ピクシブ百科事典

ノバショッカー

のばしょっかー

ノバショッカーとは、映画『仮面ライダー1号』に登場するショッカーの分家組織である。
目次[非表示]

概要

映画『仮面ライダー1号』に登場するショッカーからの分家組織。

ショッカー首領が直接ないし間接的に支配していた悪の組織であるショッカー~バダンが、力による世界征服を目指していたのに対して、“やり方が古臭い”と反感を抱いたウルガを筆頭に、彼の考えに賛同して彼の下へと集った“元”ショッカーのメンバー達によって設立された。

今までの悪の組織が「世界征服!?よし!まずは国会議事堂を襲撃しよう!」などという短絡的なテロに走り気味だったのに対し、彼らは経済を裏から牛耳ることで世界征服を目指しているというブラックゴースト某組織の様に非常にリアルな方法で世界征服を目論んでおり(既存のライダーシリーズの敵組織で言えば、『真・仮面ライダー序章』に登場した財団が最も近い存在である)、ショッカーのやり方に疑問を持ち始めていた人物が大半を占めていたために規模的にはショッカーを遥かに上回るメンバーが所属している。

ただし設立して間もないために勢力的には未だショッカーよりも劣っているらしい。

構成メンバー

ウルガ
演:阿部力
ノバショッカー三幹部のリーダー格。ハイエナ改造人間
アレクサンダー眼魔眼魂を吸収し、ウルガアレクサンダーへとパワーアップするが…。

イーグラ
演:長澤奈央
ノバショッカー三幹部の1人で紅一点。ウルガの秘書フォーゼ恩師に顔が似ている。
美麗で美しいが性格は冷酷。サーベルを使用するとしか書いておらず、怪人態はないが、その勇ましさから蜂女の系譜とパンフレットには記されている。

バッファル
演:武田幸三
ノバショッカー三幹部の1人で、寡黙な性格のパワーファイター。怪人態はゲバコンドルがモチーフ。

ノバショッカー戦闘員
ノバショッカーの戦闘員
ショッカー戦闘員のような姿をしているが、骨の模様が装甲に変化しており、近未来的でスタイリッシュな姿が特徴。

活動

手始めに日本全土から電気を強奪、大規模な停電によるパニックに陥れ、日本政府にそれに代わる新エネルギー「ノバエネルギー」の供給を提案、契約させた上、ノバエネルギーの出力を上げて再び停電を起こさせ、日本政府ではノバエネルギーを扱いきれないと評し、ノバショッカーに電力管理を任せろと日本の総理大臣に脅すなど、日本の経済を掌握に成功した。

また、ショッカーに密かに忍ばせていた内通者(リンク先ネタバレ注意‼)からアレクサンダー眼魂の情報を掴み、ショッカー、ライダーとの三つ巴を行い、ショッカーからアレクサンダー眼魂を強奪、手に入れる事に成功した。

ウルガは自身のにアレクサンダー眼魂を取り込み、更なる力を得て全ての存在の頂点に立とうと目論むが、皮肉にもそれがノバショッカーの理念を多く変えてしまう事になった・・・・・・・。

終盤

アレクサンダー眼魂の強大な力を制御する事が出来ず、ウルガは自身の精神をアレクサンダーに乗っ取られ、幹部であるイーグラを殺害してしまう。その後もバッファルや多数の戦闘員を率いて破壊活動を行ったが、最後はゴーストスペクター1号ライダー地獄大使の活躍によりリーダー格のウルガとバッファルが死亡し、ノバショッカーは壊滅に追い込まれた。

力による世界征服を目指すショッカーを忌み嫌い、経済を掌握することによって世界を実質的に征服する事を目的としたウルガ達であったが、アレクサンダー眼魂の力に飲み込まれて暴走し、破壊活動を行うようになるなど、皮肉にも忌み嫌ったはずのショッカーと同じ事を犯す事になった

関連項目

ショッカー 仮面ライダー1号(映画)

※他のショッカーの名を冠する悪の組織
ゲルショッカー 大ショッカー スーパーショッカー ネオショッカー スペースショッカー

ジンドグマ→同じく分家組織関連で

pixivに投稿された作品 pixivで「ノバショッカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 578

コメント