ピクシブ百科事典

ダブルマシーン

だぶるましーん

【ダブルマシーン】とは、石ノ森章太郎作『キカイダー01』に登場する側車付の自動二輪車。(画像中の青い車両)

概要

イチローことキカイダー01が駆るサイドカーサイドマシーンと違い、変身前も変身後も一貫して同じ形態を取っている。物語前半にて側車部分にアキラを乗せて津々浦々を旅していた。
地上はもちろん、空中、水中、地中、はては宇宙空間まで飛行可能な万能マシン。
最高時速は地上では500キロ、空中では800キロ(地雷が点火してから爆発するまでの間に、地雷原を通過できる)。
エネルギーがあれば地球と月も行き来可能で、25話にてザダムを追って月に取り残された01のためにジローが月に飛ばしたこともある。
ボディーの素材は鳥の羽より軽く、鋼鉄より硬い。自動操縦も可能。劇中では使用されなかったが、サーチライトは太陽光と同等であり、01のエネルギー補充も可能である。また、側車部分が分離走行出来る設定もあった。

特撮ドラマではフロント部に装備されたミサイル砲と、後部ウイングの噴射口から発射するゼロワンファイヤー(23話で使用。01の技とは別物)を装備している。
ベース車はジローの変形前のサイドマシーン後期タイプ(カワサキマッハII 350SS(S2)+サイドカー)を改造した物。このため作中ジローは一貫して変形後のサイドマシーンを操縦していた。

アニメ版ではミサイルを発射したほか、ダブルマシーンのウィング部分が分離し、風車状になったあと、回転しながら敵を切り裂き、シャドウのカニ型量産ロボットを一瞬で撃破した。

関連タグ

石ノ森章太郎 キカイダー01

サイドバッシャー:特撮ドラマ「仮面ライダー555」に登場するスマートブレイン社製の側車付の自動二輪車。 歩行戦車への可変システムが組み込まれているスーパーマシン。

関連記事

親記事

キカイダー01 きかいだーぜろわん

兄弟記事

コメント