2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:田邊和也

概要

ノザマペストンサービス駆除班に所属する男性。
口数は少ないが、トンボアマゾンと化した大滝との戦闘を前に真っ先に迷いを口にしたり、仲間のために涙を流したり、悠に対してさりげなくフォローを入れるなど仲間思いの熱い心を秘めている。シーズン1時点で使用する銃器は主にL96A1
元警視庁特殊部隊出身で、その頃から志藤の部下として働いていた。駆除班に入ったのは、既に他界した父に代わって認知症を患っている母の介護費を稼ぐためである。

作戦では作業車両の運転や、狙撃による後方支援などを担当。
元特殊部隊員であるため、狙撃の腕は達人の域に達しており、三崎が放った飛翔中のスラッグ弾を狙撃して弾速と威力を向上し、二発分の弾丸を敵に命中させて大ダメージを与えるといった神業を披露したこともある。ちなみに何故かスナイパーライフルを接近戦でも使用することが多い。(本来スナイパーライフルは100m以上先の敵を狙う為の物であり、近距離だとスコープと着弾地点に大幅なズレが生じる。まあそれも達人のなせる業と言ってしまえばそれまでだが)
白兵戦能力や生命力も非常に高く、アマゾンに腹を食われて重傷を負ったり、手首の動脈を切られたり、無数のアマゾンに包囲されたりと、たびたび絶体絶命のピンチに陥っているが、それでもなお事故を起こさず運転を続けられたり、無事生還して戦線復帰している。
観察眼にも優れ、マモル蝶アマゾン蛹体の異変にも真っ先に気付いていた。

シーズン2

駆除班解散後も母親の介護費用として多額の金が必要だった為、に頭を下げて4Cの駆除部隊・黒崎隊に入隊し、アマゾン狩りを継続している。
隊内では駆除班時代と同様、後方からの狙撃を担当する。
使用銃器はSeason1から変わってHK417になっている。(こちらはマークスマンライフルであるため、近距離で使用してもそこまで違和感はない。)

しかし仲間思いの性格からかつての仲間であるマモルや悠と戦うことにためらいを見せており、その事を橘や黒崎から糾弾され決断を迫られ苦悩した結果、母親のために他への情は捨てて銃を撃ち続けることを決意。旧駆除班の絆の象徴である五円玉ペンダントを志藤に返却して決別した。

余談

演者の田邊氏は『仮面ライダーリバイス』にて若林優次郎役で出演しており、こちらも敵怪人に対抗する為の組織に所属している。

関連タグ

仮面ライダーアマゾンズ ノザマペストンサービス駆除班

関連・類似項目


以下、ネタバレ注意

















Episode10にて、これまで介護してきた母親が病院内に設置されていたウォーターサーバー「Aroma Ozone」の水を飲んでいた事から溶原性細胞に感染し、アマゾン化してしまう
アマゾン細胞に感染した影響なのか、患っていた認知症が治った母親は息子である耕太の顔をハッキリ認識しており……

その後、描写は無かったものの母親を自身の手で殺害したらしく、Episode11では返り血を浴びた状態のまま、怒りに震える声で札森に圧裂弾を要求した。
その姿は、普段は呑気な札森すらも絶句するほど悲痛かつ凄惨なものであった。

センシティブな作品





元駆除班と合流してマモルの前に立ちはだかる福田だったが、意外にも彼の目的は復讐では無かった。
福田は「一連の惨劇の原因は、5年前に自分達がマモルを人間の敵になる危険を廃するために撃ちもせず、無理矢理にでも人間の側に引き留めようともせず、ただ助けたつもりで中途半端に手を引いた事だ」と考えており、今度こそ撃つにしろ撃たないにしろ最後までマモルの傍にいようとしていたのだった。
圧裂弾を要求したのも、復讐の為マモルに使うのではなく、これ以上の悲劇を生み出さないためにマモルが確保しているオリジナルを確実に倒すためだった。

しかし、実験体の仲間たちを全て殺され、三崎から福田の母親のことを聞いて今更後戻りもできないと悔やみ続けるマモルには福田の言葉も届かなかった。壮絶な戦いの末にマモルは溶原性細胞のオリジナルを庇って爆死してしまう。

爆心地には元駆除班の絆の証である五円玉が遺されており、それを見た福田は「(マモルは)戻って来たんだ、俺たちの所に……」と痛切な表情で語るのだった……

その後は駆除班へと戻り悠のサポートに回った。

関連記事

親記事

ノザマペストンサービス駆除班 のざまぺすとんさーびすくじょはん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35399

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました