ピクシブ百科事典

福田耕太

ふくだこうた

福田耕太とは、仮面ライダーアマゾンズの登場人物である。
目次[非表示]

概要


ノザマペストンサービス駆除班に所属する男性。
基本的に口数は少ないが、トンボアマゾンと化した大滝との戦闘を前に真っ先に迷いを口にしたり、仲間のために涙を流す、遥に対してさりげなくフォローを入れるなど仲間思いの熱い性格も秘めている。

作戦では作業車両の運転や、ライフルの狙撃による後方支援などを担当。
元警視庁特殊部隊出身であるため特に狙撃の腕は達人の域に達しており、発砲された弾丸を狙撃して加速させ、敵に大ダメージを与えるといった神業を披露し、突破口を開いたこともあった。

また観察眼にも優れており、蝶アマゾン蛹体の異変にも真っ先に気付いていた。

特殊部隊時代から志藤の部下で、狙撃の腕も買われており、重要な局面を任されることも。

既に他界した父に代わり、認知症を患っている母の介護費用を稼ぐために駆除班に参加しており、ぶっきらぼうながらアマゾンであるを気遣うような行動も時折見られるなど、根はやさしい性格であることが伺える。

シーズン2

駆除班解散後も母親の介護費用のため、に頭を下げてから4Cの駆除部隊・黒崎隊に所属し、アマゾン狩りを継続している。
しかし仲間思いの性格からかつての仲間であるマモルや悠と戦うことにためらいを見せており、その事を橘や黒崎から糾弾され決断を迫られ苦悩した結果、母親のために他への情は捨てて銃を撃ち続けることを決意。旧駆除班の絆の象徴である五円玉ペンダントを志藤に返却して決別した。

タグ

仮面ライダーアマゾンズ ノザマペストンサービス駆除班

以下、ネタバレ注意

















Episode10にて、これまで介護してきた母親が病院内に設置されていたAroma Ozoneの水を飲んでいた事から溶原性細胞に感染し、アマゾン化してしまう
アマゾン細胞に感染した影響なのか、患っていた認知症が治った母親は息子である耕太の顔をハッキリ認識しており…。

その後、描写は無かったものの母親を自身の手で殺害したらしく、Episode11では返り血を浴びた状態のまま鬼のような形相で札森に圧裂弾を要求する。

pixivに投稿された作品 pixivで「福田耕太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4211

コメント