ピクシブ百科事典

ミカエル(人造人間ハカイダー)

みかえる

特撮映画『人造人間ハカイダー』の登場人物であり、グルジェフによって生み出された高性能人造人間。
目次[非表示]

CV:井上和彦

「例え犯罪者と言えども、“命”は尊重しなければならない。」
「なぜ死ななかった? 戦って死んでこそ、私の部下の資格がある!」

概要

ハカイダーの次世代機として作られた高性能人造人間。
グルジェフの命令に従うジーザスタウンの公安司令官で、正義という名の弾圧をふりかざす。
劇中では、犯罪者の自殺を阻止したりグルジェフから命の大切さや尊さを理解したり、優雅で上品かつ、優しげな声も相まって貴公子然とした態度を見せ、その姿は機械仕掛けの天使を思わせる。
しかし、その本性は、殉職しなかったという理由だけで負傷した重武装兵を何食わぬ顔で殺害したり、ハカイダーに対して陰湿な攻撃(闇討ちや不意打ち、ハカイダーから銃を奪い弾丸を全て引き抜いてから殴り飛ばす)を仕掛ける等、やってることが正義どころで済む話ではない。
また、グルジェフから自身がハカイダーの兄弟機である事を明かされた際に「私の方が優れている…ハカイダーよりも…!」嫉妬ともコンプレックスとも取れる暗澹とした独り言を漏らしている。
白いボディに翼状のギミックなど、敢えてヒロイックなデザインが成されており、アルカイックスマイルを見せ微笑んでいるように見えるがよく見てみると目が吊り上ってて凄い怖い顔をしており嘲笑を浮かべているようにも見え、指先が爪のように尖っていたりと酷薄さが滲み出ているものとなっている。
後羽根の金属フレーム部の間には地獄絵図の背景を思わせるような赤黒い空と渦巻く暗雲の描かれた被膜が張られていたりと、天使の皮を被った悪魔としての顔を持ち合わせている。
当時のホビー誌の特集で掲載されたスタチューキットの解説曰く、『白人の大人的』。

武器はレーザーメスすらも凌駕する切れ味を誇る爪「エンジェルクロウ」と先端がカッターになっている羽「エンジェルウイング」。普段はマントのように収納している。

本編後半でハカイダーによって右腕とエンジェルウイングを破壊された上に首を引っこ抜かれて一度倒されたが、ミカエル戦車として復活。顛末に関してはリンク先参照

後日談であるゲーム『人造人間ハカイダー ラストジャッジメント』で再び登場。
同作ではギルの手先となっており、ハイパーミカエル(ミカエル戦車を人型にしたような姿)という強化形態も登場している。

漫画版では、ギルによって作られたロボット、キカイダー・システムズの一体として登場。
ギルからハカイダー抹殺命令を受け、追跡を開始する。

余談

キカイダーがモチーフと思われがちだが、デザイナー曰く白く洗練したハカイダーを基にしている。
キカイダーがハカイダーの兄だったのに対し、彼はハカイダーの弟という立場である為、全く逆となっている。
ちなみに彼の声を当てていた井上和彦氏もあとでキカイダー00の声を当てている。

関連タグ

人造人間ハカイダー グルジェフ
キカイダー プロフェッサー・ギル
アナザーライダー…ヒーローをモチーフにした悪役繋がり。
正義 偽善者 天使 悪魔
キチガイ
ジニス…中の人が同じ特撮悪役繋がり。
ン・ダグバ・ゼバ…同じ白で統一された悪役繋がり。

関連記事

親記事

人造人間ハカイダー じんぞうにんげんはかいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミカエル(人造人間ハカイダー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 271

コメント