ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ビジンダーは、特撮キカイダー01』及び、漫画人造人間キカイダー』に登場するアンドロイド
特撮版の人間態の名前はマリで演じたのは志穂美悦子。漫画版はミエ子で演じたのは堀江美都子
必殺技(というか乳首)から光線を放つビジンダーレザーライダーキックに似たキック技「ビジンダーシュート」、01とお互いのエネルギーを同調させて放つ「ブラストレザー」など。

活躍

特撮版

特撮版では、体内に水素爆弾が内蔵されており、マリの服の第3ボタンを外すと爆発するようになっていた。これで01を抹殺せんとしたが、後にワルダーが自らの命を賭して解除した。
余談だが、このときの志穂美悦子の演技が艶めかしく、当時の少年たちの心をハラハラさせた。ウッチャンナンチャン内村光良は、これがきっかけで志穂美のファンになったと語る。

世界大犯罪組織シャドウに製作された戦闘用アンドロイドであるが、特撮ではイチロー・キカイダー01に良心回路を取りつけられたため、漫画ではジローキカイダー良心回路と自身の回路がシンクロしたために、完全な正義にも悪にもなりきれない自分に苦しむ。
後にキカイダー兄弟に協力し、シャドウと戦うことになる。

後日談である小説KIKAIDEROO』では、冥王ハカイダーに拉致されて服従回路を取り付けられ、完全に善の心を失った堕天使となる。キカイダーを油断させて捕まえ、服従回路を取り付けることに成功するも、01との戦いに敗れ破壊される。
が、電子頭脳は残っていたため、ハカイダーにより回収されたCPUは「白」のカレンダー、「赤」のスレンダーという二つのボディに分割され、二人一組の下僕にされてしまった。

アニメ版

アニメ版『キカイダー01』では、光明寺博士の設計図をもとにプロフェッサー・ギルが作成したロボットという設定であり、リエコと同型のロボットである。
ロボットの制御を操れる「クレイジーアイ」でキカイダー兄弟を苦しめるも、リエコとシンクロしたことでキカイダーの反撃を浴び、アキラ奪回を諦め一時撤退。
その後、ギルハカイダーの組織帰還を受け、シャドウナイトらと共にキカイダーたちを追い詰めるが、秘匿されたロボットである事実に悩むリエコの意思とシンクロするかのように、シャドウを裏切り、彼女を救う。
キカイダー00・レイの説得もあり、その後はキカイダー3兄弟に協力し、ギルハカイダーの最終兵器アーマゲドンゴッドを止めようとするも……
原作とは異なる衝撃の結末は必見

小説版

松岡圭祐氏による小説人造キカイダーTheNovel』では、ビジンダーとは明記されていないものの、同タイプの戦闘形態と「マリ」という名を持つ人造人間が、ジロー・キカイダーの兄弟機として登場。光明寺博士の設計によるもので、彼はダーク破壊部隊と同レベルの電子頭脳を搭載されたことを嘆いていた。
プレジデント・ギル(プロフェッサー・ギルに相当)の有能な秘書であるアンドロイドであるとともに、ギルので戦闘形態に変形する。冷静沈着な面とミツコをいたぶって楽しむ残虐な面の二面性を見せていたが、ギルの常軌を逸した狂気と残虐性、そしてを極端に恐れる卑小さを目にしてからは、サブロー・ハカイダーにジローと似た面を見出したり、光明寺博士のを身体に戻したりなど、特撮版を垣間見させる人間性を見いだせるようになった。
彼女はラストシーンでギル亡き後のダークを離れ、シャドウに加入する。

また、映画『キカイダーREBOOT』でも高橋メアリージュンが演じる「マリ」が登場する。

関連項目

キカイダー01 キカイダーREBOOT
ロボ娘 チクビーム

関連記事

親記事

キカイダー01 きかいだーぜろわん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビジンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 182814

コメント