ピクシブ百科事典

カイメングリーン

かいめんぐりーん

『人造人間キカイダー』に登場する、描きやすさ永久不動のNo.1たるダークロボット。
目次[非表示]

「バカめ、このカイメングリーンは不死身だ!」

概要

人間態:潮健児
声優:大宮悌二

 『人造人間キカイダー』第27話「バイオレットサザエ悪魔の恋」、第28話「赤子を泣かすアカオニオコゼ!」、第29話「カイメングリーンは三度甦る」に登場したダーク破壊部隊アンドロイド。身長:2m、体重:91㎏。

 海綿というモチーフにしているだけあって、まんまるいデカ頭とアイスクリームみたいな手足が特徴の非常に描きやすいデザインロボットである。そのシルエットは某国民的ロボットを連想させる。
 頭の部分千切って投げつけることで人間や岩石をドロドロに溶かすほどの毒液を放つほか、転がして相手を跳ね飛ばす『カイメン必殺玉転がし』としても使われる。両腕からは焼夷弾『カイメン炎』を放つ。
 またサボテンに擬態することもできるほか、突然サボテンを発生させ動きを封じ、蔦で相手を拘束する『幻カイメン』という技も持つ(逃走と同時に消失するため幻覚と思われる)。
 また顔色の悪い中年男性という人間態も持つ。
 最大の特徴は再生能力であり、キカイダーの攻撃であっさりバラバラになるほど脆いが、何度でも合体して復活することが可能。バラバラ状態で攻撃することもできる。

 バイオレットサザエアカオニオコゼと共に荒木博士の作った完全な良心回路の設計図を奪取するのが目的。
 第27話、28話ではバイオレットサザエ、アカオニオコゼのサポートとしてキカイダーと戦うが、コンビネーションがとれていないのかぶつかってダメージを負うシーンも。また戦闘のたびにバラバラにされているが、すぐに復活している。サボテンに成りすまし潜入し、第27話ではピンチのバイオレットサザエを救出し、第28話では情報を聞き出すという活躍もしている。

 第28話終盤にて人間態となり、誤解から家出した光明寺マサルを追跡する。なお追跡に使用したタクシーの運転手がダークの宿敵である光明寺博士だったのだが、気付くことは無かった。
 第29話ではわがままなお嬢様カオルの気まぐれに付き合わされている光明寺マサルを追跡、カオルが履いている靴(マサルが持っていた設計図入りの物を勝手に交換した)を奪おうとする。カオルが狙われる原因に気付いて靴を投げ捨て、それを拾った服部半平を『カイメン炎』で攻撃するが、その際に設計図が消失。なおプロフェッサー・ギルの目的は良心回路の設計図をキカイダーに渡さないことだったのでこの時点で目的は果たしているのだが、なぜか激昂し光明寺姉弟に襲い掛かったところでジローと戦闘に突入。
 悪魔の笛に苦しむジローに追い打ちとばかりに『カイメン炎』を撃ち込むのだが、その炎のせいで笛の音が聞こえなくなるといういつもの失敗をやらかしてしまう。
 変身したキカイダーの大車輪投げでバラバラにされるも、今度はバラバラにされたまま『お前の体もバラバラにしてやる』と襲い掛かる。しかしバラバラになると無防備になるようで、直後に放たれた電磁エンドにより破片の全てが爆発してあっさり破壊されてしまった。

派生作品

 デザインが簡単だからか『スーパー特撮大戦2001』や『スーパーヒーロー作戦』にも登場しており、後者では原作のアカ地雷ガマの役も担う(つまりキカイダーを完全破壊すると言う大金星を挙げる)が、やはり逆上したハカイダーに完膚なきまでに粉砕されてしまう。

『人造人間キカイダー THE ANIMATION』では最終話に登場するが、所詮は量産型であり、キカイダーによって全て破壊された。

イギリスのテクノバンド The Chemical BrothersのPVにもアンドロイドマンと一緒に登場している。
PV(外部サイト)

関連項目

キカイダー ダークロボット

関連記事

親記事

ダークロボット だーくろぼっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カイメングリーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2430

コメント