ピクシブ百科事典

ガエルマギア

がえるまぎあ

特撮番組『仮面ライダーゼロワン』に登場する怪人、マギアの一体。
目次[非表示]

「僕らは子供…お友達だよ」


CV:美山加恋/スーツアクター:神前元

データ

  • 対象ヒューマギア/職業:香菜澤セイネ/声優
  • 身長:192.9cm
  • 体重:109.2kg
  • 特色/力:両生類の絶滅種/爆弾


概要

仮面ライダーゼロワン』第6話「アナタの声を聞きたい」に登場。

声優事務所「メニースワンプ」社長・多澤青次が亡き娘の多澤すみれに似せて飛電インテリジェンスに発注した声優ヒューマギア香菜澤セイネが、両生類の絶滅種イブクロコモリガエルの「ロストモデル」が内蔵されたガエルゼツメライズキーゼツメライザーに装填して変貌した、カエルマギア

巨大なカエルの顔の中にもう一つカエルの顔が存在するという奇妙な顔だが、肩にはカエルの手をあしらった肩当を付けており、姿全体は可愛らしく愛嬌がある出で立ちをしている。
装甲とほぼ同色のためやや分かりにくいが、両方のカエルの顔の目の下の模様部分に複眼が存在する。
言葉は発さなかったものの、ネコの鳴き声も演技することができたマギア変貌前の能力ゆえなのか、時折カエルの鳴き声の様な音を鳴らしていた。

戦闘では、口腔内から中の顔が変形して生成される子ガエル型爆弾『コガエルボマー』を放って攻撃を行う。
また大きな口を生かした噛み付き攻撃が得意で、相手に噛み付いて動きを封じ、至近距離でコガエルボマーを発射しダメージを与える応用技も可能。
また、両生類がモチーフなだけあり陸上だけではなく水中でも活動できる模様。

マギア共通のハッキング能力で、有線接続でヒューマギアをハッキングしてトリロバイトマギアに変える事も可能である。

活躍

既に故人となっているすみれの姿そっくりに作られているために違法ヒューマギア(人工知能特別法により、特定の人物に酷似した容姿のヒューマギアを模倣先の人物の許可を得ずに作成、使用することは禁じられている)と判断され飛電インテリジェンスによる回収が決定されたが、自身の罪を認めつつも娘を思ってセイネを発注した青次の意思を汲んだ或人のはからいで、回収の前に劇場版「パフューマン剣」のゲストヒロイン公開オーディションに参加する事になる。
しかし、シンギュラリティに達していた彼女は自らの約束された「死」を理解しており、オーディション会場にて「多澤社長の娘のすみれ」としての記憶がフラッシュバック。台本にない「多澤社長の娘のすみれ」としての言葉を発言し、会場の人々を動揺させる。

そこに現れたゼツメライザーを取り付けられて暴走、自身を守ろうと抱きつく青次にも攻撃を加えてしまう。
それでもなお我が子としてセイネを救おうとする青次の行動と、「子供のを守る為なら死んでも構わない」という彼の意図を代弁した或人の叫びによって迷いが生じた迅はゼツメライザーを取り外そうとしたが、それを振り切ってゼツメライズし、マギア化。
そのまま或人/ゼロワンに襲いかかり、によって記憶をリセットされた迅が変身した仮面ライダー迅と共にゼロワンを追い詰める。

そこへ駆けつけた刃唯阿/バルキリーが戦闘へと乱入してきた為、ゼロワンを仮面ライダー迅に任せて目標をバルキリーに変更。近くにいた清掃員型ヒューマギア達をハッキングしトリロバイトマギアに変貌させ、無数のコガエルボマーを放って応戦するも、バルキリーはトリロバイトマギアをすべて倒した上にライトニングホーネットに変身。
バルキリーの放つヘクスべスパによってコガエルボマーを次々と破壊されてしまい、不利を悟って水中へ逃亡を図るも、水面にヘクスベスパを放たれて上空へと吹き飛ばされる。
空中で無防備になったところにバルキリー・ライトニングホーネットの『サンダーライトニングブラストフィーバー』を叩き込まれて破壊された。

余談

  • モデルの「イブクロコモリガエル」は、オーストラリアに生息していたカエルの一種。「カモノハシガエル」とも呼ばれる。1972年に正式に学名を付けられた(発見自体はそれ以前よりされていた)ものの、1981年以降自然下での発見例がなく、飼育個体も1983年までに死滅。2002年に絶滅種と認定された。
    • 絶滅の原因は不明だが、生息地が保護区内で管理されていたことから、カエルツボカビ症(両生類の皮膚呼吸を阻害する致命的な感染症のひとつ)が原因と考えられている。クローン技術を用いての復活再生が試みられているものの、現在成功には至っていない。
    • 産んだ卵を飲み込み、胃の中でオタマジャクシを育てカエルになってから吐き出すという珍しい習性を持っていた(こうした育成方法はアロワナなどの魚類では数多く確認され、「マウスブルーダー」と呼ばれているが、こちらは口の中に留めており、また魚類以外では確認されていない)。また、卵やオタマジャクシは胃酸の生成や消化活動を抑える物質を分泌することで、自分が消化されることがないようになっている。ガエルマギアの特徴的な顔や能力はこの習性がモチーフとなっている。
    • 日本の一般的なカエルと異なり、舌を伸ばすことなく獲物めがけて突進し直接噛みついて捕食する食性を持っていた。噛みつき攻撃を使っていたのはこの食性がモチーフと思われる。


  • 今回のテーマは『親子』となっており、そこからイブクロコモリガエルがモチーフとして選ばれたと考えられる。
  • 声優という声を使った職業からカエルなのではと思いきや、前述通り素体やモデルの特性モチーフが女性(雌)由来のためか、再登場したオニコマギア共々音波攻撃の類は全く使っていない(鳴くのは雄だけ)。
  • また、香菜澤セイネを演じた美山氏が以前演じていた宇佐美いちか/キュアホイップのモチーフがウサギでありジャンプする動物繋がりでカエルの絶滅動物が選ばれたという可能性もある(実はカメ版もあるのだがこちらは安直過ぎたのだと思われる)。
  • 何気にマギアとしては作中初となる要素を4つも持っている(女性型ヒューマギアがトリロバイトマギア以外のマギアに変貌・両生類モチーフ・古生物ではない、近年絶滅した絶滅種がモチーフ・名前が和名ベース)、初めて尽くしのマギアでもある。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン マギア カエル
ガマ獣人:デザインコンセプトが同一の先輩ライダー怪人
ゴッドガンマー:『忍者戦隊カクレンジャー』におけるカエル型の巨大戦力で、こちらも同じく口から子ガエル型の爆弾を発射出来る。
トードマン:エグゼ版のデザインがカエルの口の中に顔という似たコンセプトになっている。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガエルマギア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9431

コメント