ピクシブ百科事典

ヘルハウンド(ファントム)

へるはうんど

ここでは仮面ライダーウィザードに登場するヘルハウンドについて扱う。
目次[非表示]

「既に種は仕込んであります。明日をお楽しみに」

詳細

CV/人間態:金剛地武志(第2話ではネタバレ防止の為ノンクレジット)
第2-3話に登場した通常ファントム
ミサが新たに発見したゲートを絶望させる為、幹部ファントムから指示を受けて行動を開始した。ゲートに襲いかかる途中でウィザードと戦闘になるも、火炎放射で怯ませた隙に逃走。後に奈良瞬平がゲートと判明し、グールに瞬平を襲わせるも、瞬平は呪文と共に手から炎を出してグールを怯ませた後、大門凛子に助けられて逃走してしまう。その後グールがウィザードに一掃された為、ブラックドッグで逃走するが、ウィザードが乗るマシンウィンガーとのバイク戦の末、フレイムスタイルのシューティングストライクを受け、そのまま工場に突っ込んで爆死したと思われていた。
幹部達には忠実(ただし、ユウゴの事は小馬鹿にしているような描写が見られる)だが、性格は狡猾で悪知恵に長けており、ミノタウロスよりも外道極まりない。

外見

炎で覆われた黒い身体の怪人。炎のような頭部に青い単眼、牙で覆われた巨大な口を持つ。
原典のヘルハウンドは黒い犬の妖怪だが、共通しているのは黒い身体だけで風貌にイヌの意図は見られない。
頭部は侍戦隊シンケンジャーに登場したナナシ連中に似ている。

能力

頭部の口から光弾や火炎を放って攻撃する。接近戦でも手に持った剣で対応可能。
バイクの腕もかなりの物で、専用マシン「ブラックドッグ」(原典におけるヘルハウンドの別名)を乗り回す。
これらの他にも、更にある奥の手を持つ。

余談

原典では流水が苦手という特徴がある為、炎属性のファントムになったと思われる。
演者のツイッターで第2話の放送前に正体のネタバレがされてしまっている。
リザードマンマンティコアもヘルハウンドの剣と同じ外見の剣を使用していた(流用の可能性あり)。

スーツは後に第40話に登場するファントム・シルフィに改造された。

関連タグ

仮面ライダーウィザード ファントム(仮面ライダーウィザード) 奈良瞬平
ヘルハウンド

正体


※第3話のネタバレを含む為、記事の閲覧には注意






















実は爆発したのはブラックドッグだけで、ヘルハウンド自身は影に入って移動する奥の手を使って生き延びていた。人間の影に入る事で相手を操る事も出来、瞬平が炎を手から出せたのも、瞬平の影に入ったヘルハウンドが瞬平の手を通して炎を放っていただけであった(その為、ウィザードこと操真晴人の前で瞬平は炎を出せなかった)。
これで魔法が使えると錯覚し、街中で魔法を披露している瞬平に、宿主であるTV番組の司会者・田島一夫の姿で近付き、「世の中に夢と微笑みをもたらす奇跡の魔法使い」と瞬平を煽ててTV番組でも披露させた。その後TV局での生放送で炎を出せず困った瞬平に「お前に魔法が使える訳無いだろう?」と本性を露わにする。
「だって田島さん見てたじゃないですか? 僕が魔法で炎を出す所を」と反論する瞬平に
「田島なんて人間はとっくの昔に死んでるんだよ。俺というファントムを産み出してな」
と正体を明かした後、瞬平を操って彼が幼少時に愛読していた魔法使いの絵本を焼却させて「これがお前の魔法の正体さ」と真実を明かして絶望に追い込み、新たな巨大ファントム・サイクロプスを瞬平のアンダーワールドに誕生させた。
駆けつけたウィザードも影からの攻撃で圧倒するが、ライトリングで影を消される事で能力を封じられて弱体化。火炎で攻撃するもウォータースタイルの魔法には通じず、最期はスラッシュストライクを受けて水飛沫となり消滅、完全に倒された。

サイクロプスも現実世界に出る前にウィザードラゴンとウィザードの連携によるキックストライク・ストライクエンドで倒され、瞬平のファントム化は阻止された。

なお、この時に田島の正体やヘルハウンドとウィザードが戦う様子が番組で放送されていたが、凛子の話によるとこの事件は木崎達国安0課の情報操作により揉み消されたらしい。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルハウンド(ファントム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3179

コメント