ピクシブ百科事典

泉七羽

いずみななは

仮面ライダーアマゾンズに登場する鷹山仁の良きパートナーにして、物語のもう一人のヒロイン。
目次[非表示]

演:東亜優

概要

鷹山仁パートナーを務める仮面ライダーアマゾンズのもう1人のヒロイン。25歳。

常識にとらわれない徹底したリアリストであり、経緯は不明だが仁の野性的な生き方に共感して一緒に暮らし、アマゾンの情報を掴み提供するなど彼のサポートに徹しているが、仁が連れて来たと接した際に彼の様な優しい生き方も悪くないと共感してスペアの“アマゾンズドライバー”を提供するなど柔軟な思考を持ち合わせている。

なお、どのようにして生計を立てているのかは不明だが、普段は仁を養っている立場である為、完全に尻に敷いている。

2人の中は良好で、仁がアマゾン狩りに赴く際には必ず送り出しのキスをするのが定番となっているが、機嫌が悪いと途端に態度を一変させて容赦なく罵るのがお約束。

悠にドライバーを与え、ある意味では彼に自由を与えた人物でもあるが、そのような経緯から自分の価値観で悠を連れ戻そうとする美月に対して“一度檻から出た獣は二度と戻れない”と強く諌めていた。

season1の終盤、アマゾン撲滅のためのトラロック作戦が決行される日に仁から一方的に別れを告げられるが、それが死ぬ覚悟からだという思いからだということには気付いており、全てが終わった後、悠との決戦で重傷を負った彼を発見し、介抱する。

関連項目

鷹山仁 千翼 ヒロイン 仮面ライダーアマゾンズ

season2(ネタバレ注意!)























何と、鷹山仁との間に千翼をもうけていた事が判明した。

season1最終回以降、アマゾン狩りで身も心もボロボロになっていた仁を介護するも、既に正気を失いかけていた仁に押し倒され、その際に彼の子供を妊娠していたのである(要するにそういう事である)。
妊娠した状態では仁に同行する事も難しく、イユの父親・星埜始の世話になる事になるも、その際に赤ん坊からアマゾン細胞が確認された為、仁が赤ん坊を殺そうとするであろう事を察知し、仁がアマゾン狩りから戻ってくる前に生まれた赤ん坊を連れて姿を消す。

赤ん坊に千翼と名付けてからは、アマゾン細胞を持つが故に成長が異常に早い彼を一人で育て続けていた。
しかしある日を境に、突然彼女はその行方がわからなくなってしまっている。

千翼の回想の描写から、当初は千翼に喰われて死亡したのではないかと思われていたが…

以下、更なるネタバレ注意!

























Episode10にて、2体目のオリジナル体・クラゲアマゾンと化していた事が発覚した(以降の描写はクラゲアマゾンの記事を参照)。

pixivに投稿された作品 pixivで「泉七羽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23322

コメント