ピクシブ百科事典

アレクサンダー眼魂

あれくさんだーあいこん

アレクサンダー眼魂とは、映画『仮面ライダー1号』に登場する眼魂で、物語の重要な鍵を握っている。
目次[非表示]

CV:飯塚昭三

概要

映画『仮面ライダー1号』に登場する英雄眼魂。
立花藤兵衛の孫娘・立花麻由の体内に宿り、それを謎の眼魔により不完全な肉体を得て、現世へと舞い戻って来たショッカー地獄大使が自身の完全なる肉体を得るための生け贄として狙った。時折、麻由の精神を乗っ取り暴れだす。
しかし、内通者によりその存在を知り、更なる力を得る事で全ての存在の頂点に立とうと目論むノバショッカーウルガに奪われてしまい、体内に吸収される事になるが・・・・・・・。

映画『仮面ライダー1号

実は英雄眼魂ではなく、地獄大使復活に暗躍した謎の眼魔と呼ばれる存在が用意した眼魔眼魂で、アレクサンダー大王(征服王イスカンダル3世)の力を宿していた。
意思を宿しており、自ら選んだ人間の体に入り込むことで成長する性質を持ち、立花麻由の体内に入り、時折、人格の変化が突然起こるようになるなど、影響を与える他、他者を強大な力を与える代わりに所有者の意思を乗っ取り、暴走してしまう危険性を持つ。
この眼魂から実体化するパーカーは、まるで猛獣の皮を思わせる外見だが、こうした猛獣の皮で作った上着は、ネメアの獅子と英雄ヘラクレスの逸話にある様に相手を討ち負かした証であり戦利品でもある。ある意味、他国を屈服させ、己の支配下に置いたアレクサンダーを象徴するに相応しいデザインである。
逆を言えば、他者を討ち負かすのでは無く、その弱みに付け込んで益を得るハイエナ怪人ウルガには手に余る代物であった。

ウルガをウルガアレクサンダーへと変貌させて、精神を乗っ取り暴走させるが、ゴースト、スペクター、仮面ライダー1号、そして地獄大使の活躍で、ウルガは敗北、爆死するが、アレクサンダー眼魂は破壊されずに残されていた・・・・・・。

だが、他人の力を利用する事に耐えかねた地獄大使により粉々に破壊されるのだった。


伝説!ライダーの魂!

完全に消滅してはいなかったのか新たに生み出したのかは不明だが「伝説!ライダーの魂!」完結編にて眼魔ウルティマアレクサンダー/闇の意志が使用した。
唐突に出現した隕石から放たれた黒い瘴気から誕生し闇の意志(なお闇の意志こそが上記の謎の眼魔、つまり地獄大使を蘇らせアレクサンダーアイコンを渡したそもそもの元凶と思われる)を驚愕させるという相変わらずの恐るべき力を示している。
闇の意志を眼魔ウルティマアレクサンダーへと変貌させるが平成魂に撃破されると同時にアイコンも再び破壊されたと思われる。

アイコンを出現させた瘴気はノバショッカーのウルガバッファルを蘇らせるなどの能力を披露したがその正体が明らかになることは最後まで無かった。
ウルガが語った「自分達を復活させた闇の意志」とはこの瘴気の事なのか眼魔ウルティマの事かは不明だがその力に驚いているなど瘴気=眼魔ウルティマではないようだ。

仮面ライダーゴースト100の眼魂とゴースト運命の瞬間

夏映画には眼魔眼魂ではない仮面ライダー達が使用可能なアレクサンダーゴースト眼魂が登場することが判明している。
なお、100の眼魂の内の1つであるためかアレクサンダー眼魔眼魂のマークとは異なる(公募でデザインが変更されているため)。

関連項目

仮面ライダーゴースト ゴーストアイコン

仮面ライダー1号(映画) 伝説!ライダーの魂! 100の眼魂とゴースト運命の瞬間

コメント