ピクシブ百科事典

ロボット刑事K

ろぼっとけいじけー

特撮刑事ドラマ『ロボット刑事』の主人公。番組名ではない。
目次[非表示]

概要

CV:仲村秀生

 石ノ森章太郎原作特撮番組ロボット刑事』の主人公。作中では「K」とだけ呼ばれる。左右対称にしたキカイダーではない。

 警視庁に配属されたロボットで、バドー漫画版ではRRKK)の起こす怪事件を捜査する。当時の特撮では珍しく、一切変身せず最初からヒーロー形態の主人公であり、戦闘時には邪魔になるためトレードマークの赤いジャケットと白いスラックス、黄色い帽子を脱ぎ捨てて全裸で戦う。普段は力がありすぎるためリミッターが掛けられており、服を脱ぐことで通常時の5倍のパワーが出せる。

合同捜査
晴空下の正義


 メイン画像と上の画像ではの色が異なるが、これは感情によるもの。が動かせないため、普通は黄色い目をしているが、怒った時には目が赤く、哀しい時には青くなる。
 体内には原子炉が内蔵され、火星深海1000mでも活動可能。
 趣味を書くこと。得意なスポーツ野球
 

能力

ロボット刑事K


 科学技術の粋を重ねただけあって戦闘力は高く、パンチで厚さ3㎝の鉄板を貫きキック一発で破壊するほどの怪力を有し、装甲も非常に頑健(漫画版ではライフル弾を無傷ではじき返していた)。
 必殺武器は右胸に隠されているロボット破壊銃
 両目には顕微鏡付きの分光スペクトル探査機と赤外線スコープには半径1㎞を索敵するレーダーには超音波ソナー(漫画版ではそれに加えて嘘発見器)が仕込まれており、は決して逃さない。
 両手には火炎放射器消火器が仕込まれている。にはジェットエンジンがあり、空を飛ぶこともできる。

再改造

ロボット刑事 vol.4 完


 後にバドーロボットに対抗するため(漫画版では自我で封印していた)、真っ赤なボディの強化形態が登場した。平成で言えば最強フォームの登場である。仮面ライダーストロンガーよりも2年も速いのだ。
 「ブローアップ!」の掛け声と共に変身すると頭部からは機関砲、肩からミサイル、腕からバルカンが登場し、敵を粉微塵に粉砕する。

愛車

悲しみのK


 東映ヒーローと言えばカッコいいスーパーメカがトレードマークだが、勿論Kも愛車を持っている。
 ジョーカーの名を冠するその覆面パトカーは最高時速500㎞/hを叩きだし、搭載されたAIによりKの意志通りに操作できる。更に翼を出して時速800㎞/hで空を飛ぶこともできる。ガス弾や爆弾などの武器も搭載している(漫画版に至ってはミサイルを撃ち出して戦闘機ドッグファイトしていた)。
 ベース車両はヨタハチことトヨタスポーツ800

関連項目

石ノ森ヒーロー 警察官 ロボコップ エイトマン ハカイダー
フォームチェンジ

pixivに投稿された作品 pixivで「ロボット刑事K」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7133

コメント