ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「俺の強さは今までの破壊部隊とは違って桁違いだ。その姿でも俺には勝てんぞ、キカイダー!」

CV:渡部猛



概要

『人造人間キカイダー』第35話 「ジローデンジエンドの最後」に登場した

カラス型ロボットである。

「クロ」で「カラス」というあまりにも捻りの無い名前が特徴である。


多数のカラスメカに分離し、攻撃、偵察などに活用する。空中をマッハ1.5という高速で移動できる他、クチバシはカラスドリルになっていて、地中も進むことができる(流石に水中はどうかわからない)。

尾羽はチェーン付の斧ブラックアックスとして発射できる。飛行時には顔からミサイルらしき物も発射していた。敵を捕まえ上空に飛行してから振り落とすブラックフライという技も持つ。

黒い円盤状になり飛行することも。


作中では光明寺博士を捕獲するためカラスメカで襲い掛かったところに、助けに現れたジローキカイダーと戦闘に。早々に回転アタック、大車輪投げ、そして電磁エンドといういつもの必殺パターンを食らってしまう。

が、なんと何事も無かったかのように復活。電磁エンドがこれまでのダークロボットを一撃で葬ってきた文字通りの必殺技であったことを考えると、その並外れた防御力が窺えるだろう。

これにはキカイダーも狼狽え、逃げの一手を打つしかなかった。

再戦時も正面からの格闘戦でキカイダーを圧倒し、ブラックフライで苦しめた。さらには電磁エンドを二回連続で受けるも、吹き飛ばされただけで高笑いするなど殆どダメージが無いというタフネスぶりを発揮。ブラックアックスの鎖でキカイダーを絡め取り、カラスドリルでとどめを刺そうとした。

だが、キカイダーが高圧電流によるパワーアップの力を発揮し始めてからは形勢が逆転。脱出スクリューに鎖を引きちぎられ、格闘戦で怯んだところにキカイダー投げで上空に投げ飛ばされる。さらに新技キカイダースパークを受け破壊されてしまった。


デザイン

デザイン的には、

似てない奴が多いダーク破壊部隊の中では、

ちょっとペンギンに似てるがちゃんとカラスに見える。

このことからモチーフは普通のカラスにペンギンと言われていたオオウミガラスの要素を混ぜた物だと思われる。


関連記事

人造人間キカイダー ダーク破壊部隊


昭和特撮

関連記事

親記事

ダークロボット だーくろぼっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2644

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました