ピクシブ百科事典

島村ジョー

しまむらじょー

石ノ森章太郎原作のSF漫画『サイボーグ009』の主人公、サイボーグナンバー009の本名。
目次[非表示]

CV:
太田博之(’66、'67劇場)
田中雪弥※現・森功至(’68テレビ)
井上和彦(’79-’80テレビ、'80劇場)
櫻井孝宏(’01-’02テレビ)
宮野真守(’12劇場「RE:CYBORG」)
福山潤(デビルマンVSサイボーグ009)
河本啓佑('16 CALL OF JUSTICE)

プロフィール

サイボーグ009」の主人公、サイボーグナンバーは009
5月16日生まれの18歳。国籍は日本外国人(人種は不明)のハーフ

ブラックゴーストによって先に改造されていた7人の技術(001を除く)を結集してつくられたサイボーグであり、特長は加速装置で目にもとまらぬ速さで行動できること。
ブラックゴーストの開発している戦闘用サイボーグの基本となっており、彼を基準にその後も数々のサイボーグが開発されている。
その実力からゼロゼロナンバーのリーダー的存在である。

戦いを好まない優しい性格であり、時折迷いを見せることもある。
アルベルト・ハインリヒにはその性格を指して「甘い」と評されることが多々あるが
仲間世界のために戦うと決めた時には覚悟を決めて決して手を緩めず、ひとたび本気を出せばハインリヒと共に00ナンバーチームの二大主砲として大活躍する。
しかし、その優しさゆえに、戦いの末に訪れた悲劇にすることも多い。
その優しさ、そして甘いマスクから、作中作外問わず女性人気は高い。

両親を亡くし幼い頃より孤児院で育つが、ハーフ孤児であることを理由差別偏見を受けたためグレてしまい、を犯して少年鑑別所に送られてしまう。集団脱走をもくろんだところをブラックゴーストに拉致され、本人が気を失っている間に改造された。

アニメなどの各メディア種では設定が微妙に異なっており、昭和新アニメ版では、同じハーフ仲間の少年ジロー(どこかで聞いた名前だ)を助ける為に不良怪我を負わせ鑑別所に送致され、平成アニメ版では不良ではなく、育ての親である神父殺害濡れ衣を着せられて警察に捕まったという設定である(後に神父を殺した犯人は0012の部下であるスケアであることが判明)。

普段はカーレーサーとして活動している。

003のフランソワーズ・アルヌールとは相思相愛の仲。そのことでちょくちょくチームメートから冷やかされている。
なお作中で、未来からやってきた人物が、ジョーに「わたしはあなたとフランソワーズの子孫なのだ」という意味深なセリフがある。

外見

サイボーグ009(009)


栗色~金色の髪、瞳は黒~茶色、右目(場面によっては左目)が前髪で隠れているのが特徴。
1966-1968年のアニメ第1期では、一人だけ配色の異なる白い戦闘服を着ており、赤いマフラーをなびかせている。

加速装置!!



「アレに一度乗ってみたいな」

『サイボーグ009』第1話が掲載されたのは、半世紀以上前の1964年。
この年は第一回東京オリンピックが開催された年であり、そのために作られたのが東海道新幹線である。
0系ひかりを見たジョーは加速装置を入れ、新幹線と並走するというシーンがある。この何とも微笑ましいシーンは初代アニメ(1966年放映)のOP映像でも使用されており、同じ1964年に放送されたテレビアニメ8マン」と同じく新幹線と共に走る姿が描かれている。
まあ、この二人が本気を出せば100m先を走ってる新幹線も1.7秒で追い越せるのだが

関連イラスト

明日の平和を告げる鳥に
旧と平!



関連タグ

石ノ森章太郎 サイボーグ009 009 メカクレ
加速装置
この世で一番速いヤツ
ストライダー飛竜 - オマージュ元。容姿や設定に類似点が多く見られる

pixivに投稿された作品 pixivで「島村ジョー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1239360

コメント