ピクシブ百科事典

オオウミガラス

おおうみがらす

かつて北大西洋と北極海に分布していたチドリ目・ウミスズメ科に分類される海鳥の一種。1840年代または1850年代頃に絶滅した。 学名"Pinguinus impennis"の通り、本来はこの鳥が「ペンギン」だった。
目次[非表示]

形態と生態

ウミスズメ類の中では抜きん出て体が大きな種類で、全長約80cm・体重5kgに達する大型の海鳥だった。腹の羽毛は白く、頭部から背中の羽毛はつやのある黒色だったが、くちばしと目の間に大きな白い斑点が1つあった。また、若鳥は首が白黒のまだら模様だった。くちばしは大きく、横に数本の溝があった。翼は長さ20cmほどで、飛ぶことができなかった。脚は黒くて短く、極端に尾の近くに寄っていた。

ニューファンドランド島からグリーンランドアイスランドアイルランドイギリス、スカンジナビア半島北岸までの北大西洋、北極海に分布し、大きな群れを作って生活した。

海中に潜水してイカナゴなどの魚類やイカを捕食した。外見も動作もペンギンに似て、水中では短い翼と脚を使って高速で泳ぐことができたが、陸上では体を立ててよちよちと歩いた。人間に対する警戒心もなかったといわれるが、時間が経つにつれてその逆になったともされる。

繁殖期は6月頃で、島嶼部の断崖に上陸して1個の卵を岩肌の上に直に産んだ。卵は長径13cm、重さ400gもある大きなもので、黄白色の地に黒い斑点やすじがあった。また断崖から落ちないよう、ウミガラスなどと同様に一端が尖った洋ナシ型だった。卵は両親が交代で抱卵し、孵化までには6~7週間もかかった。
ペンギンと同様、非常に親子の信頼関係も強かったとされ、一説には雛を背中に乗せた親鳥が獲物のいるポイントまで雛を連れて行ったと言った目撃例もあるといわれる。また、ペンギンのように親が獲物を取ってそれを吐き出してヒナに与えていた、とされる説さえある。
オオウミガラスは、世界で初めて「ペンギン」と名付けられた鳥であるが、近縁種ではない。むしろ、ウミガラスオオハシウミガラスをはじめとするウミスズメ科である。
何故北半球に住んでいたオオウミガラスが南半球に住むペンギンとここまで類似した生活形態を取っていたのかは詳しく解明されていない。それ以外にも、正確な生息数や生活の様子など、この鳥についてはほとんど何もわかっていない。

絶滅

かつては数百万羽もいたとされるオオウミガラスは、少なくとも8世紀頃から、卵や肉、羽毛や脂肪を採取するために捕獲されていた。小氷期なども個体数減少に関わったと思われるが、その後の大規模な乱獲が激減の最大の原因だろう。本種はただでさえ繁殖力が弱かったのに加え、人間を恐れず好奇心から自ら近づいていったため、個体数の回復を妨げてしまった。

1534年、フランスの探検家ジャック・カルティエの隊がニューファンドランド島に上陸して1日で1000羽以上のオオウミガラスを虐殺し、この話がヨーロッパ中に広がったことで各地の海岸で無秩序な狩猟が行われ、卵が持ち去られることとなった。1820年頃になると、生息地は繁殖地周囲を崖で囲まれていたため人が近づくことができなかったアイスランド沖のウミガラス岩礁だけになってしまった。しかしこの岩礁も1830年に海底火山の噴火にともなう地震によって海に沈み、この災害から生き残った50羽ほどが近くのエルデイという岩礁に移り住んだ。

この時点で既に絶滅寸前であった本種だが、収集家や博物館は「希少だからこそ早急に標本を入手しなければ!」と高値で標本を買うようになり、一攫千金を狙った強欲な人間たちによって残った個体も次々と狩られていった。
そして1844年7月3日6月3日4日ともされる)、エルデイで抱卵中の1組のつがいが発見され、2羽は急いで逃げようとしたが、それと同時に数人の発見者によって1羽のオスは棍棒で撲殺され、残る1羽のメスは絞殺された。残された卵も殻が割れてしまい、海に投げ捨てられてしまった。これ以降オオウミガラスの生体は確認されなくなってしまった。

現在では80体余りの剥製、20体余りの骨格標本と70個余りの卵殻が知られるのみである。

絶滅したと分かっていても探し求める人は少ないが存在し、1844年以降も、この鳥の目撃情報が何度かあるが、どの情報も確かなものではない。

関連タグ

絶滅動物  ペンギン
ウミスズメ ウミガラス オオハシウミガラス

pixivに投稿された作品 pixivで「オオウミガラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21644

コメント