ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ビーロード

びーろーど

ビーロードとは、『仮面ライダーアギト』に登場する超越生命体である(イラストはビーロード アピス・メリトゥス )。
目次 [非表示]

登場話:第22話『運命の対決』 第23話『資格ある者』


概要

仮面ライダーアギト』に登場する、ハチによく似た姿を持つ超越生命体(アンノウン)。


スズメバチに酷似した姿の「アピス・ウェスパ」とミツバチに酷似した姿の「アピス・メリトゥス」の2体が登場している。


どちらも人間を生きたままの状態で無機物と融合させる能力を持っており(木や蜜蝋などを原料に蜂が巣作りをするからであろうか?)、この能力で“人間を壁やコンクリートに埋め込んで窒息死させる”という不可能殺人を引き起こしていた。


各個体

アピス・ウェスパ

ビーロードアピス・ウェスパ

「アギト!」

CV:塩野勝美

身長206.0cm
体重154.0kg
特色/力針によるアナフィラキシーショック、人間と無機物の融合

スズメバチによく似た姿を持つ超越生命体。第22話に登場。

個体名の意味はズバリ“スズメバチのハチ”


スズメバチの怪人だけあり攻撃的かつ獰猛な性格で、ビーロード共通である人間を生きたまま無機物と融合させてしまう能力を有しており、優れた跳躍力と俊敏な動きを誇る。


この跳躍力と俊敏な動きで敵を翻弄し、「煉獄の針」とよばれるレイピアで突き刺す戦法を得意としている。なお、このレイピアで突かれた者にはアナフィラキシーショックを引き起こして即死する運命が待ち構えている。


上記の能力で次々に超能力たちを殺害して行くが、これを察知した仮面ライダーアギトと交戦。アギトを斃そうと試み飛び掛かって行くが、最後は「ハルバードスピン」をすれ違い様に受けて爆死した。


恐らくは雄だと思われるが、実際のスズメバチの大半はメスである。


アピス・メリトゥス

一番好きなアンノウン

CV:高田由美

身長203.0cm
体重143.0kg
特色/力人間と無機物の融合、高高度への跳躍

第22、23話に登場するミツバチに酷似した姿の超越生命体。個体名の意味は“甘いハチ”だろうか(「東映版公式サイト アンノウン・ネーミング解題」によると、「メリトゥス」には「蜂蜜の」「愛しい」という意味もあり、1つに特定できない)。


女性怪人であり、冷酷かつヒステリックじみた性格の持ち主。うなり声もどことなくミツバチの羽音を思わせるようなものになっている。


ビーロード共通である、人間を生きたままの状態で無機物と融合させてしまう能力を有しており、更に後頭部の翅を左右に開くことで60mの高さまでジャンプすることが出来る。ハチなので勿論飛行能力も有している。

なお、人間を壁に埋め込む際には壁にハニカム構造状のパターンが現れ、その後そこが蜜蝋のように融けはじめ、そこに埋め込むという流れとなる。


同種族のウェスパが倒された光景を見て激昂し、アギトに襲いかかるが逆に「フレイムセイバー」で左の触角を切断されたために撤退。

しかしこの時の負傷の影響で“アギトの力の判別能力”=“超能力の感知能力”が狂ってしまい、力を持たない人間も容赦なく殺害するただの殺人鬼へと変貌してしまった(本来このような行為を咎めるはずの上司たる闇の力は諸事情で警察病院に引きこもっていた為、このような無法者は放置されてしまっていた)。


一度はV-1の銃撃を受けて撤退。

その後、アギトと再戦するが、突然乱入してきた仮面ライダーG3-Xの妨害に怯み、標的をG3-Xへと変更。

飛行能力を駆使して「GX-05ケルベロス」の銃撃を回避して弾切れに追い込むが、予備弾装を許してしまい、最後はケルベロスの銃撃で皮肉にも自分がハチの巣にされて爆死した。


余談

衣装モチーフはギリシャ風の鎧で、メリトゥスは『仮面ライダー』の蜂女もモチーフになっている(『完全超悪』p138より)。


関連項目

アンノウン(怪人) ハチ スズメバチ ミツバチ 蜂女


外部リンク

Web archive「仮面ライダーアギト」公式サイト アピス・ウェスパ

Web archive「仮面ライダーアギト」公式サイト アピス・メリトゥス


ビーロード アピス・ウェスパ | 仮面ライダー図鑑 | 東映

ビーロード アピス・メリトゥス | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10778

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました