ピクシブ百科事典

エカルマギア

えかるまぎあ

特撮番組『仮面ライダーゼロワン』に登場する怪人、マギアの一体。
目次[非表示]

滅亡迅雷.netの意志のままに…」

CV:吉田悟郎/スーツアクター:榮男樹

データ

  • 対象ヒューマギア/職業:マモル/警備員
  • 身長:194.5cm
  • 体重:99.2kg
  • 特色/力:哺乳類の絶滅種/牙


概要

仮面ライダーゼロワン』第2話「AIなアイツは敵?味方?」に登場。

飛電インテリジェンス警備員ヒューマギアマモルが、哺乳類の絶滅種エカルタデタの「ロストモデル」が内蔵されたエカルゼツメライズキーゼツメライザーに装填して変貌した、ネズミマギア

青い目をしたネズミを模した顔をしているが、ネズミの口部分が複眼になっている。下半身に長い尻尾を生やしており、左肩に尻尾の先端をぶら下げている。

頭部から伸びた長い『カーニボーバ』を自由自在に伸縮させ、それを用いた刺突攻撃を得意とする他、ネズミに似た姿を持つ事もあって素早い動きで相手を翻弄する事も可能。
また、ベローサマギアと同様にハッキング能力を持ち、イモビライザーを無視して車両を自身の物にする事が出来る。

対象ヒューマギアのマモルは、先代の飛電是之助の代から飛電インテリジェンスに従事しているヒューマギアで、名前は是之助に付けてもらったもの。
クエネオマギアが本社を襲撃した際に受けたダメージを飛電或人が気遣った際(損傷した部分に或人が黄色いバンダナを巻いた)に、密かにそれを見ていたに自我が芽生えていると気づかれてしまう事になった。

活躍

飛電インテリジェンスの本社を破壊する為に現れた、クエネオマギアの侵入を防ごうともするも、自我が芽生えた事を見透かしていた迅にゼツメライザーを取り付けられ、データを改竄されて暴走。
迅と共に社内へと侵入すると、遭遇した或人の前でゼツメライズしマギア化し、或人へと襲いかかった。

イズから「一度データを改竄されたヒューマギアは破壊するしかない」と現実を突きつけられて困惑するも、決死の覚悟で或人が変身したゼロワンと交戦。
素早い身のこなしで翻弄するが回し蹴りを顔面に食らって吹き飛ばされてしまい、駐車場に置かれていたバイクにハッキングして搭乗、その場から逃走する。

ライズホッパーに搭乗して追いかけて来たゼロワンとバイクチェイスを繰り広げ、カーニボーバでゼロワンに反撃するも、かわされた後にキックを決められてバイクから転落、その後は夕方まで続く長期戦を繰り広げたが、最期はアタッシュカリバーを装備したゼロワンが放った『ライジングカバンストラッシュ』で切り裂かれて破壊された。

余談

  • モデルの「エカルタデタ」は、新生代の古第三紀(漸新世)〜第四紀(更新世)に渡ってオーストラリアに生息していた哺乳類。下顎の牙が長く突き出ているのが特徴。
    • 本作ではネズミ型怪人として登場しているが、エカルタデタは有袋類の絶滅種で、種類としてはカンガルーに近い生物である。ただ、有袋類は昔、「フクロネズミ目」と呼ばれていたのであながち間違いでも無かったりする。
    • 武器である牙のカーニボーバの由来は英語で「肉食」を意味する「carnivore」から。一見すると関係がなさそうに聞こえるが、エカルタデタは現存しているカンガルーの種類にはいない肉食性の種類だったので、名前の由来に取り入れられている。


  • 盗品ではあるが、本作で初めてバイクを利用した怪人である。
    • 因みに、車種はホンダ・XR400モタード。転落するシーンでHONDAの文字が映っている。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン ヒューマギア 滅亡迅雷.net マギア

ヘルハウンド(ファントム) 同じくバイクを乗りこなす第2話初登場の怪人。

ネズミ カンガルー

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エカルマギア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 968

コメント