ピクシブ百科事典

前原淳

まえはらじゅん

前原淳とは、仮面ライダーアマゾンズに登場するノザマペストンサービス駆除班のメンバーの1人の名称である。
目次[非表示]

「清掃の奴等、泣いて喜びそうだ」
「お前に喰われるんだったら…良いか…」

演:朝日奈寛

概要

精悍なと鍛えた身体を持つ、ノザマペストンサービス駆除班きっての頭脳派である20歳男性チェスが趣味であるようで、移動中でも携帯チェスに興じている程。

チームでは主に頭脳を駆使した作戦立案やハッキングで仲間のサポートを担っており、同じチームの大滝竜介の事をのように慕っていた。

Episode2「BEAST INSIDE」において兄のように慕っていた大滝が実はトンボアマゾンであった事を知り苦悩の末に彼の駆除に向かうが、大滝への情けを完全に捨て切れておらず戦闘中に隙を見せてしまい、完全にアマゾンとしての食人本能に飲み込まれ人喰いの怪物に成り果てた大滝に喰い殺され、(上記の2番目の台詞を呟きながら)その短い生涯に幕を閉じた。

しかし…

関連項目

仮面ライダーアマゾンズ ノザマペストンサービス駆除班 

以下ネタバレに付き閲覧注意


























































まさかの展開(第9話のネタバレ注意!)

「俺も確かめる為に来たんで。俺の力を…」
「竜介さん……は、いませんよねぇ。当然」

彼の遺体野座間製薬国際営業戦略本部長の橘雄悟によって密かに回収されていた事、そして“新型アマゾン細胞移植されて生体兵器仮面ライダーアマゾンシグマとして復活・蘇生していた事がEpisode9「INTO THE CANNIBAL'S POT」にて発覚した。

生前の記憶や人格を有しているものの(チェスに絡めた発言をしたり彼が攻撃を行うたびにチェスの駒が動くシーンが挿入されたりと生前の彼を意識したシーンが度々ある)、仮面ライダーアマゾンアルファを圧倒する戦闘能力に加え、自身が行動不能になるまで戦闘続行出来る様に痛覚遮断機能が追加された『アマゾンズドライバー』のコピー等によって、現在の彼はアマゾンを駆逐する為だけの戦闘マシーンと化している。

劇中では国際営業戦略本部からの命令で戦闘データを取得するべく、アマゾンアルファ、アマゾンオメガ、駆除班と対決。今まで負け知らずだったアルファをあと一歩まで追い詰めたり、オメガの胸部を貫いて戦闘不能に追い込むなど圧倒的な戦闘力を見せつけた。

Episode11「KILLING DAY」では結託したオメガ・アルファ・駆除班の共同作戦にも圧倒的な力で対抗するが、駆除班の福田による三崎の発砲したスラッグ弾を狙撃して弾速を加速させるという神業までは回避できず、腹部に銃弾と電撃による大ダメージを受けてしまう。直後にアルファのバイオレントスラッシュ、オメガのバイオレントストライクを受けてなお立ち上がるも、背中のトゲや片腕が少しずつ溶解し始めるなどその肉体は既に限界を迎えており、最期はモグラアマゾンに背後から胸部を貫かれ、それがトドメとなり二度目の死を迎える事になった。

その死に顔はどこか安らかであり、かつての仲間である駆除班のメンバーはチームの証である5円玉を贈り手向けるなど、彼の死を悲しんだ。

余談

上記のラスボス候補としての立ち位置から、彼のモチーフとなったキャラクターは恐らくゼロ大帝であると思われる。

関連タグ

仮面ライダーアマゾンシグマ

pixivに投稿された作品 pixivで「前原淳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4482

コメント