作用によって入院した或人の見舞いに訪れる。
その際に、自分がアークマギアとなったのは、自分からアークの意思に接続して暴走したからであることを告げる(後述)。
見舞いに来る前は千春と二階堂の様子を見守っていたようで、プロポーズが成功した直後地面から現れ、二人の未来を祝福するように「ベストマッチ!!」と告げていた。

ヒューマギアとしての性能

恐らく現時点において、作中で登場するヒューマギアの中で最も優秀な個体
本来、彼は単なる結婚相談所の所員でしかないが、初見でストーミングペンギンレイダーの正体を即座に見破っている
その上で彼は、千春に自分を諦めさせた上で、レイダーの正体である二階堂と千春とのマッチングを成立させる作戦を考案し、実行した。

元々、二階堂を最初に見た時から、千春のベストマッチは二階堂しかいないという事を確信していた彼は、わざと千春の攻撃で暴走し、二階堂が変身していたレイダーと戦い、撃破されることで彼ら二人を結びつけることにした。

ただマッチ自身としてはアークの悪意のラーニングは予想以上のものであり、当初は暴走するふりをするつもりで、千春に襲い掛かり危害を加えることまではする気が無かった。
アークの力を甘く見た末に破壊されることになったが、それでも第23話の描写ではよく見るとマギア化しているにもかかわらず、「メタルライジングインパクト」の発動時に二階堂を庇っている場面があり、彼が暴走中であるにも関わらず自我を決して見失うことなく、自分の本分を全うしていたことが描写されている。

計算を超えていた敵の能力に人を危険にさらしてしまったが、それでもなお破壊される直前まで、自分のできる最善の行動を取り続けた末に、爆散する直前に「ベストマッチ」と呟いた彼が、作中で発言した「悪意に対抗するためのベストマッチは善意です」を身をもって証明したヒューマギアである事は間違いない。

その後、マッチの話を聞いたイズはヒューマギアの善意の塊から悪意を善意で打ち消し制御するアイテムを製作しており、彼の行動が強大悪意に立ち向かうベストマッチな力を生み出すきっかけになったと言っても過言ではないだろう。

余談

演じる馬場氏は、『特命戦隊ゴーバスターズ』の岩崎リュウジ / ブルーバスター役で出演しており、更に同じくゲスト出演者でゴーバスターズに出演していた宇佐見ヨーコ / イエローバスター役の小宮有紗女史とは約7年ぶりの共演となる。
また、前作にてレッドバスター/桜田ヒロムを演じた鈴木勝大氏も仮面ライダークイズとして出演しており、(作品が違うとはいえ)ゴーバスターズのメインキャラクターを演じた俳優が3人とも仮面ライダーのTVシリーズにゲスト出演するということになった。

なお提供クレジットの時の、画面横のアオリ文には「運命の出会いに熱暴走!?」という、ゴーバスターズファンにはニヤリとさせられる小ネタが仕込んであった。
また、女性結婚相談員ヒューマギア・マッチ田成子は、国民的アイドルであるマッチこと近藤真彦と、同じく国民的アイドルで松田聖子のパロディネーミングであろう。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン ヒューマギア

アンナDr.オミゴト:彼らもまた、ハッキングされてもなお暴走する事なく使命を全うしたヒューマギアである。

大滝竜介:演者が同じライダーキャラ。
セイギ:演者が同じ特撮キャラ。こちらも青のスーツ姿である。
仮面ライダービルド:やたらと「ベストマッチ」と言うことの元ネタは恐らくこれだろう。ちなみにメイン脚本は違う人物だが、プロデューサーは同一である。

ひみつ×戦士ファントミラージュ!:裏番組。『ゼロワン』第23話と同日に放送された第45話に、ゴーバスターズで馬場氏と共演した榊英雄氏(黒木タケシ役)がゲスト出演した。

関連記事

親記事

ヒューマギア ひゅーまぎあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「縁結びマッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23877

コメント