ピクシブ百科事典

ノザマペストンサービス駆除班

のざまぺすとんさーびすくじょはん

野座間ペストンサービス駆除班とは、『仮面ライダーアマゾンズ』作中に登場する架空の武装組織である。メイン画像右がリーダーの志藤、左が福田。
目次[非表示]

虫、確認。狩り、開始

概要

まず、『ノザマペストンサービス』とは、日本最大級の製薬会社である野座間製薬が、事故によって自社の研究所から逃走したアマゾン細胞実験体への対処のために設立した民間軍事会社。
表向きは野座間製薬の子会社である害虫害獣駆除業者という体裁を取っており、駆除の際の現場の封鎖や野次馬対処にもこの表向きの顔を利用する。

そしてこの記事で取り上げる『ノザマペストンサービス駆除班』(通称『駆除班』)はその中でも、実際にアマゾンと戦う実働部隊である。
人間を遥かに超えた身体能力と人肉への強い食欲を持つアマゾンと戦うことは、一歩間違えばアマゾンの餌になる極めて危険な行為であるため、メンバーには多額の報酬だけを目当てに集った猛者が揃っている。
メンバーは皆報酬目当てに雇われているが、仲間意識は強くチーム内の雰囲気は良好。

当たると電撃を発する特殊な弾丸を装填した銃器の他、同じく電撃を発するナイフやワイヤー、警棒型のスタンガンで武装しているが、それでも低ランクのアマゾンにすら足止め程度にしかならないことが多い。
しかし、メンバーが連携してアマゾンを討ち取るシーンもある為、決して無力と言う訳では無い。

他にはアマゾンの位置を探知・追跡して駆除班に知らせる『調査班』や、アマゾンの痕跡を隠蔽する(野座間製薬は警察上層部と「死体が出ない限りアマゾンの犠牲者は全て行方不明者として処理する」という密約を交わしている為)『清掃班』等が存在している。

駆除班メンバー

  • 志藤 真(しどう まこと)

元は警視庁特殊部隊に所属していたリーダー。41歳。
前歴が語るように対応力に優れており、窮地に陥っても即座に的確な指示を飛ばす。
アマゾンの駆除を仕事と割り切り、冷徹に遂行するが、大滝を駆除するようメンバーに促した際に辛そうな様子を見せるなど情の無い人物ではない。
息子が多額の医療費が必要な事態に陥っているが、駆除班で稼いだ金で野座間製薬のコネで紹介された医者の手術を受けさせることができた。

シーズン2では駆除班が解散したことで、クラブの経営等の堅気の生活に戻った。
TEAM Xの居場所としてクラブを提供しており、彼らにあれこれと忠告する父親のような存在になっている。
しかし何者かのバックアップを受けてアマゾン関連の情報収集や武装は続けており、TEAM Xが壊滅したことを機に三崎と望を呼び寄せて全てを終わらせるためにアマゾンとの戦いを再開する。

また、中の人は11年前のウルトラマン闇の巨人を演じていた。

純真無垢な少年。駆除班最年少の17歳。
その正体はアマゾンであり、モグラアマゾンに変身して駆除班の主力として活動する。彼のモチーフは、恐らく岡村まさひこ少年とモグラ獣人であると考えられる。

分析や戦術を担当する。31歳。
常にタブレットPCを携帯しており、調査班が集めたアマゾンの情報や分析で突き止めた核の位置を伝える役割を担う。移動中はそのタブレットでゲームを遊んでいた。
熱血漢で、他のメンバーからも強く信頼されている。
その正体は、素性を隠して駆除班に潜り込んでいたトンボアマゾン。人間として生きる事を望みチームへの情も本物だったが、第1話終盤で食人本能に目覚めてしまい・・・。

  • 高井 望(たかい のぞみ)
駆除班紅一点の22歳。
空手が得意であり、アマゾンに対しても銃器を使わず、蹴りと同時に電撃を加えるレガースやナイフで果敢に格闘戦を挑む。その分負傷も多く、頬には傷跡がある。
毒舌家で、純粋なマモルをよくからかっている。
養護施設育ちであり、施設の運営を助けるために大金を必要としている。

元詐欺師という経歴を持つ35歳。
その経歴通り口が上手く、駆除作業中に寄ってくる野次馬への対応をすることが多いが、話が長いために野次馬と話し込んでしまいチームの行動に支障をきたすことも。
駆除ではスラッグ弾を装填したショットガンを使用する。
明るいムードメーカーで、面倒見がいいためマモルの世話役も任されている。当人もマモルを「マモちゃん」と呼び、メンバーの中でも特に可愛がっている。
多額の借金に苦しんでおり、「怖い組織」(恐らくヤミ金とそのバックに居るヤクザか)に追われている。

移動に使用するバンの運転や、スナイパーライフルによる狙撃といった後方支援を主に担当する。35歳。
狙撃の腕は非常に優れており、バリケードの僅かな隙間から向こう側に転がした銃弾を正確に狙い撃てるほど。
元は警視庁所属で、その頃から志藤の部下だった。
非常に寡黙で声をかけられてもほとんど返事をせず、一人で本を読んでいることが多いが、真っ先に大滝の駆除への異議を唱えるなど仲間を思う心は強い。
父が早くに他界しており、その上母親は若年性認知症を患っているためその介護費用に困窮している。
マモルの異変にいち早く気付くが、確信が持てなかったのと仲間への情があり三崎に注意は促したものの凶行を止めることはできなかった。
その後悔からか、シーズン2で黒崎にアマゾンと一緒に戦っていたことを聞かれた時には「(アマゾンのことを生き物として)わかっていたつもりでわかっていなかったのかもしれない」と答えている。

シーズン2でも困窮は続いているため、駆除班の解散後4Cに入り直して黒崎隊でアマゾン狩りに従事している。
超人的な狙撃の腕は健在。

頭脳派の20歳。
ハッキングによる情報収集に優れる。移動中には携帯チェス盤でチェスを楽しんでいた。
大滝を兄のように慕っていたが、そのことが仇となりトンボアマゾン駆除で隙を見せてしまい、貪り食われて死亡した。
しかし第9話にて・・・!?
※リンク先ネタバレ注意‼

大滝と前原が殉職した後、補充要員として配属された新たなアマゾン。
一時は戦う理由がはっきりしないことと、暴走した時の危険度の高さから志藤に拒絶されるが、自分なりの戦う理由と駆除班にいたい理由を見出したことでチームに受け入れられた。

関連項目

仮面ライダーアマゾンズ

以下ネタバレ





















シーズン1の最終回でアマゾンの生き残りがいる可能性があるのにも係らず、1度は上層部からの命令で解散した事が原因でアマゾンの生き残りの有無を調査していた調査班が全滅したこと。メンバーの大半が早急に多額の金銭が必要なメンバーで構成されている事からを分かるようにバイオハザードに登場するアンブレラの下部組織“U.B.C.S.”と同じく、自社の不祥事を隠蔽する為の時間稼ぎ及び使い捨ての為の側面が強い組織というのが真相である。

最終回で悠やマモルを追うために再結成されるが、シーズン2までの5年の間に解散させられたようでチームメンバーはバラバラになっている。
しかし何者かのバックアップを受けた志藤、三崎、望の3人で再結成され、再びアマゾンとの戦いに身を投じることになる。
マモルの豹変を目の当たりにしたことや悠からの協力要請を受けたことで、「マモルの凶行を止め、溶原性細胞感染アマゾンを狩り、無害なアマゾンは人間から守る」というスタンスで活動することになった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ノザマペストンサービス駆除班」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23157

コメント