ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

さまざまな特殊能力を持ったロボットを犯罪者にレンタルし、利益を上げることを目的とする犯罪組織。劇中では単に「バドー」と略称されることが多い。


従来の悪の組織と大きく違う点として、犯罪行為はあくまで「ビジネス」として行なわれていることが挙げられる。バドーのロボットは「殺人(犯罪)セールスマンとして犯罪を目論む者の前に現れ、人間には遂行困難な犯罪を代行する契約を交わし、成功の暁には「その犯罪によって得られた利益の半分」を報酬として要求する。契約を守る依頼人に対しては極めて紳士的で、失敗した場合のアフターサービスとして無報酬で脱獄に協力した上、次回の犯行の軍資金を与えたこともあり、悪の組織にしては誠実でリーズナブルである。

ただし、契約不履行は絶対に許されず、報酬の支払いを惜しんで背信行為に走った者は犯罪によって得た利益の全てを没収された上に命で償うことになり、たとえ留置所に送られようとも死の使者が追いかけてくる。


しかし、Kや芝刑事、新條刑事ら「警視庁特別科学捜査室」の活躍もあってか次第にこの方針は瓦解し、依頼主がまだ契約中に逮捕されると口封じを行う、事件の足がついて依頼主を疑う、事件が起きて得をしそうな人間を脅迫して無理やり契約させる、といった行為が後半にみられるようになる。

終盤にて、それまでの行為が世界征服のための資金調達であったことが判明する。


バドーマーク

バドーマーク

バドーのトレードマークである「鉄のドクロ」でOPでもその事に触れられている。

バドーロボットやバドー所有の車両などについていることが多い。

このマークを描くことによってバドーと渡りをつけることができ、契約希望者にとっての連絡手段の一つとなる。特筆すべきは描く人間や、使用する道具に関係なく、屋外の見える場所に描くことで左目が発光し、ロボットや工作員を召喚できるという点。原理は不明だが、一種の魔法陣のようなものである。第11、12話ではバドーについて知らない少年がチョークで石の上に描いただけで効果を発揮している。また芝刑事と新條刑事が手がかりをつかむために塀に描いて工作員を誘き出したことも。

勿論関係者以外でこのマークを知る存在は抹殺対象となる。


組織構成員

バドーロボット

「○○マン」と呼称される。顧客と直接契約を交わし、犯罪の代行や手伝いを行う。K同様に感情豊かで、Kに敬意を表してバドーに招聘したり、潔く敗北を認める者もいれば、逆に往生際悪く汚名返上の機会を求める者もいるなど、性格は様々である。生まれを考えるとKの従兄弟達ともいえる。

モチーフは兵器や日用品が多い。劇中では「バドーのロボット」と語られるのみで、正式名称はなく、EDでは「ロボットマン」と歌われ、また書籍『テレビマガジン特別編集 変身ヒーロー大全集』では「バドーマン」とも記載している。

また、仮面ライダードライブに登場するロイミュードのオマージュ元の一つではないかとも言われている。


バドーロボット一覧


(注):バドーのロボット担当の声優は第19、20話を除き、OPのクレジットが全て間違っている(正確には他の回の担当と入れ替わっている)。スケジュールの過密さが原因と言われるが定かではない。


サイボーグ工作員

バドーの戦闘員。「○△号」(○はアルファベット・△は数字)という番号で識別される。

普通の人間をサイボーグに改造したもので、バドーロボットほどは強くはないが、通常の銃弾が通用しない。通常の人間との外観上の相違は肌が黒い事。白覆面をつけて活動する事が多いが、潜伏活動するため肌の色を変えることもある。正体を現す際、古典的な怪盗のように顔の皮を剥いで素顔の黒い肌を見せることが多い。

顧客との契約や略奪品の運搬を行うが、上述のようにバドーロボットが行うこともあるので前半はあまり目立たないが、バドーが「殺人(犯罪)セールスマン」の範疇に収まらない、大々的な破壊工作や脅迫を実行した後半のエピソードにおいては、出番が多くなっている。

倒されると痕跡を残さず消滅し、そのためか自爆装置も内蔵している。


リン

第19話、20話に登場した女性型アンドロイド。主に暗殺、スパイ活動を行う。

しかし「たとえアンドロイドでも女とは戦わない」というKの優しさに触れるうちに惹かれていく。

Kが時限爆弾と共に拘束された際にバドーを裏切り、Kを解放した。だがその直後カラテマンの攻撃を受け、「これがアンドロイドの宿命」と言い残すと首を落として機能を停止した。

なおすごいカタコトである。


バドー首領

組織同様、単に「バドー」と呼ばれる場合が多い。

通常は渦巻く光と共に声のみで命令を下す程度。稀に磨りガラスから全身を映す事もあった。

Kの製作者マザーこと霧島サオリ博士によって、終盤にて組織の真の目的と共にその素性が明らかにされる。

本名は霧島ジョージ。サオリの弟であり、父・霧島博士を悪人に殺された怨みから、人間への憎悪と復讐の念に凝り固まり、バドー犯罪シンジケートを結成。

犯罪ロボットを貸し出し、荒稼ぎした不法な利益をレンタル料として受け取る裏稼業を始めた。

これを知ったサオリは弟の暴走を止めるためにKを開発、警視庁に貸与したのであった。

何度も悪事を邪魔され続けた結果、Kや特別科学捜査室を危険視するようになる。

後半からは自らが作戦を立案し、K達やその関係者を標的にすることも多くなった。


そして最終回、全世界の水を核爆発させるというとんでもない作戦を実行。当然こんな作戦が成功すればバドー自身も生きられないはずであったが、その答えとでも言うようにアジトをロケットに変形させ宇宙へと逃れる。目的地である火星で地球の最期を見届けるつもりだったようだ。

その後、マザーをロケットとして追いかけてきたサオリから呼びかけられるも、嘲笑いながら攻撃を開始した。

最後はKに敗れたバドー最強のロボットハグルマンに「地獄への道連れにしてやる」と迫られ、ムチを振るって抵抗するも逃げられず、自爆に巻き込まれ死亡した。

正義のヒーローであるKではなく、自ら生み出したロボットに倒されるという、ある意味自業自得の結末になっている。


いずれにしても、姉の願いは届かなかった……。


関連タグ

ロボット刑事 バドーロボット

関連記事

親記事

ロボット刑事 ろぼっとけいじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4907

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました