ピクシブ百科事典

ピュンマ

ぴゅんま

「サイボーグ009」の登場人物。008。
目次[非表示]

CV:
内海賢二(’66、'67劇場)
野田圭一(’68テレビ)
戸谷公次(’79-’80テレビ)
曽我部和恭('80劇場)
岩田光央(’01-’02テレビ)
杉山紀彰(’12劇場「RE:CYBORG」)
岡村歩(デビルマンVSサイボーグ009)
石谷春貴(CALL OF JUSTICE)

概要

あだ名は「人魚マーメイド)」または「半魚人」。姓の有無は明らかになっていない。
大卒の学歴を持つため教養も高く、大陸貧困偏見迷信を解消しようと努め、アフリカ自然を守ろうと考えている真面目青年。他のメンバーたちが個性派揃いなこともあってツッコミ役に回ることが多い。

アフリカ原住民酋長の家系に生まれた青年で、奴隷商人に捕まり脱走したところを、『黒い幽霊団(ブラック・ゴースト)』に拉致され、そのまま改造された。大学を出たエリートであり、ブラックゴーストを脱出した後は祖国の独立運動に協力しつつ自然保護監察官として働いている。
平成アニメでは人種差別への配慮のため、祖国の解放運動に身を投じたゲリラの闘士とされ、で自らの部隊が全滅した上に、ブラックゴースト不意打ちを受けて攫われ改造された、という設定に変更されている。
長年出身国は不明だったが、劇場映画『CALL OF JUSTICE』ではケニア出身であることが明かされた。

深海活動用に改造されたため、両足のに噴射口が備えてあり、激流を噴射しての中で素早く活動できる推進能力や人工のえら、深海の水圧をはじめとする高重圧環境に耐える皮膚内臓を持つなど、水中活動だけなら他の全員を凌駕する。体内の酸素ボンベも高性能で、宇宙などの真空中でも他のゼロゼロナンバーよりはるかに長時間活動可能。
地上での戦闘能力は基礎能力しかないため、戦闘艇の武装で他のゼロゼロナンバーを援護する場面もたびたび見られる。
地価帝国ヨミ編の序盤で肉体の大部分を破壊されてしまい、蘇生処置とパワーアップも兼ねてギルモア博士から再改造を受けたが、その際全身を魚鱗で覆ったようなグロテスクな姿にされた。能力は格段にパワーアップしたものの、その容姿にショックを受けたピュンマはふさぎこんでしまい、ギルモア博士もメンバーから責められることとなったが、最終的にはピュンマは新しい肉体を受け入れた。その後はそのボディも改良されたのか普通の姿に戻っている。

デザインの変更について

 原作では、ネグロイド系人種の特徴を極端にデフォルメした、当時ありがちだった「マンガ的な」デザインであり、旧昭和版アニメおよび新昭和版アニメでもこのデザインが使われたが、劇場版『超銀河伝説』制作の際、脚本協力のジェフ・シーガルの「アメリカ輸出の時に人種差別と取られる」というアドバイスにより、よりリアルな造詣の新デザインに変更された。後の平成版アニメでもこのデザインが使われている。
※左側が旧デザイン。右側が新デザイン。

カッコつけて転ぶピュンマ
008



関連タグ

サイボーグ009 008 人魚 半魚人 丸刈り
仮面ライダーX

pixivに投稿された作品 pixivで「ピュンマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48839

コメント