ピクシブ百科事典

白骨ムササビ

はっこつむささび

『人造人間キカイダー』に登場したムササビ型のロボットであり、事実上のラスボス。
目次[非表示]

CV・和久井節夫
「俺はとどめを刺さない主義だ! 存分に苦しんで死ね!」

概要

ダーク破壊部隊における最強ダークロボットであり、プロフェッサー・ギルの切り札。身長195㎝、体重60㎏。
既存のダークロボットとは違い、おふざけ一切無し、単純に強く恐ろしい凶悪アンドロイド不意打ちしたとはいえハカイダー圧勝するなど、その実力が伺える。
攻撃力の高さに加え、体をバラバラにした多方向攻撃(アバラ火の玉、ムササビライナーなどと呼ばれる。小説ではミサイルと表記)も可能。
プロフェッサー・ギルが戦闘能力を持っていないため、事実上のラスボスでもある。

圧倒的なスピードでキカイダーを追い詰めるも、すれ違った一瞬のすきを突かれてデンジエンドを受け、崖から転落して爆発四散した。

なおデンジエンドで倒されたことに対して「本当に最強なのか?」と槍玉に挙げられることもあるが、そもそもデンジエンドを打ち破ったダークロボットはクロガラスしかいないので、デンジエンドは白骨ムササビが弱いと論ずる証拠に足り得ない。

デザイン

ダークロボットらしく、例によって「ムササビってこんな顔してたっけ?」と思ってしまうデザインである。皮膜こそムササビ要素ではあるが、そもそも白骨というだけあって骨のデザインなので、ムササビに見えるかというと見えない。ロボットと言うよりは、アンデッド系のクリーチャーに見える。ドラクエスカルゴン等に近いか。

ダーク破壊部隊では、物騒な名前のわりに愛嬌のある奴が多い。
また、同じ骨の怪物でも、『ウルトラマン』のシーボーズ等はどこか「死者の哀愁」を感じさせる面立ちだ。
しかし、この白骨ムササビは愛嬌や哀愁等とは無縁のひたすら凶悪な面構えである。
まあ格好よければ何でもいいのか。

小説「人造人間キカイダーTheNovel」版

「最強の空戦用ロボ」と言うふれこみで登場し、ダークもろとも自爆を試みる光明寺博士の計画を阻止した。
終盤のダーク本部警護部隊として登場するが、被膜を引き裂かれ、デンジエンドを受けてあっさり破壊された。登場ページ数はわずか3ページ(中盤で初登場した際も含めると6ページ)であった。

XASH版

S.I.C HEROSAGAKIKAIDEROO』では、ダークの後継組織「XASH」のバイオノイドの一体として登場。
XASH首領の冥王ハカイダー(サブローのボディを流用したものだが、脳は光明寺博士やギルではない第三のブラックハカイダー)は過去の忌々しきトラウマからムササビを嫌悪しており、本来は生まれてくるはずも無かったのだが、自力で培養槽を破壊し、他のバイオノイドの幼体を全て捕食し最強のバイオノイドとして産声を上げた(キカイダー01は「まるで蠱毒だ」と嫌悪感を露わにしていた)。
共食いの末に人間の味をおぼえ、光明寺博士を捕食しようと執拗に追い回した(食う肉の無いキカイダー三兄弟はガン無視)し勝手に暴走したため、最後はアーマゲドンゴッドと一体化したギルによって追放され、アーマゲドンゴッドに捻り潰され粉々にされた。

余談

ハカイダーがこいつに倒されたことに、ハカイダー役の飯塚昭三氏は「なんでこんなムササビなんかにやられちゃったの?でもやったのが和久井ちゃんだからいいっか」と述べている。(和久井氏が飯塚氏と盟友だったため)

着ぐるみは『キカイダー01』のシャドウロボットお岩フクロウに改造されている。これはさらに「どこがお岩でどこがフクロウ?」と言う造形である。(一応、お岩に化けてはいる)

関連タグ

特撮 昭和特撮 ラスボス
人造人間キカイダー ハカイダー

関連記事

親記事

ダークロボット だーくろぼっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「白骨ムササビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2605

コメント