ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

演:馬場良馬
第6銀河系バヤシア星担当の宇宙刑事
二代目宇宙刑事シャリバン/日向快と同じくイガ星出身であり、彼とは幼馴染である。
上司である宇宙刑事アイリーンと共に宇宙犯罪組織ネオマドーの犯罪を捜査するために地球へと派遣された。
※馬場良馬は『特命戦隊ゴーバスターズ』でブルーバスター/岩崎リュウジを演じており、日向快役を演じた三浦力と同じく、戦隊メタルヒーローを両方演じた俳優の1人となった。

性格

真面目な快と違って軽いノリの性格であるが、犯罪を憎む気持ちは人一倍熱く、違法薬物「ハイパーM」を仲間に試し射ちをしたガイラー将軍に怒りを露にして取引現場に一人で突入する等、名前通りに正義感が強い好青年である。

容姿

変身前は茶髪で青いスーツを着用している。



※これより下は、ネタバレが含まれているので注意











ネタバレ

上記の人物像は表向きの姿。
その正体はネオマドーのガイラー将軍と通じているスパイであり、犯罪者であるガイラー将軍を取り締まるどころか多額の報酬を貰う代わりに銀河連邦警察の情報をリークする等、実は名前とは真逆な宇宙刑事の面汚しとも言える卑劣漢。

アイリーンをスケープゴートに仕立て上げるために自作自演で彼女がネオマドーのスパイと疑われるように仕向け、快達がアイリーンに疑いの目を向けた途端に“上司の裏切りで精神的ショックを受けた”振りを装って銃撃して彼女をネオマドーのスパイとして抹殺しようした上、途中で真相に気づいた快とジェンサー(アイリーンの元部下)を時限爆弾で葬り去ろうとした。

その後、2人が死亡したと思いこんでガイラー将軍と取引をしていたが、ジェンサーが我が身を犠牲した事によって爆発から生き延びた快が参上すると、本性を露わにして、「人間の本質は悪」「悪とつるめば宇宙刑事は最高においしい仕事」という答えに辿り着いた事を語り、悪の道に引き込もうとしたが、一連の事件を捜査した過程で本当の宇宙刑事が何であるかに気付いた快は当然受け入れるはずもなく、結局対立してしまう。

コンバットスーツを装着して戦闘した際は自らの銃撃で治療中だったアイリーンを人質にとって快を変身解除させて追い詰めたが、ガイラー将軍が所持していたハイパーMを捨て身覚悟で投与して一時的に肉体を強化させるという予想外の行動をとった快の反撃で敗北。
その直後に満身創痍の快に逮捕された。

かつては宇宙刑事としての正義感を持っていたが、いくら戦っても宇宙にはびこる悪が無くならない現実に失望して悪の道へと堕ちてしまい、現在のような人物になってしまった。
己の姿を捨ててでも宇宙刑事としての正義を貫き通したジェンサーとは対照的と言える。

関連タグ

宇宙刑事シャリバン 悪堕ち
哀しき悪役(ある意味では)
岩崎リュウジ…中の人が同じ
ハンターキラー・・・・こちらは元宇宙刑事。
プレイステーション2用ソフト『宇宙刑事魂』ではルート次第ではコンバットスーツを着用する。
コマンダー・ドーパント・・・・こちらも警察関係者でありながら、失望した事がきっかけで悪の道に進んでしまった繋がり。
アサム・アシモフムギ・グラフトン…同じく宇宙警察関係者且つ主人公達の後輩でありながら、悪に身を売っていた者繋がりだが、台詞的に偽警官の可能性もある。
トンボアマゾン…中の人が同じ。怪人を狩る職業に就いていたが、とある理由から人類に敵対する存在になってしまった。

pixivに投稿された作品 pixivで「セイギ(シャリバン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16

コメント