ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

キカイダー兄弟の3体目のロボット。特撮版には登場しない。00は「ダブルオー」と読む。
人間形態時の名前は「零(レイ)」。(表向きは)キカイダーシリーズで一番の戦闘力をもち、かつジローのような良心回路持っていないのが下記3作すべてで共通する。

各媒体の違い

原作マンガ版

零


こちらで初登場。
キカイダージロー光明寺博士の設計図を元に作った。つまりジローからしてみればでありであるが息子でもある。クールで冷静。
ジローが「話相手が欲しくて」、また戦闘向きでない自身の優しさをフォローするために造ったため、腕部のカッターによる「W斬り」、両腕から電磁波を撃ち出す「クロスラインショット」など凄まじい戦闘能力を持ち、ジローやイチローのように劇中で苦戦することはほとんどなかった。
ギルハカイダーは「キカイダー2機分の戦闘力がある」とまで発言している。

最後はキカイダーや01、ビジンダーと共にギルハカイダーに捕らえられ、服従回路を取り付けられて完全に洗脳されてしまうが、良心回路を持つキカイダーのみは洗脳されなかったため、ギルハカイダーの命令によりキカイダーに襲い掛かる。しかしキカイダーの服従回路も正常に作動しており、善悪両方の心を持ったことで冷酷な判断を下せるようになったキカイダーは「今まで1度も使ったことがなかったブラスター目からビーム)」を兄弟(+恋人)に対して戸惑いなく撃つ。その事により00は01やビジンダーと共に僅か1コマ瞬殺されてしまった。

小説「KIKAIDER00」

月刊ホビージャパンに連載された。この小説では主人公を務める。
TV特撮版「01」の続編(ただし矛盾も多い)で、マンガ版とは設定が異なる。00を作ったのは光明寺博士の娘婿・海野博士。
必殺武器として、光明寺博士が作った「電磁ブレード」を用いる。ある特殊能力を有しているため、電磁ブレードは切れないものが存在せず、触れた瞬間対象物を空間諸共異次元に消し飛ばすという超チート技になっている。
本来の完成形はロボット刑事Kになるはずだった(そのためにブローアップ機能を有していた)。だがある事故によって体の一部が透明パーツになり、キカイダーのような外見になった。
挿し絵の代わりにディオラマが作成され、登場人物達のフィギュアがS.I.Cシリーズで発売された。

アニメ「キカイダー01 THE ANIMATION」

こちらは「原作マンガでダーク破壊部隊が壊滅しキカイダー01が登場した以降のエピソード」を元にしたストーリー。映像作品としては2014/1月現在で唯一の登場。
この作品では光明寺博士が残した素体を元に、博士の師である風天和尚が作成した。性格は原作同様、クールで非情さも漂わせる。ジローとイチローを一切兄と思っていない
声優はサイボーグ009島村ジョーなどで知られる井上和彦氏。
上記『S.I.C』同様、身体の各所から破壊砲を展開させる「ブローアップ」が可能で、全身武器の塊といった印象を受ける。
これのスペシャルアーティスト版は白一色の塗装となっており、人造人間ハカイダーに登場する高性能人造人間ミカエルを髣髴させる姿で紹介された。
(ミカエルもキカイダー00と同じ井上和彦氏である)

余談

なお、ベルトに刻印された「W」の紋章やボディから、仮面ライダーWサイクロンジョーカーエクストリームは00をモチーフとしていると思しい。

関連タグ

石ノ森章太郎 人造人間キカイダー ダブルオー
サイクロンジョーカーエクストリーム

ダブルオーガンダム…ダブルオーの名を冠したロボット繋がり。

関連記事

親記事

人造人間キカイダー じんぞうにんげんきかいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キカイダー00」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27178

コメント